ソロモンの智慧 第五章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ソロモンの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第五章[編集]

1 そのときたゞしきものはいとほがらかにち、かれくるしめたりしものども、かれはたらきむなしからしめしものどものまへにあらん。
2 かれらはそれをみて、いたくもおぢおそれ、かみすくひのすさまじさにこゝろうしなはん。
3 かれらこゝろあらためつつみづからいはん、またこゝろいたむによりて、うめきいでん。こは、かつて、われらわらひのたねとし、
4 はづかしめひぐさとしたりしもの、われらおろかものどもかれせいくわつこゝろぐるへるものとし、そのをはりを、はえなきものとなしぬ。
5 いかにしてかれかみこらかぞへられしぞ。また、せいとうちゆづりをもつぞ。
6 まことにわれらは、まことみちよりまよで、ひかりは、われらかゞやかず、われらにのぼきたらず、
7 ふはふほろびみちわれらにち、われらはみちなきあらのをよぎりけり。されど、しゆみちはわれらこれをらざりき。
8 われらのおもひあがりは、われらになにえきせしぞ。ほこれるとみは、なにわれらにもたらせしぞ。
9 これらはみなくなり。かげのごとく、またはしことづてのごとく、
10 さざなみするすゐじやうとほふねのごとく。ふねぎされば、あとみいだされず、なみうへにそのりゆうこつあとすじさへもなし。
11 またとりたいきをすぎくごとく、そのあとかたちさへえず。とりはただ、やはかぜを、そのはねによりてちうごかし、そのうごおほばねの、はげしきいきほひもてうちきつつびゆく。かくて、そのあとに、そのりししるしさへもみいだされず。
12 あるはまた、まといいだされたるのごとし。たいきかるれど、またたゞちにけあへば、ひとはそのきしところさへらず。
13 かくのごとくわれらもまた、うまるるとともにむなしくなり、とくのごときは、そのしめすべきしるしだにもたず。ただわれらのあくのゆゑにわれらはつひえゆく。
14 ふしんじやのぞみかぜはこばるるもみがらのごとく、またあらしまへえゆくあはのごとく、またかぜにあふけむりのごとくらされ、また、ただ一にちとゞまれるきやくおもひでのごとくるなり。

15 されどたゞしきものはとこしへく。またそのちんぎんしゆによる。また、かれらについてのおもんぱかりいとたかきものよりきたる。
16 これによりて、かれは、たへなるわうくわんと、うるはしきかんむりとをしゆよりけん。みぎのみをもて、かれらをおほひ、みうでをもてかれらをかばひたまへばなり。
17 そのねつしんを、ぶぐとしてり、つくりたまへるものを、もののとして、てきをしりぞけたまはん。
18 むなあてとしてまとひ、へだてなきさばきかぶととしたまはん。
19 きよきを、うちがたたてとしてりたまはん。
20 またつよきみいかりを、つるぎとしてぎたまはん。かくて、しゆとともに、むじやうのものとのたゝかひにいでゆかん。
21 いなづまは、ねらひたがはずびゆかん。よくかれたるおほゆみよりいづるごとくくもなかよりいでて、まととびびゆく
22 いしなげよりづるがごとく、みいかりのひよういだされん。うみみづも、かれらむかひて、いかたん。かは〴〵ようしやなくかれらまん。
23 ばうふうかれらむかひ、あらしのごとく、かれらばさん。かくてむはふぜんちあれちとし、またかれらあくぎやうは、わうゐをもくつがへさん。