ガラテヤ人に贈れる使徒パウロの書状(新契約聖書) 第二章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新契約聖書 > ガラテヤ人に贈れる使徒パウロの書状(新契約聖書)
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第二章[編集]

1 その後〔正に〕十四ン年を經て、復た我はバルナバと共に、テトスをも伴ひてエロソルマに上れり。
2 されど我は默示に循ひて上れるなり、されば國人のうちに我が宣べしところの福音を彼等に陳べ、また名ある人々にも人を避けて〔陳べたり〕。これ我は空しく走ることなからんため、或ひは走りしこと〔なからんため〕なり。
3 されど我に伴ひしテトスはギリシヤ人なるに、割禮せらるべく强ひられざりき。
4 卽ち窃に入りし僞の兄弟等のゆゑなり。彼等はキリスト・イエスに在りて我等が有する自由を窺ひ、我等をぬぼくたらしめんとて窃に入り來りしなり。
5 我等は福音の眞理の、汝等と偕に常に存せんために、彼等に一と時も屈して服ふことをせざりき。
6 されど或るものたるべく思はるる人々より、彼等は如何なる者なりしにもせよ、我に取りては少しも異なるところなし。神は人の顏を採り給はず、そはかの名ある人々、何をも我に加へたることなく、
7 反つて我の無割禮の福音を任せられしこと、ペテロが割禮の〔福音を任せられしが〕如きを見たればなり。
8 そは割禮の使徒の職のためにペテロのうちに働き給ひし者は、國人のために我のうちにも働き給ひたればなり。
9 且つ我に與へ給ひし惠を知りて、ヤコブまたケパまたヨハネ、柱と思はるる此等の人々は、我とバルナバとに親しき交の右の手を與へたり。これ我等は國人に〔往き〕、彼等は割禮の者に往くべきためなり。
10 唯〔彼等の願ふところは〕、貧しき者を我等の憶ひ出でんことのみ〔なりき〕。此の事は我も同じく爲さんとて勵みしところなり。
11 されどペテロのアンテオケに來りしとき、彼は咎めらるべきことあり、故に我は顏に循ひて彼に逆らひたり。
12 そは或る者のヤコブより來りしより先には、國人のうちにてともに食しつつありしが、彼等の到りしとき、割禮の人々を懼れ、彼は退きて己自らを區別したればなり。
13 且つその餘のユダヤ人も、彼とともいつはりたれば、バルナバさへ彼等の僞に連れ往かれたり。
14 されど我は彼等が福音の眞理に對して、眞直に歩まざることを見しとき、すべての者の前にてペテロにいへり、汝もしユダヤ人なるに、異邦人らしくしてユダヤ人らしく生きずば、何故に國人をば、强ひてユダヤ化せしめんとするや。
15 我等は生まれながらのユダヤ人にして、國人よりの罪人にあらず。
16 [されど]人はイエス・キリストの信仰によりてにあらざれば、掟のわざにて義とせられざることを知り、我等もキリスト・イエスを信じたり。是れ掟のわざにてにあらず、キリストの信仰にて我等の義とせらるるためなり、そはすべての肉は掟のわざにて義とせられざるが故なり。
17 されどもしキリストに在りて義とせられんことを索めつつ、我等は己も罪人なることを見出だされしならば、キリストは罪の事へ人なるか。有るまじきことなり。
18 そは我等もし壞りしところの此等のものを復た建てなば、我自ら背く者なることをあらはせばなり。
19 そはわれ掟によりて掟のために死ねり、是れ神のために生くるためなればなり。
20 我はキリストとともに十字架につけられたり。されど生く、尚ほ我にあらず、キリスト我にありて生き給ふなり。されどわれ今肉にありて生くるは、我を愛し給ひ、且つ我がために己自らをわたし給ひし神の子の信仰に在りて生くるなり。
21 我は神の惠を傍寄せず、そは義もし掟によりて〔あり〕とせば、キリストの死に給ひしは無用なればなり。