エズラ第二書 第十四章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > エズラ第二書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十四章[編集]

1 三かめわれかししたすわたるに、よ、かなたやぶなかよりこゑいでていふ『エズラよ、エズラよ。』
2 われいふ『しゆよ、われこゝにあり。』われわがあしにてちしに、
3 かれわれふ『わがたみエジプトにおいどれいたりしとき、われいばらなかあらはれてモーセとものいひぬ。
4 そのときわれモーセをつかはしたれば、かれわがたみをエジプトよりみちびいだせり。しかしてわれかれをシナイざんともなき、そこにておほくのあひだかれをわがもととゞけり。
5 そのときわれおほくのことなるわざにつきてかたり、ときひみつときをはりとをしめし、かれめいじてかくいへり
6 「なんぢこれらことばにつきて、あるものをばおほやけにし、あるものをばひみつにすべし」と。
7 いまわれなんぢふ。
8 わがなんぢしめせししるしと、なんぢゆめと、なんぢきしときあかしとをこゝろとゞくべし。
9 こののちなんぢひと〴〵うちよりげられて、わがともに、またなんぢひとしきひと〴〵ともときをはりまでのこされん。
10 そのわかありさまうしなひ、ときふるくならん。
〔11 は十二にわかれて、その十まですでにり、だいなかばいたれり。
12 しかしていまのこるは、だいなかばのちふたつのなり。〕
13 さればなんぢいへとゝのへよ。またわがたみいましめよ。かれらのうちのへりくだるものをなぐさめよ。〔かしこものをしへよ。〕いまよりのちちはつべきいのちてよ。
14 いたおもひり、ひとおもにて、なんぢよわせいしつげ。
15 なんぢくるしむるこれらおもひり、いそぎてときよりのがれよ。
16 なんぢし、いまおこりたるしきことよりもなほしきことおこらん。
17 としりておとろきたるにつれ、ものうへしきことかさなきたらん。
18 まことます〳〵とほざかりていつはりちかづかん。よ、なんぢまぼろしうち
わしすみやかきたらんとす。』

19 われこたへていふ『われなんぢみまへかたらん、しゆよ。
20 われきてなんぢめいたまひしごといまたみいましめん。されどきたらんとするたみいましむるものたれぞ。くらやみおほはれて、そのなかものひかりなければなり。
21 なんぢおきてかれたるがゆゑに、なんぢのなしたまひしみわざなんぢのなさんとしたまみわざわきまふるものなし。
22 もしわれなんぢみまへめぐみなば、せいれいわれおくたまへ。われはじめよりおこなはれたること、すなはなんぢおきてしるされたることをしるさん。これひと〴〵なんぢみちもとめんがため、またをはりとききんとほつするひと〴〵んがためなり。』
23 かれわれにこたへていふ『きてたみあつめ、かれらをして四十にちあひだなんぢたづねしむな。
24 なんぢおほくのかきいたそなへ、なんぢのためにすみやかもじしるるサレア、ダブリヤ、セレミア、エタノス、およびアシエルの五にんともなひて、
25 こゝきたれ。われなんぢしるさんとすることをはるまで、えざるさとりともしびをともさん。
26 なんぢこれらのことをなしをはりなば、そのうちのあるものをおほやけにし、あるものをさとひと〴〵のみにひそかをしふべし。なんぢあすいまころよりしるはじめよ。』

27 そのとき、われめいぜられしごとく、きてすべてのたみあつめてひぬ
28 『イスラエルよ、これらことばけ。
29 われらせんぞたちは、さきにエジプトにおいやどりびととなれり。かれらそこよりのがれて、
30 いのちおきてけたれど、これをまもらざりき。なんぢらかれらしたがひて、これををかせり。
31 そのときひとつのすなはちシオンのなんぢらものとしてあたへられたり。なんぢらも、なんぢらせんぞたちも、ふぎおこなひて、いとたかきものなんぢらめいぜしみちまもらざりき。
32 かれたゞしきさばきぬしなれば、しばしほどなんぢらより、なんぢらのあたへたるものをのぞたまへり。
33 いまなんぢこゝにあり。なんぢらきやうだいたちもまたなんぢらともこゝにあり。
34 さればもしなんぢらおのさとりをさめ、おのこゝろをしみちびかば、なんぢらいのちたもたれ、しにのちにもあはわみけん。
35 しにのちわれふたゝいきときさばききたらん。そのときたゞしきものあらはれ、けいけんならぬものどものわざあきらかにせられん。
36 さればいまたれにても、われちかよるな。また四十にちあひだわれたづぬな。』
37 そのときかれめいたまひしごとく」われにんひとともなひてき、そことゞまれり。
38 よ、あくるひこゑわれによぱはりていふ『エズラよ、くちひらきてわがませんとするものめ。』
39 われくちひらきしに、よ、ちたるさかづきわれあたへられたり。そのちたるものはみづごとかりしも、いろごとかりき。
40 われこれをけてみしに、みしとき、わがこゝろさとりおこり、わがむねうちちゑおこれり。そはわがれいきおくたもちたればなり。
41 わがくちひらかれて、もはやぢず。
42 いとたかきものその五にんひとちゑあたへたれば、かれらいまらざるもじをもて、そのかされしことばじゆんじよによりてしるし、四十にちあひだそこすわれり。かれひるあひだしるし、いたりてかてくらへり。
43 われひるあひだかたりて、もださざりき。
44 その四十にちあひだに九十四のふみしるされたり。
45 その四十にちをはりたれば、いとたかきものわれにいひたまふ『はじめしるしたるものをおほやけにし、むにふさはしきものにも、ふさはしからざるものにも、これをませよ。
46 たみのうちのさともののみにこれわたさんがためにのちの七十さつたもつべし。
47 そのうちにさとりみなもとちゑいづみちしきかはればなり。』
48 われかくなせり。