ソロモンの智慧 第二章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ソロモンの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第二章[編集]

1 かれらは、たゞしきわきまへなくして、みづからいへり。われらのいのちみぢかくしてかなしおほし。ひとりんじふには、せんすべなく、よみよりかへりしものあるをらず。
2 ただゆくりなくわれらはうまれしにて、こののちとても、きにひとしきものにてあらん。われらがはないきけむりことはりわれらのこゝろうごくときのひばな
3 そのするときはいとなりゆく。かすかなるたいきのごとれいはうすれゆき、
4 ときとともにわれらのわすられく。また、われらのわざおぼゆるものなからん。われらのいのちうきぐものごとくすぎゆき、ひかりひしかれ、そのねつにうちくる、かのさぎりのごとくりゆく。
5 われらのしやうがいぎゆくかげわれらのりんじふにはひのべあらず。そはかたふういんせられありて、たれとてかへきたるものあらず。
6 されば、いざ、あるがままなるきものをたのしみ、つくられしものをもちふるに、わかもののごとくひたすらにせん。
7 あたひたかぶだうしゆかうれうとにてわれらをみたさん。はるはなわれらをぐるものなからしめん。
8 ばらつぼみもてわれらをかんむりせん。そのしほれゆかぬに。
9 われらのおごりにあづからぬものあらざれ。いづこにも、われらがよろこびしるしのこしおかん。こはわれらのぶんわれらのゆづりなればなり。
10 たゞしきひんしやわれおさへん、またやもめをもゆるさず、としおほたるしらがをもうやまはざるべし。
11 われらがちからこそはせいぎおきてなれ、よわきはえきなきことをあきらかにせらる。
12 われたゞしきものまちふせん。そはかれわれらにとりてむえきのものにして、われらわざそむき、おきてつみをかわれらとがめ、いましめにそむくわれらのつみかぞへあぐればなり。
13 われかみにつきてるありととなへ、みづかかみなりととなふ。
14 かれわれらにとりて、われらがおもひしりぞくるものとなれり。
15 われらにとりて、ただこれをるさへもいとはし。かれしやうがいほかのものにず、かれみちはいとどことなれり。
16 かれにせがねとしてわれらをあつかひ、われらのみちを、けがれたるもののごとくにく。たゞしきものをはりはこれをめでたしとし、かみをそのちゝなりなどととなふ。
17 いざわれかれことばのまことなるやをかれりんじふいかなるやをみさだめん。
18 たゞしきものかみならばかみかれしじし、むかふもののよりかれすくいだしたまはん。
19 こうげきはくがいとをもてかれしらべ、それによりて、かれにうわり、かれにんたいるをん。
20 かれつみしてづべきをもあたへん。かれのことばによりて、かれおとづたまふことあるべければなり。

21 かれらはかくろんじ、それによりてまよでたり。かれらのあくは、かれらをめしひたらしめ、
22 かみおくぎらず、きよきのあたふるちんぎんのぞまず、けがれなきたましひにほうびあるをわきまへず。
23 かみちぬものとしてひとさうぞうし、おのがたゞしきすがたかたちつくりたまひたるなり。しかるにあくまねたみのゆゑにり、かれぞくするものどもは、かれこゝろむ。