ゲティスバーグ演説

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

80と7年[1]の昔、我々の父祖は、自由を本義とし、すべての人間が平等に作られているという信念に捧げる新しい国をこの大陸に作り上げました。

今、我々は大きな内戦の中にいます。この国が、ひいては同じ本義と信念をもった国が、末永く続いていけるかが試される戦いです。我々はこの戦争のすさまじい戦場に集まりました。国が生き延びるため命をかけた人々の永眠の地としてこの戦場の一部を捧げるために来たのです。適切で、礼儀にもかなった行いです。

しかし、より大きな目で見れば、我々はこの地を聖なるものとして捧げることはできません。生者であれ死者であれ、ここで戦った勇敢な人々がすでにこの地を聖なるものとしており、我々の取るに足らない力はそれにとても及ばないのです。世界は、いま我々が話していることを記録にも記憶にもとどめないでしょう。しかし彼らの行動を忘れることはありません。生者としての我々の使命は、むしろ自らを[2]、ここで戦った人々が堂々と前進させた未完の仕事に捧げることなのです。我々はむしろ、残された大きな使命にここで自らを捧げましょう。我々は、誉れ高き死者が最大限の熱意を捧げた大儀により一層の熱意を向けましょう。彼らの死を無駄しないと固く決心しなければなりません。この国は神の元で新しい自由を生み出さなければなりません。そして人民の、人民による、人民のための政治[3]が地球上から消えてはならないのです。

1863年11月19日

脚注[編集]

原文はen:Gettysburg Address。翻訳はウィキソースユーザーのチャボ

  1. Fourscore and seven years:字義通り直訳すると「4つの20年と7年」となる
  2. It is for us, the living, rather, to be dedicated:「我々は(捧げるのではなく)、むしろ捧げられるべき」という意味で「自らを」捧げる、とした
  3. government of the people, by the people, for the people:普及している訳を採用したが、of the peopleの意味については「人民が所有する」「人民を統治する」など、解釈の余地がある。

この文書は、アメリカ合衆国においては、同国の著作権法に基づき、同国の連邦政府と雇用関係にある公務員がその職務上作成したアメリカ合衆国政府の著作物17 U. S. C. §105参考和訳))に該当するため、パブリックドメインの状態にあります。また、日本国においては、同国の著作権法13条に規定するもの(憲法その他の法令、通達、判決など)に該当するアメリカ合衆国政府の著作物のみに限り、パブリックドメインの状態にあると解されます。それ以外の国では、当該国の著作権法に基づいて、著作権の対象であるか否かが判断されます。


注意: これは、アメリカ合衆国政府の著作物についてのみ効力を有します。アメリカ合衆国の各、その他の地方自治体が作成した著作物に対しては適用できません。また、日本国著作権法13条に規定するものに該当しないアメリカ合衆国政府の著作物の場合、日本国内において著作権が発生しているものとして扱われることになると解されるため、この著作権タグのみでは著作権ポリシーの要件を満たすことができません。その場合は、日本国の著作権上パブリックドメインの状態にある著作物、またはCC BY-SA 3.0及びGDFLに適合しているライセンスのもとに公表している著作物のいずれかであることを提示するテンプレートを追加してください。

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。