ソロモンの智慧 第三章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ソロモンの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第三章[編集]

1 されど、たゞしきもののたましひはかみにあり、いかなるせめくかれらとゞくをず。
2 わきまへなきものにはにたるものとえ、そのくはふうんにして、
3 そのわれらよりはなくは、わざはひなりとせらる。されどかれらはへいわうちにあり。
4 ひとにはばつけしとせらるるも、かれらのぞみふしにてみつ。
5 かれらすこしのいましめをけて、おほいなるきものをうく。かみかれらをためし、かみにかなふものなるをみたまひたればなり。
6 にあるきんのごとく、かれらをしらべ、まつたはんさいそなへもののごとく、かれらけたまへり。
7 かみおとづれたまふときにはかれらひかで、かりかぶうちなるひばなのごとくびまはらん。
8 かれらくに〴〵いたゞき、たみらをさめん、かくしてしゆはとこしへにかれらしはいしたまはん。
9 かみしんずるものどもは、まことをさとり、ちゆうじつなるものどもは、あいをもてかみとともにすまはん。おんちやうへいわかみえらびたまひしものどもにあればなり。

10 されどよこしまなるものどもは、そのおもひはかりにしたがひてむくひけん。かれらたゞしきものかろんじ、またしゆそむきたるなり。
11 ちゑさとしとをなみするものにはわざはひあり。かれらのぞみむなしく、そのきんらうはいたづらにして、そのわざようなし。
12 かれらつまはわきまへなく、かれらしく、
13 そのいだすものは、のろはし。けがれなくしてなきもの、よこしまのうちにはらみたることなきものはめでたし。かみたましひをおとづれたまふとき、そのん。
14 そのにてふはふをなさず、しゆむかひてよこしまをおもひしことなきえんじんはめでたし。いみじきおんちやうかれちゆうしんによりてあたへられ、みやすまふ、いみじきたのしさをもたん。
15 よきはたらきは、いともたかをもち、かしこきことのゆることなし。
16 されどかんいんをなすもののこらは、まつたきにいたらず、みちならぬとこたねは、そのかげせん。
17 よしながくることありとも、るにらぬものとせられ、ひのすゑにいたるときほまれあらじ。
18 もしをはりすみやかきたることあらば、のぞみをもつことなく、さだめのになぐさめなからん。
19 ふぎなるすゑつねかなしおほし。