エズラ第二書 第十五章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > エズラ第二書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十五章[編集]

1 しゆいひたまふ。なんぢくちにわがれんとするよげんことばを、わがたみみゝかしめよ。
2 ことばまことなれば、これをかみしたゝめよ。
3 たみらなんぢむかひてくはだつるたばかりおそるな。かれらふしんかうゆゑこゝろわづらはすな。
4 すべてふしんかうものはそのふしんかううちなん。

5 しゆかくいひたまふ。よ、われちじやうあしことすなはつるぎききんほろびとをもたらさん。
6 そはふぎちじやうくははり、かれらのそこなわざちじやうあふれたればなり。
7 さればしゆかくいひたまふ。
8 いまよりのちふけいけんゆゑかれらのなすしきわざのために、われもはやもださじ。またかれらのふぎりてなすしきわざのためにわれもはやかれらしのばじ。よ、つみなきたゞしわればはり、たゞしひとたましひこゑつねにわがもとのぼきたる。

9 しゆかくいひたまふ。われまことかれらさばきてつみなきのかれらうちよりけん。
10 よ、わがたみむれごとほふりばかれゆく。われいまよりのち、これをエジプトのませじ。
11 われつよたかかひなとをもてかれらみちびいださん。またわれはじめになせしごとく、エジプトにばつかうむらせ、そのすべてのほろぼさん。
12 ねがはくはエジプトとそのもとゐしゆくださんとするこらしめけいばつとのゆゑなげかなしまんことを。
13 ねがはくはかれらたねき、かれらはやてあられおそるべきほしとのためにあらされて、たがやのうふどもなげかなしまんことを。
14 わざはひなるかな、とそのなかもの
15 つるぎかれらほろびちかづけり。たみたみあひたゝかはんがため、つるぎちてたん。
16 ひと〴〵あひだみだれおこるべし。またひと〴〵たがひつよくなり、そのちからたのみて、わうたちをもおほいなるきみたちをもないがしろにせん。
17 ひとまちらんとすともることあたはじ。
18 たかぶりのためにかれらのまちさわぎ、そのいへほろび、ひと〴〵おそれん。
19 ひとそのとなりあはれまず、かてともしきおほいなるなやみとのために、つるぎをもてそのとなりいへをかし、かれらもちものうばはん。

20 かみいひたまふ。よ、われのすべてのわうたちをあつめ、づるところみなみひがしとレバノンとにたみらたしめ、かれらたがひそむかしめ、そのなせしことむくいをなさしめん。
21 かれらこんにちいたるまでわがせんみんになせしがごとく、われかれらになして、これをかれらふところかへさん。しゆなるかみかくいひたまふ。
22 わがみぎつみをかすものをゆるさじ。うへつみなきもののながひと〴〵ゆゑにわがつるぎむことあらじ。
23 かれのいかりよりでてゆるわらごとく、もとゐつみびとらとをつくさん。
24 わざはひなるかな、つみをかし、わがいましめまもらざるものよと、かみいひたまふ。
25 われかれらをゆるさじ。だらくせるこらよ、われはなれ。わがせいじよけがすな。
26 しゆおのれつるものたまふがゆゑに、かれらほふりとにわたたまふ。
27 しきことぜんちのぞみて、かれらうちとゞまらん。かみおのれむかひてつみをかせしなんぢらすくたまはじ。

28 よ、おそるべきまぼろしづるところよりあらはる。
29 アラビヤのたつたみおほくのせんしやきたる。そのでたつよりしつたこゑちじやうとゞろく。これをひとみなおそおのゝかん。
30 いかりくるへるカルモニびとゐのしゝごとで、おほいなるちからをもてきたる。かれらたつたみたゝかひ、そのをもてアツスリヤのいちぶあらさん。
31 しかしてのちたつどもおのすじやうおもひてそのたしかひしようりん。もしかれらそのおほいなるちかちたよりてカルモニびとむるけいくわくてなば。
32 カルモニびとなやみてかれらいきほひゆゑもだし、めぐらしてにげさらん。
33 アツスリヤのくによりひそかうかゞものでてかれらかこみ、そのひとりたふさん、かくてかれらぐんぜいうちおそれおのゝきおこり、かれらわうたちにたいしてみだれおこらん。
34 よ、ひがしよりまたきたよりみなみいたるまで、いかりあらしとにててる、るもおそろしきくもでたり。
35 これらくもたがひしやうとつして、おほいなるほしすなはおのほしちじやうおとさん、そのときつるぎよりながれてうまはら
36 またひともゝらくだあしおよぶべし。
37 ちじやうにはおほいなるおそれとおのゝきおこらん。そのいかりひと〴〵おそおのゝかん。
38 そののちみなみより、きたより、またにしあるはうがくよりおほいなるあらしおこらん。
39 ひがしよりのつよかぜは、ひがしくにみいかりをもておこされしくもとをめん。またひがしかぜをもてほろびきたらせんとせしほしみなみにしかたひやられん。
40 ぜんちと、ものとをほろぼさんがために、いかりちたるつよおほいなるくもほしげられん。かれらたかたふとものうへに、おそるべきほしと、
41 あられつるぎおほみづとをあふれしめん。すべてのへいちとすべてのかはとは、そのみづのあふれによりてあらされん。
42 かれらまちいしがきやまをかはやしまきばくささくもつとをほろぼさん。
43 かれらそのゆるめずバビロンにまでいたりてつひにこれをほろぼさん。
44 かれらバビロンにきたり、そのなかめぐり、そのうへほしとすべてのいかりとをそゝいださん。そのときほこりけむりてんにまでのぼり、すべてのひとそのまはりちてなげかん。
45 しかしてそのなかのこれるひと〴〵、バビロンをおそれしめたるものつかへん。

46 アジヤよ、なんぢはバビロンのうつくしさとそのえいくわうとをともけたり。
47 わざはひなるかな、あはれむべきものよ。なんぢおのれをバビロンのごときものとなせり。なんぢはなんぢむすめたちをいんかうをもてかざれり。かれらはなんぢあいするものすなはなんぢつぬともいんかうおこなはんことをほつするものどもをよろこばせ、これをくわうえいとせり。
48 なんぢにくむべきいんかうおこなひしものの、すべてのわざとすべてのたくらみとのあとめり。
49 ゆゑかみかくいひたまふ。われなんぢうへしきことおくらん。すなはやもめぐらしまづしきききんつるぎえきびやうなり。これらのものによりてなんぢらのいへて、ほろびとにいたらん。
50 なんぢおくらるるあつさのぼきたらんときなんぢちからくわうえいはなごとくにしぼまん。
51 なんぢむちをもてよわくせらるるいやしきをんなごとく、きずをもてこらしめらるるものごとくならん。さればなんぢ、なんちのちからあるものとなんぢあいするものとをくることあたはじ。
52 しゆかくいひたまふ。われあにねたみをもて、なんぢむかかんや。
53 なんぢつねにわがせんみんころし、なんぢむちよろこび、さけひたるとき ししやむかひて、
54 『なんぢかほうるはしさをかへせ』といはざりしや。
55 あそびめあたひなんぢのふところにあれば、なんぢそのむくいけん。
56 しゆいひたまふ。なんぢわがせんみんになせしごとく、かみなんぢむくい、なんぢしきわざわたさん、
57 なんぢらはききんによりてほろび、なんぢつるぎによりてたふれ、なんぢまちこぼたれ、なんぢのすべてのもの、おいつるぎのためにたふれん。
58 やまものききんのためにほろびん。かれらパンとみづとのなきために、おのれらにくくらひ、おのれらまん。
59 すべてのものにまさりてふかうなるなんぢは、きたりてふたゝあくけん。
60 かれらかんとするときに、おこたれるまちおかし、なんぢくにいちぶほろぼし、なんぢえいくわうあるところほろぼしてのちふたゝびほろぼされたるバビロンにかへきたらん。
61 なんぢかれらまへもみがらごとくなりて、かれなんぢまへごとくならん。
62 かれなんぢまちみつくし、なんぢなんぢやまなんぢはやしなんぢむすとをかん。
63 かれなんぢらをとりこにし、なんぢとみぶんどりものにして、なんぢかほさかえほろぼさん。