カイロ宣言 (ビラ)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


「カイロ宣言」

蒋介石主席、ルーズベルト大統領、チャーチル首相の歴史的会談が二年前挨及のカイロで行はれ、昭和十八年十二月一日附を以って所謂「カイロ宣言」を公にした。この一部は次の通りである。

列席軍事全權使節は来るべき對日本軍事作戰に関し完全に意見の一致を見た。三聯合國は暴虐なる敵に對し陸海空の三方面より不斷の圧力をもたらすべく決意を表明した。この圧力は既に遂次増加しつゝある。

我々三聯合國の戰争目的は日本の侵略主義を抑制處罰するにある。我々は利得や領土擴張を望むものではない。我々は大正四年第一次世界大戰の初期に日本が占領した太平洋諸島を、日本より、剝奪し日本が支那より獲得した満洲、臺灣、澎湖諸島等を支那共和國に返還せんとするものである。

其他暴力と野望により獲得した他のすべての領土から日本を追放せんとするものである。

Cairo Declaration as Propaganda.jpg

この文書は、アメリカ合衆国においては、同国の著作権法に基づき、同国の連邦政府と雇用関係にある公務員がその職務上作成したアメリカ合衆国政府の著作物17 U. S. C. §105参考和訳))に該当するため、パブリックドメインの状態にあります。また、日本国においては、同国の著作権法13条に規定するもの(憲法その他の法令、通達、判決など)に該当するアメリカ合衆国政府の著作物のみに限り、パブリックドメインの状態にあると解されます。それ以外の国では、当該国の著作権法に基づいて、著作権の対象であるか否かが判断されます。


注意: これは、アメリカ合衆国政府の著作物についてのみ効力を有します。アメリカ合衆国の各、その他の地方自治体が作成した著作物に対しては適用できません。また、日本国著作権法13条に規定するものに該当しないアメリカ合衆国政府の著作物の場合、日本国内において著作権が発生しているものとして扱われることになると解されるため、この著作権タグのみでは著作権ポリシーの要件を満たすことができません。その場合は、日本国の著作権上パブリックドメインの状態にある著作物、またはCC BY-SA 3.0及びGDFLに適合しているライセンスのもとに公表している著作物のいずれかであることを提示するテンプレートを追加してください。