エズラ第二書 第十六章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > エズラ第二書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十六章[編集]

1 わざはひなるかな、バビロンおよびアジヤよ。わざはひなるかな、エジプトおよびスリヤよ。
2 あさぬめけをりものとをまとひ、なんぢらこどもらのためになげき、かつかしなしめ。なんぢらほろびちかづきたればなり。
3 つるぎなんぢらおくられんに、これをふせものたれぞ。
4 なんぢらおくられんに、これをすものはたれぞ。
5 わざはひなんぢらおくられんに、これをふせものたれぞ。
6 ゑたるしゝを、はやしなかるることをべしや。もみがらもやはじめばたれこれんや。
7 ゆみつよものを、たれかへん。
8 しゆなるかみわざはひおくたまはば、たれかこれをふせべき。
9 しゆみいかりによりてづ。たれかこれをんや。
10 しゆいなづまかゞやかたまはんにたれおそれざらんや。しゆいかづちとゞろかしたまはば、たれおのゝかざらんや。
11 しゆひとおびやかたまはば、たれみかほまへちゞくだかれざらんや。しゆみかほと、そのみちからえいくわうまへに、とそのもとゐうごき、うみ、そのふかみよりづるなみとも
12 たちあがりて、そのなみさわぎ、そのうちなるうをまたさわがん。
13 ゆみしゆみぎみてつよく、そのはなするどし。しゆそのはてまではなたまはんに、そのひとつだにまとはづるることなからん。
14 よ、わざはひおくいださる。はてたつするまではかへきたらじ。
15 ひもえてもとゐつくすまではゆることなからん。
16 ゆみつよひとはなちたるかへらぬごとく、おろされたるわざはひかへきたらじ。
17 ああかなしきかな、かなしきかな、そのわれすくはんものはたれぞや。

18 これぞなやみはじめおほいなるなげきおこらん。これぞききんはじめおほくのひとほろびん。これぞたゝかひはじめちからあるものどもおそれん。これぞわざはひはじめ。すべてのひとおのゝかん。これらわざはひきたらんときかれなにをなさんとするや。
19 よ、ききんえきびやうなやみくるしみこれらのものは、ひとくいあらためさせんがため、ばつとしてきたるなり。
20 これらのすべてのもののあるにもかゝはらずかれらそのつみあらためず、またそのばつをもつねおぼえざるなり。
21 よ、ちじやうしよくもつくはへられて、ひと〴〵へいおんなりとおもときつるぎききんおほいなるみだれもろ〳〵わざはひちじやうしやうぜん。
22 おほくのひと〴〵ききんのためにほろび、ききんのがるるものをばつるぎほろぼさん。
23 しにんあくたごとてられてこれをなぐさむるものえてなからん。ててそのまち〳〵こぼたるべければなり。
24 たがやしてたねものひとりかへらじ
25 むすぶともたれかこれをあつめん。
26 ぶだうじゆくすともたれかこれをまん。すべてのところおほいなるあれちあるべし。
27 そのときひとたにんはんとほつし、またたにんこゑかんとほつす。
28 しかしてまちなかに十にんなかふたりのこされて、しげみといはあなとにかくれん。
29 オリブぞのけるすべてのに、三つ四つののこるがごとく、
30 またぶだうつみときに、ねんごろもとむるひと〴〵ぶだうふさすこしくのこすがごとく、
31 そのつるぎをもてひと〴〵いへたづもとむるひと〴〵わづかに三にんまたよにんのこさん。
32 てて、そのはたけおどろふさがれ、そのみちとそのすべてのこみちにはいばらえ、ひつじそのうちあゆまじ。
33 をとめたちははなむこずしてなげき、をんなたちはをつとたずしてなげき、むすめたちはたすくるものをずしてなげかん。
34 はなむこたちはたゝかひたふれ、をとこたちはききんのためにほろびん。

35 しゆしもべらよ、これらのことをきてわきまへよ。
36 よ、これしゆみことばなり。なんぢらこれをけよ、しゆのいひたまふことをこばむな。
37 よ、わざはひちかづけり、おくるることなし。みごもりてすでに九ヶげつおよべるをんなときちかづかば、ふたときまたみときさきより、おほいなるくるしみたいないおこり、そのたいないづるときは、いつしゆんゆうよもなきがごとく、
39 わざはひほどもなくきたり、なげきてさま〴〵くるしみかこまれん。
40 わがたみよ、わがことばき、たゝかひのためにそなへせよ、このしきにはやどりびとごとくにむべし。
41 ものぐるひとごとく、ものうしなはんとするひとごとく、
42 あきうどえきけざるものごとく、いへつるものはそのいへまはぬもののごとく、
43 たねものれざるひとごとく、ぶだうものはそのまざるひとごとく、
44 けつこんするものざるひとごとく、ひとりみものやもめごとくになるべし。
45 かくのごとく、はたらものはたらもえきなし。
46 たこくにんかれらのれ、かれらのざいさんぶんどりものとし、かれらいへつぶし、かれらのこどもらをとりこにせん。かくてかれらとらはれききんとのうちにてそのどもらをまん。
47 あきうどそのあきなひんがためにはたらくとも、それはぶんどりものとならん。かれます〳〵そのまちいへざいさんおのとをかざらんに、
48 われかれらをそのつみゆゑます〳〵くにまんとしゆいひたまふ。
49 まことなるをんなの、あそびめにくむがごとく、
50 たゞしきものは、ふぎそのよそほときこれをにくみ、ちじやうのあらゆるつみさぐるものをまもものきたらんときかれまへはばからずしてこれをめん。

51 さればなんぢかれごときものとなるな。またそのわざにならふな。
52 やがてふぎよりられ、われらのうへわうとならん。
53 つみびとよ、われつみをかせしことなしといふな。かみとそのえいくわうまへつみをかせしことなしといふひとは、そのかしらうへゆるもやすなり。
54 よ、しゆは、ひとのすべてのわざとそのおもんぱかり、そのおもひこゝろとをりたまふ。
55 つくられよとしゆいひたまひたれば、つくられ、てんつくられよとたまひたれば、てんつくられたり。
56 そのみことばによりてほしつくられたり。しゆほしかずたまふ。
57 しゆふちとそのたからとをさぐり、うみとそのなかるものとをはかたまふ。
58 しゆみづなかうみめ、またそのみことばをもてみづうへかばせたまふ。
59 しゆてんりておほぞらとなし、これをみづうへたまひぬ。
60 しゆさばくなかみづいづみつくり、みづそゝがんがためたかやまいたゞきに、かはながでしむるみづうみつくたまへり。
61 しゆひとつくり、そのからだうちこゝろき、これにいきいのちちしきとをあたへ、
62 またぜんのうなるかみれいあたたまへり。すべてのものをつくり、かくれたるところにあるかくれたるものをさぐたまふものは、
63 なんぢらおもんぱかりなんぢらこゝろにあるおもひとをたまふ。つみをかしてそのつみかくさんとするものはわざはひなるかな。
64 しゆは、まことなんぢらのすべてのわざさぐり、なんぢらをこと〴〵はづかしめたまはん。
65 そのときなんぢらのつみひと〴〵まへあらはれて。なんぢはづかしめられん。またそのなんぢらのつみなんぢらをうつたふるものとならん。
66 なんぢなにさんとするや、なんぢらいかでなんぢらのつみかみみつかひたちとのまへかくすことをんや。
67 よ、かみさばきぬしなり。かれおそれよ。なんぢらのつみり、なんぢらふぎわすれ、これらのものにかゝはるな。さらばかみなんぢらをみちびきてすべてのなやみよりすくいだたまはん。

68 よ、なんぢらのうへに、おほいなるむれいきどほりゆ。かれらなんぢらのうちなるあるものともなり、またぐうざうに、ささげられしものをもてなんぢらをやしなはん。
69 かれらくみするものあざけりのゝしりとをけ、かれらあししたみにじられん。
70 もろ〳〵ところに、またつぎよりつぎまち〳〵に、しゆおそるるものたいするおほいなるはくがいおこらん。
71 かれくるへるものごとくに、いまなほしゆおそるるものををかし、これをほろぼしてそのひとりをだにゆるさざるべし。
72 かれしゆおそるるものざいさんぶんどりものとなし、かれらをそのいへよりおひいださん。
73 そのとき、わがえらびたるものは、きんこゝろみらるるがごとくにこゝろみらるべし。
74 しゆいひたまふ。わがせんみんよ、け。よ、なやみちかづけり、われなんぢらすくはん。
75 おそるな、ためらふな、かみなんぢらのみちびきてなり。
76 しゆなるかみいひたまふ。わがいましめとわがのりとをまもものよ、なんぢらつみしたじきとなるな。なんぢらふぎかしらもたげしむな。
77 わざはひなるかな、かたつみつながれ、ふぎおほはれたるものども。かれらやぶをもてふさがれしごとく、いばらにておほはれしみちごとし。ひとこれをくことあたはず。
78 それはとざされて、つくさるるなり。