ガラテヤ人に贈れる使徒パウロの書状(新契約聖書) 第一章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新契約聖書 > ガラテヤ人に贈れる使徒パウロの書状(新契約聖書)
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第一章[編集]

1 パウロ、人々よりにあらず、また人によりてにもあらず、されどイエス・キリスト、また彼を死人のうちより起し給ひし父の神によりての使徒、
2 及び我に伴ふすべての兄第等、〔書狀を〕ガラテヤの諸集會に〔贈る〕。
3 父なる神及び我等の主イエス・キリストより惠と平和と汝等に〔あれ〕。
4 彼は神卽ち我等の父の意に循ひて、現在の惡しき此の世より我等を援ひ出だし給はんとて、我等の罪のために己自らを與へ給へり。
5 世々の世々に至るまで榮光彼に〔あれ〕。アメン。

6 我は汝等のかく速にキリストの惠のうちに汝等を召したる者より〔離れて〕、他の福音に移りつつあることを怪しむ。
7 此は別のものにあらず、或る人々の汝等を攪き亂すにあらずば、キリストの福音を曲げんと欲してなり。
8 されど我等にもせよ、或ひは天よりの使にもせよ、我等が汝等に宣儀へし福音に戻れる福音を宣傳へなば、彼はアナテマたるべし。
9 我等先に謂ひし如く、現に復たこれを云はん、もし誰にても汝等が受けしところに戻れる福音を汝等に宣傳へなば、彼はアナテマたるべし。
10 現に我は人の親しみを得んとするや、或ひは神の〔親しみを得んとする〕や、或ひは人に喜ばるることを索むるや、もしわれ尚ほ人に喜ばれてありしならば、我はキリストの奴僕にはあらざるべきなり。

11 兄弟よ、われ汝等に知らしめん、我より宣傳へられたる福音は、人に循ひてにあらざることを。
12 そはわれこれを人より受けず、また敎へられず、イエス・キリストの啓示によりて〔得たれば〕なり。
13 そは汝等は我が曾てユダヤ敎に在りしときの我が振舞を聞けばなり、卽ち神の集會を甚だしく迫害し、且つこれを荒せり。
14 且つ我は我が先祖等の言ひ傳に、勝りて熱心なりしかば、我が族のうちの同じ年輩の多くの者に勝りて、ユダヤ敎に進みてありき。
15 されど我が母の胎より我を別ち、且つその惠によりて召し給ひし神は、
16 國人のうちに福音=その子を宣傳へしむるために、我のうちに彼を啓示し給ふことを悅とし給ひしとき、我は直に肉と血とに諮らず、
17 またエロソルマに上りて、我より先に使徒たりし人々の許にも往かず、されどアラビヤに去り、後ち復たダマスコに歸りたり。
18 それより三年の後、ペテロを尋ねんとてエロソルマに上れり。かくて彼の許に十五日逗りたり。
19 されど我は主の兄弟なるヤコブを除きては、他の使徒等をば見ざりき。
20 されば我が汝等に書けることは、見よ、神の面前に我は僞らざるを。
21 その後、我はスリヤとキリキヤの地方とに到りしが、
22 キリストに在るユダヤの諸集會には我が顏を知られざりき。
23 されど唯彼等は、曾て我等を迫害せし彼が、今その曾て荒せしところの福音=信仰を宜傳ふ、と聞きつつありしのみ。
24 かくて彼等は我に於て神を頌めまつりつつありき。