エズラ第二書 第十二章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > エズラ第二書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十二章[編集]

1 しゝこれらことばわしかたりしあひだ
2 われつつありしに、よ、のこりしかしらせて、そのかしらちかづきしふたつのつばさわうとならんとてちあがれり。そのくにちひさく、さわぎにててり。
3 われしに、よ、これらのものもせ、わしぜんしんかれたれば、いたくおどろけり。われこゝろおほいなるおのゝきおほいなるおそれとのためにめさめてわがれいへり
4 『よ、なんぢいとたかきものみちたづぬればこそこれらのことをわれになせしなれ。
5 よ、わがこゝろつかれ、わがれいいたくよわり、こよひわがかんぜしおほいなるおそれのためにわれすこしのちからのこらず。
6 さればわれいま、われををはりまでつよたまはんことをいとたかきものいのらん。』
7 われいふ『しゆよ、わがしゆよ、われなんぢみまへめぐみおほくのひとまさりてなんぢともとせられ、またわがいのりまことみかほまへのぼるをば、
8 ねがはくはわれつよめたまへ。わがたましひまつたなぐさめんがために、このおそるべきまぼろしこゝろあかしたまへ。
9 しゆわれを、ときいやはてをはりとをしめさるるにふさはしきものとみとたまひしにあらずや。』
10 かれわれにいふ『なんぢまぼろしときあかしはこれなり。
11 なんぢうみよりのぼりしわしは、なんぢきやうだいダニエルのたるまぼろしうちあらはれたるだい四のくになり。
12 されどいままぼろしなんぢあかすがごとくには、かれにはそのときあかしあたへられざりき。
13 よ、きたらん、そのときうへに、くにおこりて、いままでりしすべてのくによりもおそるべきくにとならん。
14 そのくにうちあひついで十二のわうたちおこらん。
15 そのだい二のわうは十二のいづれにもまさりて、ながわうたるべし。
16 なんぢし十二のつばさときあかしつぎごとし。
17 なんぢそのかしらよりにあらでそのからだまなかよりでしこゑきたるゆゑはこれなり。
18 そのくにさだまりたるときなかばおいて、おほくのわかれおこり、そのくにたふれんとするほどかたむかん。されどそれはなほたふれずしてふたゝもとのさまにかへらん。
19 なんぢわしつばさきたるつのつばさたるこゝろはこれなり。
20 そのくにうちに、ときみぢかく、ちせいながからざる八にんわうおこらん。
21 ときなかばおよびて、そのくにのうちのふたつのくにほろび、つのくにはそのをはりちかづかんとするときまでたもたれん。ほかの二つのくにをはりまでたもたるべし。
22 なんぢうごかざるつのかしらせつめいごとし。
23 をはりに、いとたかきものは三にんわうおこして、そのくにうちおほくのものをあらたにし、をさめしめん。
n24 かれらおのれらまへきたりしものどもにまさりて、おほいなるこんなんをもてものをさめん。このゆゑかれらわしかしらばる。
25 かれらはそのふぎあらたにし、そのをはりまつたうすべし。
26 なんぢそのうちおほいなるかしらせたるをしは、そのうちひとりおほいくるしめられてそのとこうへになんとのこゝろなり。
27 のこされたるふたりをばつるぎつくさん。
28 ひとりのもののつるぎそのともたふし、をはりにはひとりのものたふされん。
29 なんぢみぎかたにありしかしらうへふたつのつばさのぼりゆくをたるこゝろはこれなり。
30 これらのものは、いとたかきものをはりまでまもりたまふものなり。これはなんぢさはぎてるちひさくになり。
31 なんぢまたはやしよりおこり、たけりてわしにものいひ、なんぢきしごとく、そのふぎとそのすべてのことばとのゆゑに、そのわしいましめししゝたり。
32 これはメシヤ(あぶらそゝがれたるもの)なり。いとたかきものかれをはりまでたもたまはん。かれはダビデのすゑよりおこり、きたりてかれらにものいひ、かれらをそのふぎとそのふせいとのゆゑいましめ、かれらのまへにそのづべきおこなひやまごとくにかさねん。
33 かれはじめかれらけるままそのさばきのぞませ、これをめてのちかれらほろぼさん。
34 かれはわがたみのこれるもの、すなはちわがくにさかひうちなるほろぼされざりしものあはれみてすくはん。またかれは、をはりときすなはちわがさきなんぢかたりしさばききたるまでかれらよろこばしめん。
35 これはなんぢゆめとそのときあかしなり。
36 なんぢのみいとたかきものひみつるにふさはし。
37 さればなんぢこれらのすべてのことふみしたゝめてそのふみをひそかなるところかくせ。
38 しかしてなんぢたみうちさとものすなはこれらひみつこゝろうちをさめてまもひと〴〵これをしへよ。
39 なんぢなほいとたかきものしめたまはんとするほかことしめされんがために、こゝなぬかあひだとゞまれ。』かれわれはなれたり。

40 そのとき、すべてのたみなぬかぎたるに、われいまみやこかへらずとき、せうよりだいいたるまであつまりてもときたり、かついふ
41 『なんぢわれらをててこゝするは、われなんぢさからひていかなるつみをかせしによるか。なんぢたいしてわれらなにふぎおこなひしや。
42 すべてのよげんしやうちなんぢのみみのりどきぶだうふさごとく、やみなかかゞやひかりごとく、あらしへしふねへのいのちみなとごとく、われらのためにのこされたり。
43 われらおこりししきことは、われらのためにもはやれるにあらずや。
44 なんぢもしわれらつるならば、シオンのかれしときわれらかれしかたかりしものを。
45 われらは、そこにてにしひと〴〵よりもきものにはあらず。』かれらこゑげてけり。
46 われこたへてかれらにいふ『イスラエルよ、こゝろやすかれ。ヤコブのいへよ、なげくな。
47 なんぢらはいとたかきものみまへおぼえられ。いとつよきものなんぢらをとこしへわすたまひしにあらず。
48 われなんぢらてたるにあらず。またなんぢらよりとほざかれるにあらず。シオンのあれすたれのためにいのり、またひくくせられたるなんぢらのせいじようへじひたまはんことをいのらんがために、われこゝきたれるなり。
49 さればなんぢらおの〳〵そのいへかへるべし。われこれらのちなんぢらかん。』
50 たみわがいひしごとみやこけり。
51 われみつかひめいぜしごとく、なぬかあひだみてはなのみをくらひ、それらあひだあをくさわがかてとなれり。