ソロモンの智慧 第八章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ソロモンの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第八章[編集]

1 ちゑまつたちからをもて、はてよりはてにいたり、すべてのものを、よきにさだむ。

2 われわかときより、ちゑあいして、これをもとめたり。われは、ちゑをわがはなよめとせんことをもとめ、そのうつくしさにせられたり。
3 ちゑかみとともにむものとせられしそのけだかきうまれほまれあらしめぬ。かくてすべてをしはいしたまふしゆ、これをあいしたまふ。
4 ちゑかみちしきおくぎをうけ、かみのためにそのわざえらびいだす。
5 とみじんせいにおいてののぞましきもちものなりとも、すべてのものにはたらちゑにまさりてとみおほきものありや。
6 よしさとりはたらきをなすとも、ちゑにまさりて、ありとしあるものをつくいだすものありや。
7 もしひとたゞしきあいせば、ちゑはたらきによるはもろもろのとくなり。ちゑじせいさとりと、たゞしきと、ゆうきとををしふ。ひとに、これらにまさりてえきあるものなし。
8 ひとけいけんおほきをのぞむか。ちゑふるきをり、きたるべきものをいひつ。ちゑことばたへなるをさとり、なぞくことをり、また、しるしふしぎと、ときとのすゑせんけんす。
9 されば、われちゑをわがもとにとり、われとともにすまはせんとこゝろさだめたり。ちゑわれによきはかりごとをあたへ、こゝろづかひとかなしみうちに、ゆうきあたふるをればなり。
10 ちゑゆゑによりて、われおほくのひと〴〵うちほまれわかけれどもちやうらうたちのうちさかえ
11 われさばときこゝろすばやきことられ、わうたちのまへにあがめられん。
12 われもだときかれらわれらん。われくちびるをひらくときかれらわれこゝろをむけ、われかたりつゞくるときかれらそのくちにおかん。
13 ちゑゆゑわれふしをもち、のちきたもののために、とこしへきねんのこさん。
14 われたみらしはいせん。くに〴〵われしたがはん。
15 おそれらるるわうたちもわがことをかば、われをおそれん。たみうちわれはよきもの、たゝかひいさましきものなるをあらはさん。
16 われわがきたときちゑもとにていこひん。ちゑかたときは、おぞましきことなし。ちゑことにはくるしみなくよろこびたのしみとあり。
17 われこれらのことみづかおもひめぐらし、またわがこゝろうちおもひをこらしてちゑとのまじはりの、ふしなると、
18 ちゑとのまじはりよろこびなると、ちゑはたらきにはきざるとみあると、ちゑとたえずまじはるはさとりなると、ちゑことばしたしむはおほいなるほまれなるとをかんがへしとき、われきて、いかにして、ちゑがためにんかともとめたりき。
19 われはよきにして、がためによきたましひをあたへられん。
20 いなむしろ、われはよきものなりしゆゑに、けがれざるからだうちきたりぬ。
21 されどわれかみあたたまふにあらずぱ、ちゑをもつべきすべなきをり、(まことにちゑの、たれによりてあたへらるるかをこともまたさとりよりきたるなり。)しゆねがひ、しゆもとめ、わがこゝろのすべてをささげてひぬ。