ソロモンの智慧 第一章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ソロモンの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第一章[編集]

1 でよ。をさばくものどもよ。よろしきをもてしゆをおもひ、まごころもてしゆをもとめよ。
2 しゆしゆをこころむることなきものみいだされ、しゆふしんならぬものに、あらはれたまふなり。
3 よこしまなるおもひかみはなるれど、ためされしみちからは、こころなきものを、うちまどはす。
4 ちゑは、わるだくみこゝろに、きたることなく、つみられしすまはざるなり。
5 いましめのせいれいは、いつはりをのがれ、ふめいこゝろよりり、ふぎいりきたれば、うちまどふなり。
6 ちゑみたまは、ひとあいするもの、けがすものを、そのくちびるのゆゑに、ふもんせず。かれのこころばせにつきてかみあかしをなし、かれのこころのまことなるかんとくかれしたきゝてにいます。
7 しゆみたまひとち、すべてをたもものは、ひとこゑりたまへばなり。
8 されば、ふぎをいふものは、たれみのがされず、それをあらはにするとき、これをゆるさざるべし。
9 けいけんならぬむのは、そのおもひはかりのうちしらべけ、そのことばのきこえはしゆにとどかん。またそのふはふなるわざは、あらはにされん。
10 ねたみみゝありて、すべてをき、つぶやきのは、おほはれず。
11 ゆゑに、えきなきつぶやきにこゝろし、したあくこうよりつつしめ。ひそかなることばもむなしくはでゆかず。いつはりをなすくちは、たましひをる。
12 なんぢの、あやまれるしやうがいによりてまねもとむな。なんぢのわざによりて、ほろびをよぶな。
13 かみをつくりたまはず。けるもののするを、よろこびたまはざるなり。
14 かみはすべてのものを、そのながらへんがためにつくりたまひ、にあるくさ〴〵のいきものはすこやけきもの、そのうちにほろびのどくあらず。よみしはいちじやうになし。
15 ふしなればなり。
16 されどけいけんならぬものはそのことばとをもてをよびせ、それをともなりとおもひつつ、みづからはほろびす。かれらけいやくむすぶ。かかるもののたぐひにふさはしければなり。