ソロモンの智慧 第十一章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ソロモンの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十一章[編集]

1 ちゑきよよげんしやによりて、かれらわざさかえしめん。
2 かれらすまふものなきあらのとほき、みちなきところにそのてんまくれり。
3 かれらてきふせぎ、あたをしりぞけぬ。
4 かれらかわきたれば、なんぢによびもとめたり。かくてかれらかたいはより、みづあたへられ、かたいしによりて、そのかわきいやされぬ。
5 そのてきばつをうけしことによりて、かれらおのひつえうなるものにえきをうけぬ。
6 をさなごころすべきめいれいたいするばつとして、かはながれやまぬいづみの、かはるによりて、てきもだえしとき
7 なんぢのぞところまされるおほくのみづを、たみあたたまひぬ。
8 そのくるしめるかわきによりて、なんぢはいかにてきばつたまひしかを、かれらにしめたまひぬ。
9 かれらこゝろみられしは、なんぢあはれみによりていましめられたるなり。かれらはそれによりて、ふしんじやいかりをもてさばかれ、くるしめらるることのいかなるかをまなりぬ。
10 これらのたみをば、なんぢそのちゝとしていましめ、またこゝろたまひき。されどかれらには、いかめしきわうとしてのぞみ、これをばつし、これをたづねいだたまひぬ。
11 まことにとほきものもちかきものも、ともになやめり。
12 そはかさなれるかなしみかれらおよび、すぎりしことどもをおもいだすによりてかれらうめき、
13 かれらばつせられしによりて、ほかのものどものえきせられしをきしときかれらしゆいまことかんじたりき。
14 ふるむかしいだされ、はだかにされしものをかれらあざけりてておきしが、やがておこりしことのゆゑにおどろきぬ。またかれらたゞしきものとはことなれるさまにてかわきぬ。
15 かれらふぎよりきたえきなきおもひはかりのゆゑに、かれらまよでて、おぞましきはらばふもの、またいやしきむしけらをあがみぬ。そのときなんぢはそのむくいとしておぞましきいきものおほくをかれらにおくりたまひぬ。
16 それによりてかれらは、ひとつみをおかせるそのことによりてばつせらるるものなることをまなべり。
17 なんぢのいとつよみては、かたちなきものよりせかいをつくりたまひしが、かれらうへおほくのくまおそろしきししとをおくり、
18 またあたらしくつくられし、いまだられざりしけものにして、いかりてるものの、あるものはごといきいだし、あるものはおとてつつふきいづるけむりをはき、あるものはそのよりおそろしきひばないだし、
19 そのはげしきちからによりて、かれらくらひつくすのみならず、ただそのおそろしさによりて、かれらほ ろぼるものをおくいだすことをたまふ。
20 まことにこれらのものなかりしとするとも、かれらはただ一いきにてたふれしならん。せいぎはれ、またなんぢちからのいきによりてらさるればなり。されど、なんぢはよろづのものをさしますはかりとにてさだめたまへり。

21 いかなるときにもいとつよくいますものはなんぢなりき。なんぢみうでちからには、たれかたちむかひん。
22 ぜんせかいなんぢまへにははかりうへにあるたねつぶごとく、またあしたつゆたり。
23 されど、なんぢはすべてのひとあはれみをもちたまふ。なほもなんぢはすべてのことちからをもちたまへばなり。なんぢひとつみみすごしにし、そのくいあらたむるをのぞみたまひぬ。
24 なんぢはありとしあるもののすべてをあいし、なんぢのつくりたまひしもののいづれをもいとひたまはざればなり。もしにくたまはばなんぢはなにものをもつくりたまはざりしならん。
25 もし、なんぢのぞみたまはずば、なにものかそのいのちをつづけんや。なんぢこれをたまはずば、いかでたもたれんや。
26 されど、なんぢはすべてのものをゆるしたまふ、これはなんぢのものなればなり。ああちからしゆよ、なんぢいのちあいたまふものなり。