ソロモンの智慧 第八章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ソロモンの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「単語ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第八章[編集]

1 智慧ちゑまつたちからをもて、はてよりはてにいたり、すべてのものを、よきにさだむ。

2 われわかときより、智慧ちゑあいして、これをもとめたり。われは、智慧ちゑをわが花嫁はなよめとせんことをもとめ、そのうつくしさにせられたり。
3 智慧ちゑかみとともにむものとせられしそのけだかきうまれほまれあらしめぬ。かくてすべてを支配しはいしたまふしゆ、これをあいしたまふ。
4 智慧ちゑかみ知識ちしき奥儀おくぎをうけ、かみのためにそのわざえらびいだす。
5 とみ人生じんせいにおいてののぞましきもちものなりとも、すべてのものにはたら智慧ちゑにまさりてとみおほきものありや。
6 よしさとりはたらきをなすとも、智慧ちゑにまさりて、ありとしあるものをつくいだすものありや。
7 もしひとたゞしきあいせば、智慧ちゑはたらきによるはもろもろのとくなり。智慧ちゑ自制じせいさとりと、たゞしきと、勇氣ゆうきとををしふ。ひとに、これらにまさりてえきあるものなし。
8 ひと經驗けいけんおほきをのぞむか。智慧ちゑふるきをり、きたるべきものをいひつ。智慧ちゑことばたへなるをさとり、なぞくことをり、また、しるし不思議ふしぎと、ときとのすゑ先見せんけんす。
9 されば、われ智慧ちゑをわがもとにとり、われとともにすまはせんとこゝろさだめたり。智慧ちゑわれによきはかりごとをあたへ、こゝろづかひとかなしみうちに、勇氣ゆうきあたふるをればなり。
10 智慧ちゑゆゑによりて、われおほくの人々ひと〴〵うちほまれわかけれども長老ちやうらうたちのうちさかえ
11 われさばときこゝろすばやきことられ、わうたちのまへにあがめられん。
12 われもだとき彼等かれらわれらん。われくちびるをひらくとき彼等かれらわれこゝろをむけ、われかたりつゞくるとき彼等かれらそのくちにおかん。
13 智慧ちゑゆゑわれ不死ふしをもち、のちきたもののために、永遠とこしへ記念きねんのこさん。
14 われ民等たみら支配しはいせん。國々くに〴〵われしたがはん。
15 おそれらるるわうたちもわがことをかば、われをおそれん。たみうちわれはよきもの、たゝかひいさましきものなるをあらはさん。
16 われわがきたとき智慧ちゑもとにていこひん。智慧ちゑかたときは、おぞましきことなし。智慧ちゑことにはくるしみなくよろこびたのしみとあり。
17 われこれらのことみづかおもひめぐらし、またわがこゝろうちおもひをこらして智慧ちゑとのまじはりの、不死ふしなると、
18 智慧ちゑとのまじはりよろこびなると、智慧ちゑはたらきにはきざるとみあると、智慧ちゑとたえずまじはるはさとりなると、智慧ちゑことばしたしむはおほいなるほまれなるとをかんがへしとき、われきて、如何いかにして、智慧ちゑがためにんかともとめたりき。
19 われはよきにして、がためによきたましひをあたへられん。
20 いなむしろ、われはよきものなりしゆゑに、けがれざるからだうちきたりぬ。
21 されどわれかみあたたまふにあらずぱ、智慧ちゑをもつべきすべなきをり、(まことに智慧ちゑの、たれによりてあたへらるるかをこともまたさとりよりきたるなり。)しゆねがひ、しゆもとめ、わがこゝろのすべてをささげてひぬ。