エズラ第二書 第四章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > エズラ第二書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第四章[編集]

1 われつかはされたるみつかひ(そのはウリエル)われこたへていふ
2 『なんぢこゝろこのことにいたくわづらはさるるに、なんぢいかでいとたかものみちさとんや。』
3 われいふ『わがしゆよ、しかり。』
かれわれこたへてふ『われつのみちなんぢしめし、つのたとへなんぢまへげんがためにつかはされたり。
4 もし、なんぢ、このつのうちのひとつをわれぐることば、われまたなんぢなんぢんとするみちをしへん。またひとこゝろなにゆゑしきかをもをしへん。』
5 われいへり『かたりたまへ、わがしゆよ。』
かれわれにいふ『け、わがためにほのほおもさをはかれ。ますにてかぜはかれ。またわがためにぎしびかへせ。』
6 われこたへていふ『これらのことをなしるものひとりもなきに、なにゆゑわれにこれをたづたまふか。』
7 かれわれにいふ『もしわれなんぢに「うみふかみすまひいくつありや、またふちみなもといづみいくつありや、そらうへみちいくつありや、よみでぐちいづこにありや、またパラダイスにいたみちいづこにありや」とはば、
8 おそらくはなんぢわれに「われふちくだりしこともなく、よみいたりしこともなく、またてんのぼりしこともければ」とこたふるならん。
9 されどわれなんぢかぜことのみをたづねたり。なんぢこれらのもののうちへきたれり。これらのものくば、なんぢるをじ、されどなんぢこれにつきてすらもこたざりき。』
10 かれまたわれにいふ『なんぢわかときより、なんぢともりしものをることすらあたはざるに、
11 なんぢうつわ、いかでいとたかものみちさとるをんや。またちはてしにありてちはてしもの、いかでちはてぬものをさとるをんや。』
12 われこれらのこときたればひれふして、かれにいふ『われらここにきたり、ふぎうちに生き、かつくるしみて、そのなにゆゑなるをさとらざるよりは、むしろきたらざりしかたよろしかりしならん。』
13 かれわれにこれへていふ『かつはやしでてたがひかたひぬ
14 「われきて、うみわれらのまへよりしりぞき、われらなほおほくのはやしをつくりんがため、うみむかひてたゝかひをいどまん。」
15 うみなみおなじくともはかりてふ「いざのぼりてわれらのためにあたらしきつくらんがため、はやしむかひてたゝかひをいどまん。」
16 されどはやしおもふところむなしくなれり。そは、きたりて、そのはやしつくしたればなり。
17 うみなみおもひまたおなじくむなしくなれり。そは、すなちてかれらとゞめたればなり。
18 もしなんぢこれらのもののあひださばきびとなりしとせば、いづれをとし、いづれをつみありとせしぞ。』
19 われこたへていふ『かれたがひむなしきことをかんがへぬ。そはりくはやしあたへられ、またうみおもはそのなみつなり。』
20 かれわれこたへていふ『なんぢたゞしくさばきたり。なんおのれのことにつきておなさばきをなさざるか。
21 りくはやしに、うみをそのなみあたへられたるがごとく、うへものうへのことのみをさとり、てんうへものてんたかことさとらん。』
22 そのときわれこたへていひぬ『しゆよ、いかなればわれものをわきまふるちからあたへられしぞ。
23 われうへみちたづぬるをほつせず。たゞひゞわれらのまへぎゆくことをたづぬ。そはイスラエルいはうじんうちのゝしられ、なんぢあいせしたみかみらぬひと〴〵わたされ、われらせんぞたちのおきてむなしくなりて、しるされたるけいゆくまもられざればなり。
24 われらはいなごごとこのよく。われらいのちいきごとく、われらめぐみるにらざるなり。
25 されどかれ、われらのびまつるみなにつきてなにをなしたまふや。われこれらのことにつきてたづねたるなり。』
26 かれわれこたへていふ『なんぢかのときらばることあらん。またなんぢいきながらへなばあやしとおもふことあらん。はとくけばなり。
27 このたゞしきものやくされたるものをたもつことあたはず。そはこのなやみよわきとにてつればなり。
28 なんぢわれひたるしきことすでかれたり。されどそれをときいまきたらず。
29 かれたるものられず、またしきもののかれたるところうしなはれずばものかるるはたけきたらず。
30 はじめよりアダムのこゝろひとつぶしきたねかれたれば、いまいたるまでいかおほふぎむすび、またかりいれきたらんときまでいかおほくこれをむすぶべきぞ。
31 しきたねひとつぶよりふぎいかおほむすばれしや。なんぢみづからこれをおもひめぐらすべし。
32 かぞつくすことあたはぬかれなば、おほいなるうちばをもたさん。』
33 われこたへていふ『いかなるときまでにか、またいかなるときにか、これらのことどもおこるべき。なんわれらとしかくすくなくしてしきや。』
34 かれわれこたへていふ『なんぢはいとたかものまさりていそあたはじ。そはなんぢおのれのためにいそげど、うへいまものおほくのひとためいそたまへばなり。
35 たゞしきひとたましひ、そのやすみどころおいこれらのことにつきてたづねたるにあらずや。すなはちわれいかなるときまでかくのごとのぞみつべき。またわれらのうちばむくいはいかなるとききたらんとするや。』
36 みつかひをさエレミエルかれらこたへていふ『なんぢたるものかずつるときなり。そは、かれはかりをもてはかるべければなり。
37 かれときはかれり。かずによりてきせつはかり、これをかぞへたり。さだめられたるはかりつるときまでかれこれらのものをうごかたまはじ。』
38 われこたへていふ『しゆよ、わがしゆよ、われらみなふぎたされぬ。
39 たゞしきひとうちばとゞめらるるは、われらのため、またものつみのためにあらずや。』
40 かれわれこたへていふ『きてはらみたるものたづねよ「かれこゝのつきつればそのたいひとりでむことをるや」と。』
41 われいふ『いなしゆよ、そはあたはぬことなり。』
かれわれにいふ『よみうちたましひへやをんなたいごとし。
42 まんとするものそのうみくるしみのがれんといそぐがごとく、これらところはじめよりあづけられたるものをへさんといそぐなり。
43 そのときなんぢの見んとのぞむものなんぢあらはされん。』
44 われこたへていふ『われなんぢみまへめぐみなば、またもしこはありべきことにして、われこれふさはしくば、
45 ねがはくはわれにこのことをもしめしたまへ。すなはぎたることよりもきたらんとすることおほきか、あるひわれらうへきしことかへつておほかりしか。
46 われぎしことれどもきたらんとすることらず。』
47 かれわれにいふ『みぎかたて。われこのたとへときあかししめさん。』
48 われちて、しに、よ、ゆるわがまへとほりて、そのほのほすぎゆきたれば、われしに、よ、けむりのみのこれり、
49 そののちあめちたるくも、わがまへぎ、はげしきいきほひをもてあめらせたり。そのあめいきほひすぎしときしづくのみのこれり。
50 かれわれにいふ『なんぢみづかこゝろうちわきまへよ。あめ、そのしたゝりよりもおほいなるがごとく、またそのけむりよりもおほいなるがごとく、ぎゆきしもののれうおほし。しかもあめしたゝりけむりなほのこれり。』
51 われいのりていふ『われそのときまでくべしとなんぢおもひたまふか。たれかそのときまでのこらんや。』
52 かれわれこたへていふ『なんぢわれたづねたるかのしるしにつきて、われそのいちぶかたるなり。されどなんぢいのちにつきては、われこれをなんぢかたらんがためにつかはされしにあらず。われこれをらざるなり。