ガラテヤ人に贈れる使徒パウロの書状(新契約聖書) 第四章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新契約聖書 > ガラテヤ人に贈れる使徒パウロの書状(新契約聖書)
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第四章[編集]

1 われ云はん世嗣はすべての物の主なれども、小兒の時の間は、奴僕と少しも區別あらず、
2 されど彼は父の豫め定めたる〔期〕まで、後見人また家宰の下にあり。
3 かくの如く我等も小兒なりしときは世の小學の下に奴僕にてありしなり。
4 されど期の滿の到りしとき、神はその子を使はし給へり、婦より生まれ、掟の下に生まれ給ふ。
5 是れ我等の猶子たることを得んために、掟の下なる者を贖ひ給はんためなり。
6 されば汝等は子なるが故に、神は、アバ、卽ち父よと叫ぶ、その子の靈を汝等の心のうちに使はし給へり。
7 かくの如くもはや汝等は奴僕にあらず、子なり。さればもし子ならば、キリストによりて神の世嗣なり。
8 然るに曾て神を知らざりしとき、汝等は本來神々にもあらざる者に對して奴僕にてありき。
9 されど今は神を知りたれば、然らず、寧ろ神より知られたれば、如何にして汝等は復たかの弱き、且つ貧しき小學に歸りて、更めてこれに奴僕たらんと欲するか。
10 汝等は、日と月と期と年とを護る。
11 われ汝等を懼る、或ひは我は汝等のために徒に勞したらんことを。

12 兄弟よ、願くは汝等我が如くなれ、そは我は汝等の如くなりたればなり。汝等は少しも我を害はざりき。
13 されどわれ最初は肉の弱によりて、汝等に福音を宣傳へしことを汝等は知る。
14 且つ汝等は我が肉にある我が試を賤しめず、また厭はず、反つて神の使の如く、キリスト・イエスの如くに我を受けたり。
15 そのとき汝等の福は如何にありしや。そはわれ汝等に證す、卽ち汝等はもし能ふべくんば、汝等の目を抉りてこれを我に與へんと思ひたればなり。
16 われ汝等に眞を語りしが故に、汝等の敵となりしや。
17 彼等が汝等に熱心するは良き〔心〕にあらず、唯汝等をして彼等に熱心せしめんとて、汝等を〔我等より〕離さんと欲するのみ。
18 良き事に毎に熱心するは良し、されば啻に汝等の許に我が居合はすときのみにあらず。
19 我が幼兒よ、汝等のうちにキリストのかたちづくられ給ふまで、我は復び陣痛するなり。
20 さればわれ汝等の許に現に居らんことと、我が聲を更めんこととを欲したり、そはわれ汝等に就きて惑ひたればなり。

21 掟の下にあらんことを欲する者よ、我に云へ、汝等は掟を聞かざるか。
22 そはアブラハム二子ありき、一は婢よりし、また一は自由の婦よりす、と録されたればなり。
23 然るに婢よりの者は肉に循ひて生まれ、また自由の婦よりの者は約束によりて〔生まれたり〕。
24 此等の事は譬なり、そは此等の者は二つの契約なればなり。一はシナイ山よりし、子を奴僕に生めり、これハガルなり。
25 そはハガル、シナイ山はアラビヤに在りて、今のエルサレムに當り、且つ彼はその子と共に奴僕なればなり。
26 されど上なるエルサレムは自由の婦にて、我等すべての者の母なり。
27 そは産みしことなき不生女よ、喜べ、陣痛せぬ者よ、聲をあげ且つ叫べ、そは獨り者なる婦は兒多し、寧ろ夫ある者よりも多ければなり、と録されたればなり。
28 されば兄弟よ、我等はイサクの如く約束の兒なり。
29 然るに曾て肉に循ひて生まれし者の、靈に循ひて〔生まれし〕者を迫害せし如く、今もその如くあり。
30 されど聖書は何と云ふや、婢とその子とを逐ひ出だせ、そは婢の子は、自由の婦の子と共に世嗣たるべからざればなり。
31 されば兄弟よ、我等は婢の兒にあらず、されど自由の婦の〔兒なり〕。