ガラテヤ人に贈れる使徒パウロの書状(新契約聖書) 第三章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新契約聖書 > ガラテヤ人に贈れる使徒パウロの書状(新契約聖書)
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第三章[編集]

1 ああ愚なるガラテヤ人よ、その目の前に十字架につけられ給ひたるイエス・キリストの、明かに描かれたるに、眞理に順はざるやう、誰が汝等をたぶらかせしや。
2 我は唯この事を汝等より學ばんことを欲す、汝等は掟のわざにて靈を受けしや、或ひは信仰を聞きてなるか。
3 その如く汝等は愚なるや。靈にて始まり今肉にて完了せらるるか。
4 汝等はかくまで多くの苦を徒に受けしや、まさかに徒にてもあるまじ。
5 されば彼の汝等に靈を賜ひ、また汝等のうちに力あるわざを行ひ給ふは、掟の行にてか、或ひは信仰を聞きてなるや。
6 アブラハムは神に任せまつれり、されば彼に義と勘へられたり、〔とある)が如し。
7 されば信仰の人々、此等の者はアブラハムの子なることを知れ。
8 また聖書は、神が國人を信仰にて義とし給ふことを豫め見たれば、アブラハムに、すべての國人は、汝に於て祝福せらるべし、と豫め福音を宜傳へたり。
9 故に信仰の人々は、信仰あるアブラハムとともに祝福せらるるなり。
10 そは掟のわざにつきてある者は、詛の下にあればなり、そは掟の卷に録さるるすべての事のうちに居りて、これを爲さざる者はみな、詛はれたる者なり、と録されたればなり。
11 されば掟にて神の前に義とせらるる者なきことは明かなり、そは義しき者は信仰にて生くべければなり。
12 されど掟は信仰にてにあらず、反つてこれを爲す人はそのうちに生くべきなり。
13 キリストは我等のために詛となり給ひて、掟の詛より我等を贖ひ給へり、そはすべて木に懸かる者は詛はれたる者なり、と録さるればなり。
14 是れ我等が信仰によりて靈の約束を受けんために、アブラハムの祝福の、キリスト・イエスに在りて國人にまで及ばんためなり。
15 兄弟よ、人に循ひてわれ去はん、人の結べる契約だに、誰もこれを傍寄せ、或ひは加ふる者なし。
16 されどかの約束は、アブラハムと彼の種とに對して謂ひ給ひしなり、卽ち彼は多くの者につきての如く、たねたねと云ひ給はず、されど一〔人〕につきての如く、卽ち汝の種に、と〔云ひ給へり〕、是れキリストなり。
17 さればわれかく云はん、かの四百有三十年の後に出でし掟は、キリストのために神より豫め結び給ひし契約をば、かの約束を廢するために無效ならしむることなし。
18 そは世嗣もし掟にてならば、もはや約束にてにはあらざればなり。されど神は約束によりて〔これを〕アブラハムに賜ひたり。
19 是の故に掟は何ぞや。これ背のために天使を經て、仲保者の手にて立てられたる約束を受けし者に、かの種の來るまで加へられたるなり。
20 されどその仲保者は一〔人〕のみにあらず、されど神は一におはします。
21 是の故に掟は神の約束に逆らふや、有るまじきことなり。そは與へられたる掟、もし活かすことを得るものなりしならば、まことに義は捷にてありしなるべし。
22 されど聖書はすべてものを罪の下に鎖じ込めたり、是れ約束はイエス・キリストの信仰にて、信ずる人々に與へ給はんためなり。
23 されば信仰を來らしし以前は、將に啓示せられんとする信仰に至るまで、鎖ぢ込められつつ我等は護られたり。
24 故に掟はキリストに至るまで、我等の傅となれり、是れ信仰にて我等の義とせらるるためなりしなり。
25 されど信仰來りたれば、もはや我等は傅の下にあらず。
26 そはすべて汝等はキリスト・イエスに在る信仰にて神の子なればなり、
27 そはすべてキリストに入れてバプテズマせられたる汝等は、みなキリストを着たる者なればなり。
28 そこにユダヤ人なくギリシヤ人もなし、そこに奴僕なく自由人もなし、そこに男子も女子もなし、そはすべて汝等はキリスト・イエスに在りて一なればなり。
29 されば汝等もしキリストのものならば、そのとき汝等はアブラハムの種にして、約束に循ひて世嗣なり。