ソロモンの智慧 第六章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ソロモンの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第六章[編集]

1 さればわうたちよ、きてさとれ。はてまでのさばきびとらよ、まなべ。
2 かずあるたみうへちからあるものどもよ、さはなるくに〴〵ほこるものどもよ、みゝかたむけよ。
3 なんぢらのちからしゆよりあたへられ、なんぢらのわうゐいとたかきものよりあたへられたるなり。しゆなんぢらのわざをたづねいだし、なんぢらのはかりごとをさばきたまはん。
4 なんぢらはそのくにつかへびとなるに、たゞしきさばきをなさず。おきてまもらず、かみのみむねしだがひてあゆまざればなり。
5 おそるべく、またすみやかに、かれなんぢらにきたりたまはん。たかくらゐにあるものにはきびしきさばきあたへらるればなり。
6 ひくきにあるひとは、あはれみによりてゆるさる。されど、つよひとは、つよくたづねらるべし。
7 すべてのもののけんりよくしやなるしゆは、ひとをかたよりたまふことなく、おほいなるものをあがめたまはず。ちひさきもおほいなるも、ともにつくりたまへるはしゆにして、すべてのものを、ひとしくおもんぱかりたまへばなり。
8 ちからあるもののうへきたしらべはいかめしきものなり。
9 さればきみたちよ、われなんぢらにことばをあたへん。それによりてなんぢちゑまなび、たゞしきみちよりちざることをん。
10 きよきものをきよたもてるひと〴〵は、みづからもまたきよくせられ、をしへけたりしものは、いかにこたふべきかをらん。
11 されば、なんぢねがひをわがことばうへけ。これをしたへよ。さらばそのいましめによりてたんれんせられん。

12 ちゑかゞやかしくして、おとろふることなく、これをあいするものにたやすられ、これをもとむるものにみいたさる。
13 ちゑはこれをらんとするものにさきだち、まづみづからをらしむ。
14 あさはやきいでてちゑもとむるものは、らうすることなし。そのかどぐちちゑせるを、いだすべければなり。
15 ちゑおもふことはまつたさとりにして、ちゑのためにめざめをるものは、すみやかにそのなやみよりかれん。
16 ちゑみづかきめぐりて、おのれにふさはしきものをもとめ、かれらみちにあらはれてめぐみしめし、いかなるのぞみにもこたふべければなり。
17 ちゑのまことなるはじめは、いましめねがもとむることにして、いましめもとむることはちゑあいすることなり。
18 ちゑあいするはそのおきてまもることにして、そのいましめまもることは、ふはいなきことをたしかならしめ、
19 ふはいなきことは、ひとかみちかづかしむ。
20 されば、ちゑをねがひもとむることはくにへのみちやすからしむ。
21 さればたみきみたちよ、わうゐわうぢやうとをよろこびとせば、ちゑをうやまへ。さらばなんぢらのしはいとこしへならん。
22 ちゑなになるか、いかにしてきたりしかにつきては、われぶるところあらん。おくぎなんぢらよりかくすことあらじ。されどわれは、ちゑさうぞうのはじめよりあとづけ、あきらかなるひかりをもてらるるにいたらしめん。またわれは、まことらしむることをせじ。
23 またみちにてねたみこゝろをもつがごときことをさざるべし。ねたみちゑとのまじはりたざればなり。
24 されどかしこものおほきは、すくひにして、さとりあるわうはそのたみやすきなり。
25 さればことばによりていましめけよ。かくてなんぢえきけん。