ソロモンの智慧 第十七章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ソロモンの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十七章[編集]

1 なんぢさばきは、おほいにして、しめすにかたし。されば、いましめをうけざるたましひはまよづるなり。
2 むはふのもの、きよたみをそのちからうちにとらへたりとおもひしときかれらみづから、くらきのとりことしてながあしかせしばられ、そのやねしたに、きびしくまもられ、とこしへせつりよりいだされぬ。
3 かれらまた、ひそかなるつみをかしつつ、らるることなしとおもひしときわすれくらまくによりてたがひにわかたれ、おそろしきおそれおそはれ、またげんえいによりてこゝろなやみたり。
4 かれらをおきたるくらすみも、かれらおそれよりまもらず、きたおとひゞきとはかれらめぐり、ほゝゑみなき、うれひかほをもてるばうれいあらはれぬ。
5 かれらひかりあたふべきちからもなく、ほしのいとかゞやけるほのほすら、そのくららすにらざりき。
6 ただ、みづよりえ、おそれにちたるのゆらぎ、かれらにあらはれたれば、かれらおそれおののきて、かれらるものを、そのすがたよりも、しきものとおもへり。かれらはこれをみつむることあたはざりしなり。
7 かれらちからなくよこたはり、まじゆつもてあそび、また、そのさとることなきをいましむ。
8 そはやめるたましひより、おそれと、なやみとをいだすをちかひたりしもの、みつからおそれおののきてなやめり。
9 なやましきことによりて、くるしめられずとも、かれらむしきたると、へびはしおととにより、
10 おそれおののきて、ほろびぬ。かれらは、そらあふぐことをすらこばめり。そはいつれにものがるるみちなかりしゆゑなり。
11 あくうちなるあかしによりてめられ、おぢまどふものなり。また、りやうしんゆゑつよおさへられ、つねにいともしきことを、おもひまうくるなり。
12 そは、おそれは、まことあたふるたすける。
13 また、こゝろうちよりいづまちのぞみすくなくして、そのくるしみをもたらすゆゑいかんらざることを、
いひひろむ。
14 かれらは、ちからなきよみすみよりかれらきたりしちからなきを、みなおなじねむりもてねむれり。
15 かくて、ときにはおそろしきぼうれいおそはれ、ときには、そのたましひのやぶるるによりて、じいううしなふ。おもひまうけざるおそれにはかかれらおそひたればなり。
16 さればいかなるひとも、そのてるところにたふれ、てつぼうなきらうごくへやとらはれぬ。
17 のうふなりとも、またひつじかひなりとも、あらのらうするはたらきびとなりとも、みなおそはれ、そのまぬかれがたくるしみをうけぬ。そは、やみのただひとつのくさりにてすべてのもの、しばられたればなり。
18 おとつるかぜひろがれるえだなる、とりうるはしきこゑはげしくはしみづく、はげしきおと
19 なげおろされしいはの、くだくるひゞきえざるところに、まはけものらはやあしどり、はげしくうなるやじうこゑやま〳〵たによりづるこだまおと、これらはみな、かれらおそちゞましめん。
20 そとなるは、あきらかなるひかりによりててらされ、はばまれざるはたらきによりていそがしかりき。されどかれらうへにはおもよるひろがれり。
21 これはやがて、かれらのうくべきやみかたちなり。されどかれらは、みづからにたいして、そのやみよりもおもやみなりき。