ソロモンの智慧 第九章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ソロモンの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第九章[編集]

1 ふそたちのかみ、あはれみをたもたましゆ、すべてのものを、そのみことばによりてつくりたまひししゆ
2 しゆちゑをもてひとをかたちづくりたまへり。ひとをしてしゆにつくられしいきものうへしはいをもち、
3 せいとをもてをさめ、たゞしきたましひをもて、さばきをなさしめたまへり。
4 ねがはくはなんぢみくらに、なんぢともせるそのちゑわれあたたまへ、なんぢしもべらのうちよりわれこばたまふなかれ。
5 われなんぢどれいにして、なんぢはしためなり。よわくしていのちみじかきも、さばきおきてとをさとちからすくなきものなり、
6 されど、ひとひとうちにありて、まつたかるとも、もしなんぢよりきたちゑ、ともにあらずば、かれかぞふるにらざるものとならん。
7 なんぢは、われえらびて、さきに、なんぢたみわうたらしめ、なんぢこどもらのためにさばきおこなはしめたまへり。
8 なんぢわれめいじて、きよやませいしよきづき、なんぢたままちに、さいだんきづかしめたまへり。こははじめより、なんぢのあらかじめそなへたまひしきよまくやかたなり。
9 ちゑなんぢともにありて、なんぢわざり、をつくりたまひしときなんぢともにありき。ちゑは、なんぢよろこばるべきものをり、なんぢいましめしたがひて、たゞしきことる。
10 ねがはくは、きよてんよりちゑおくり、なんぢみくらより、めいじてこれをきたらしめたまへ。さらば、ちゑわれとともにありて、らうし、われなんぢまへよろこばるべきをまなばん。
11 ちゑはすべてのものをり、またさとる。またがなすことをみちびきて、みづかおさへしめ、そのえいくわうをもてわれまもらん。
12 かくてわざなんぢにうけられ、われなんぢたみたゞしくさばき、ちゝわうざにふさはしきものとならん。
13 なにびとか、かみはかりごとり、しゆのぞたまふものをかんがん。
14 ひとおもひはたよりがたく、われらはかるところはやぶれ、
15 つるからだは、たましひをおさへ、にあるは、こゝろづかひおほひとうへおもし。
16 にあるものを、はかりるはわれらかたく、われらちかきものは、きんらうによりてみいださる。されど、てんにあるものは、たれかこれをたづねいだししや。
17 なんぢちゑあたへ、またたかきよりなんぢせいれいをおくりたまふにあらずば、たれかなんぢはかりごとんや。
18 かくて、にあるものどものみちは、なほくせられ、ひと〴〵なんぢよろこたまふものの、なになるやををしへられ、かつちゑによりてすくはれたり。