サイエンティフィック・アメリカン/ルーファス・ポーター

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


イギリスの『Invention』誌は、故ルーファス・ポーターの生涯と天才性に触れながら、アメリカ人のエネルギー、創意工夫、多才性に賛辞を送っている。アメリカ人の真の才能が発明的、機械的であることは自明の理であり、時間を考慮しても、相対的に見て、アメリカでは世界の他の国よりも発明が盛んであるように思われる」と執筆者は言う。輝かしいワシントン大統領の時代に生まれたルーファス・ポーターは、21人のアメリカ大統領の時代を生き、自身も4分の3世紀以上にわたってアメリカの発明の天才の生きた代表者であった。彼は最初から、賢いアメリカ人少年の真の姿だった。彼は、手作業による個人的な仕事の偉大な尊厳というカーライリアンの考えに感銘を受けるどころか、最も包括的な形の省力化機械以外の何者でもなかったのである。このようにして、ルーファス・ポーターは、タービン水車、風車、飛行船、ロータリーエンジン、その他農業労働を可能な限り廃止するための様々な装置の発明者として、その長い有用な職歴を開始させたのである。また、青年期には熱烈な愛国者であり、その他にも数多くのことを行っていたが、そのどれもが十分に実践されていれば、ほとんどの人が相応の名声と繁栄を手に入れることができたであろう。彼はイギリスと戦ったものの、この任務は、様々な出来事に満ちた人生の中では単なる一時的なものであり、通常は新たに見つけた事業の真っ只中にあったのだが、当然ながら兵器の開発につながった。しかし、ルーファス・ポーターにとっては、その特異な活動と異常な忙しさの中で、どの10年間にも休息も最高の成功もなかった。彼は学校の校長であり、また肖像画家でもああった。そして、アメリカの機械関係の新聞の中で最も偉大で最高のものであり、現存するどの雑誌よりも新しい分野では他に類を見ない『サイエンティフィック・アメリカン』誌を創刊した。時計、鉄道信号、撹拌機、洗濯機、その他の機器は、彼の活発な頭脳が生み出した数多くの成果の一つであり、彼が世俗的な意味で大きな成功を収めなかったのは、間違いなくこの多産性によるものであった。彼の発明は、ある程度まで完成するとそれ以上は開発を進めなかったが、この素晴らしく多産な天才は、発明の商業的な段階を気にすることなく、人間の手作業を節約するという偉大な仕事に新たな挑戦をしていった。発明という偉大な分野でルーファス・ポーターが成し遂げたこと、試みたことをすべて詳しく説明すると、紙面が尽きる。しかし、この偉大で独創的な発明家について書いた同時代人は、彼が行ったこと、書いたこと、そして彼に与えられた非常に長い時間にもかかわらず、彼は「水に書かれた」名前を残して墓に入ったと述べているものの、我々は、発明の世界では、彼の名前は仲間の人々に対する物質的な恩人として完全に燃え上がるだろうと考えている。疑いもなく、このように事実に基づいた結果が豊富なこの経歴は、イギリスとアメリカの発明家に対する奨励に関する生活環境の違いをよく表している。イギリスでは、教育のすべての過程、そして偏見のすべてが、各人が明確に定義された単一の事業のために自分を装備することに向けられている。世界のどの国でも、「何でも屋で何も知らない」という言葉ほど好まれているものはないが、アメリカではまさにその逆である。まだ新しい国であるアメリカでは、便利さとすぐに適応できることがすべてであり、無限に細分化された産業の道が明確に定義され、厳密に守られているこの国では比較的少ない多才さに、可能な限りの励ましが与えられているのである。おそらく両国では、「極端なものの偽り」が十分に示されており、それぞれの国の特殊性を相互に採用し、適応させることで、それぞれが利益を得ることができるだろう。アメリカでは、発明がより多様で、今ではおなじみの言葉を借りれば、我々の間よりも「分化」していることに疑いの余地はないものの、一方で、イギリスでは、おそらくイギリス人の集中力のおかげで、特定の分野でより大きな成果を上げている。我々は、アメリカ人が英語を学び、イギリス人がアメリカの発明家に関して学ぶことは健全であると信じている。相互に学ぶことで、お互いに利益を得ることができるはずである。一方、結論として付け加えておくと、彼はモールスやハウ、エジソンのような名声や高名さには決して到達していないものの、ルーファス・ポーターは、アメリカの発明の多様性を示す最も優れた例の一つとしてこれからも人々の心の中に生き続けることであろう。

脚注[編集]

この作品は1927年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。