ソロモンの智慧 第十三章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ソロモンの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十三章[編集]

1 まことにかみさとらざるすべてのひとは、うまれながらにしてむなしきものなり。ゆるよきものによりて、かれらいまたまふものをちからをもたず、また、そのわざをとむることによりて、それをつくたまひしものをみとむることらず、
2 ただ、かぜ、またはすみやかなるかぜまはりゆくほしなみだみづ、またはてんもろぼし、これらのものを、をさむるかみ〴〵なりとおもひたりき。
3 もし、これらのもののうつくしさをよろこびてこれをかみなりとしたりしならば、かれらはこれらのものよりもちからあるしゆは、さらにまされるものなるをるべきなり。これらのものはいやさきつくりぬしによりてつくられたればなり。
4 されどし、これらのもののちからいさほひおどろきたるによるものならば、かれらはこれらをつくたまひしものの、いかにちからづよきものなるかをるべきなり。
5 つくられしもののうつくしさのおほいなるによりて、ひとおのづからにそのいやさきつくりぬしすがたおもふなり。
6 されど、これらのひと〴〵もせめらるるところすくなし。おそらくはかれらかみもとめ、かみみいださんとのぞみつつ、まよでたりしものなるべければなり。
7 かみわざうちみてかれらこゝろつくしてさぐりもとむ。されどかれらるものの、あまりにうつくしきゆゑにかれらはそのることにとらはるるなり。
8 されど、かれらとてものがるべきやうなし、
9 もし、かかることどもをちからをもち、ものごとみちをたづねるをたらんには、いかなればかれらは、これらのものをつくりし、ちからあるしゆをすみやかにみいださざりしや。

10 されど、あはれむべきはかれらなるかな、かれらにたるもののうちにそののぞみをおき、ひとわざ、よきわざをもてつくられしきんぎん、またけものすがた、またむえきいしむかしながらのによるわざなどをかみとよべり。
11 もし、きこりが、はこびやすきたふし、そのかはたくみにのぞきさり、それをうつくしきかたちとなして、ひとつかふべきうつはとなし、
12 そのわざののこりをやきて、そのしよくもつをととのへ、はらふくるるまでこれをくらひ、
13 さらにのこれるくづにしてなにようなきも、まがれるもくへんにしてふしおほきものをとり、ひまにまかせてまめやかにこれをり、ひまあるときそのたくみをもてこれにかたちをあたへ、ひとすがたたるものとなし、
14 または、いやしきけものたるものとし、しゆをもてこれにり、あかいろよそほひ、すべてのしみりつぶし、
15 それにふさはしきへやをそのためにつくり、これをかべにつけ、くぎをもてけんこにす。
16 かくしてそれのつることなきやうこゝろす。そのみづかたすくるあたはざるをればなり。(まことにそれはかたちにすぎず、よりのたすけえうするなり。)
17 されどおのしなものにつき、こんいんこらとのことにつきていのときかれはこのいのちなきものに、ものいふことをはぢとせず。
18 おのけんかうのために、このよわきものにびもとめ、おのいのちのために、このにたるものにねがひもとむ。またたすけえうせざるに、このけいけんなきものにたより、よきたびのために、このひとあしをもうござるものにたよる。
19 また、ものを、そのわざのよきせいこうをおさめんとするときかれはそのをもてなにごとをもなしざるこのものに、ことすべきちからふなり。