ソロモンの智慧 第十二章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ソロモンの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十二章[編集]

1 なんぢちざるれいはすべてのもののうちにあり。
2 それによりて、なんぢたゞしきみちよりおちたるものに、しだいにそのつみさとらしめ、かれらつみをかししそのことおもいださしめて、かれらいましめたまふ。そは、しゆよ、かれらそのあくよりのがれてなんぢしんぜんがためなり。

3 なんぢせいちみしふるたみをば、まことににくみたまひき。
4 かれらまじゆつきよからざるまつりをなし、しきじゆつおこなひ、
5 (こゝろなくもこらころし、またひとにくとをもて、いけにへえんをはれり。)
6 あひむすびてけいけんならぬまじはりをなし、またたすけなきおのをさなごころせり。さればわれらちゝたちのによりてこれをほろぼすはなんぢはかりごとなりき。
7 そはなんぢにすべてのものよりもいとたふとの、ふさはしきしよくみんとして、かみしもべらをうけんためなり。
8 されど、これらのものすらも、なんぢひととしてゆるしたまひ、なんぢみいくささきがけとしてあぶをおくりたまへり。おもむろにかれらほろぼしたまはんためなり。
9 たゞしきものによりてたゝかひうちに、ふしんのものをしたがはせえたまはざるにあらず、また、おそろしきけもの、またはいかめしきことばによりてこれをたゞちしりぞえたまはざるにあらず。
10 ただ、おもむろにこれをばつたまことによりて、なんぢかれらくいあらためときあたたまへり。かれちうまれしよりあくにしてそのよこしまうまれながらのもの、またかれらこゝろいかにしてもへらるることなく、
11 はじめよりのろはるべきたねのものなりしを、たまはざりしにあらず、また、かれらつみたいしてこれをばつたまはざりしは、かれらをおそれたまひしゆゑにもあらざればなり。

12 たれか、なんぢなにたまひしや、とふものあらんや。またたれか、なんぢさばきこぱんや。たれか、なんぢのつくりたまひしくに〴〵ほろぶるによりてそしらんや。たれかふぎなるものの、あたをむくいんとてなんぢまへつものあらんや。
13 すべてのもののためこゝろづかひしたまかみは、なんぢほかにありんや。なんぢふぎなるさばきをなしたまはざるをしめたまふなり。
14 なんぢばつたまへるもののために、なんぢみかほまへに、たちきみたちあらんや。
15 なんぢたゞしくしてすべてのものをたゞしくをさめ、ばつせらるべきものにあらぬものをばつするは、なんぢちからにかかはりなきことをみとたまふ。
16 なんぢちからはじめにして、なんぢがすべてををさたまふことは、すべてをゆるしたまふことなり。
17 なんぢまつたちからたまふを、ひとしんぜざるときなんぢはそのちからしめたまふ。また、これをるものにむかひては、そのほこれるこゝろみだたまふ。
18 されどなんぢは、なんぢちからうへしはいをもち、やさしきさばきおこなひ、おほいなるにんたいをもて、われらをさたまふ。なんぢみこゝろのままに、なんぢちからをもちたまへばなり。

19 されどなんぢはこれらのてだてによりて、なんぢたみをしへ、たゞしきものひとあいし、また、なんぢなんぢらによきのぞみをあたへ、ひとつみをかとき、これにくいあらためあたたまふをらしめたまへり。
20 なんぢしもぺらのできとなり、ぬべきものに、なんぢのむくひたまふものは、おほいなるこゝろやりと、ゆるしにしてかれらがそのあくよりのがるべきときところとをあたたまへり。
21 まして、なんぢこらは、おほいなるこゝろやりをもて、なんぢこれをさばたまふ。なんぢかれらちゝたちに、よきやくそくけいやくあたたまひしなり。
22 されば、なんぢわれらいましたまときも、これにまんばいするむちを、われらてきあたへたまふ。われらさばときなんぢぜんおもひ、またさばかるるときなんぢあはれみもとめんがためなり。
23 されば、また、おろかなるしやうがいおくれるふぎなるものは、なんぢこれをかれらみづからのむべきおこなひによりて、くるしめたまへり。
24 そは、かれらはまことにとほまよでて、あやまれるみちき、そのてきにすら、あがめられざるけものかみとしてとり、おろかなるをさなごごとく、あざむかれたり。
25 されば、なんぢはわきまへなきこらすがごとく、かれらをなだむるためのさばきをおくりたまへり。
26 されど、かれらはこらをなだむるをしへによりて、いましめられず、かみふさはしきさばきめん。
27 かれらみづかかみなりとおもひたりしいきもののゆゑによりてばつせられ、そのくるしみゆゑいきどほりたりしが、かれらはそれによりて、さきにはることをこばみたりしものをまことのかみとしてみとめたり。それによりてかれらにもまた、ばつせらるることなく、そのをはりきたれり。