ソロモンの智慧 第七章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ソロモンの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第七章[編集]

1 われもまた、よろづのもののごとく、やがてはぬべきものなり。よりうまれたるもの、はじめてつくられしものよりでぬ。
2 ひとたねはされ、ねむりよりきたたのしみによりてつくられ、はゝたいにて、とつきうちにくとなりぬ。
3 われもまた、うまでては、つねくうきひ、ひとおなじきうへちつきぬ。ようづのひとひとしく、わがはじめのこゑとしてはにもおなじきごゑをいだし、
4 むつきうちそだてられ、こゝろづかひのうちまもられぬ。
5 わうとても、これとことなれるしやうがいのはじめをもてるものあらず。
6 すべてのひといのちみちのただひとつなるは、そのりゆくときにひとし。
7 このゆゑに、われはいのりをなし、それによりてさとりあたへられぬ。かみもとめたりしに、ちゑこゝろあたへられぬ。
8 われわうくわんよりも、わうぎよりも、ちゑをよろこび、とみもこれにくらぶればきにひとしとぬ。
9 また、いかなるほうぎよくをも、ちゑくらべんとおもはざりき。すべてのきんちゑまへにはちひさきすなのごとく、ぎんはそのまへつちらるべければなり。
10 けんかうよりも、うつくしさよりも、われちゑあいし、ひかりよりもむしろちゑをもつことをねがふ。そのかゞやかしきひかりは、やすむことなければなり。
11 ちゑによりて、よろづのきものわれきたりぬ。また、ちゑには、はかがたおほくのとみあり。
12 われはこれらのとみをよろこぶ、ちゑこれをみちびくがゆゑなり。ただちゑの、これらのもののはゝたることはわれこれをらざりき。
13 われなにのよこしまもなくしてこれをまなびたれば、
しむことなくこれをあたへん。われちゑのもつとみかくすことなし。
14 われにとりて、ちゑきざるたからのごとし。また、これをもちふるものはかみしたしむ。いましめによりてあたへられしたまものゆゑに、かれらかみよろこばる。

15 されどわれにむかひては、かみねがはくは、みこころにしたがひて、いふべきことをたまはんことを。また、われにたまひしものに、ふさはしきおもひおもはしめたまはんことを。かみみづかちゑをもみちびき、またかしこものたゞしたまへばなり。
16 われらも、われらのことばも、またさとりも、あらゆるたくみかみうちにあり。
17 かみみづから、あるとしあるものにつけるあやまりなきちしきわれにあたへ、せかいくみたてばんしやううごきと、
18 ときはじめと、をはりと、なかと、くわうだううつりと、じかうかはりと、
19 としのめぐりと、ほしくらゐと、
20 けるもののせいしつと、けものあらぶると、かぜるると、ひとおもひと、さうもくくさぐさなると、のもてるちからとをらしめたまへり。
21 かくれたるものも、あらはなるものも、われこと〴〵まなべり。
22 そはすべてのもののつくなるちゑみづかわれをしへたればなり。

そはちゑのもつこゝろさとりはやく、きよく、また、たゞひとりにして、しかもおほくのさまをもち、すばやく、またみがるに、ことばほがらかにして、けがれなく、あきらかにして、そこなはるるところなく、きものをあいし、するどくして、はばまれず、
23 めぐみあり、ひとあいし、かたく、またたしかにして、こゝろわづらはず、ちからにみち、またすべてをみわけ、さとりすみやかにして、きよく、またいとすばやきひとこゝろをうちつらぬく。
24 ちゑいかなるうごきよりも、そのうごきなめらかなり。げに、ちゑは、そのきよらかさのゆゑに、すべてのものにち、すべてのものをつらぬくなり。
25 ちゑかみいきにしてまたちからぜんのうしやえいくわうあきらかなるかがやきなり。されば、けがれたるものはちゑうちるをず。
26 ちゑとこしへひかりよりのかがやき、かみはたらきしみなきかゞみかみきことのすがたなればなり。
27 ちゑひとつにして、すべてのことをちからをもち、みづかたもつとともに、すべてのものをあらたにす。またよゝきよきたましひのうちとほり、ひと〴〵かみとも、またよげんしやとなす。
28 かみちゑとともにひとほかあいたまはず。
29 ちゑよりもうつくしく、あらゆるせいざうへにあり。ひかりくらべらるるとき、そのまへにあることをみいださるればなり。
30 ひかりにはよるこれにかはる。されどちゑにはあくつことなし。