エズラ第二書 第十三章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > エズラ第二書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十三章[編集]

1 なぬかのち、われよるゆめしに、
2 よ、うみなみらすかぜうみよりおこりたり。
3 われしに、よ、このかぜひとかたちたるものうみよりともなきたれり。われしに、よ、そのひとひとてんくもりてきたり、ひとかへりみんとてそのかほけたるに、かれしたえたるすべてのものおのゝけり。
4 かれこゑでしとき、これをけるすべてのものらうをうけしときするがごとくにせたり。
5 こののちわれしに、よ、かぞつくすことあたはざるほどむれうみよりのぼれるそのひとたゝかはんがためにてんよもかぜよりあつまきたれり。
6 われしに、よ、そのひとみづかたかやまきざみてそのうへあがれり。
7 われそのやまきざいだされしばしよんとせしが、あたはざりき。
8 そののちわれしに、よ、かれたゝかはんとてあつまれるすべてのものいたくおそれたり。
9 よ、かれはそのおしよするぐんじゆういきほひしも、そのをもげず、そのやりをもらず。またなにぶきをももちひず、
10 たゞそのくちよりこうずゐごときものをいだし、そのくちびるよりほのほかぜき、そのしたよりあらしひばないだせり。
11 こうずゐかぜはげしきあらしこれらのものみなまじりてひとつとなり、たゝかひそなへをなせるぐんしゆういきほひうへちかゝりてかれらこと〴〵つくせり。これがためにそのおほいなるぐんじゆうほろびてはいけむりにほひとのほかなにのこらざりき。われこれをおどろけり。
12 そののちわれ、そのひとやまよりくだりておだやかなるぐんじゆうおのれのためにあつむるをたり。
13 かれもとおほいなるぐんじゆうのぼきたりしが、あるものよろこび、あるものかなしみ、あるものつながれ、あるものそなへらるべきひと〴〵ともなきたれり。われおほいなるおそれによりてさまし、いとたかきものいのりていひぬ
14 『なんぢはじめよりしもべこれらおどろくべきことをしめたまひ、またわれを、わがいのりけらるるにふさはしきものみとめたまへり。
15 いまわれに、このゆめときあかししめたまへ。
16 われおもふに、そのときまでのこものわざはひなるかな、またそのときまでのこらざるものさらわざはひなるかな。
17 それらのこらざるものかなしむべし。
18 かれらをはりのこひと〴〵のためにたくはへられたるものをれども、おのれらはこれにたつするをざるなり。
19 されどそのときまでのこれるものわざはひなるかな。そはかれらこれらゆめしめごとおほいなるあやふきおほくのくるしみとをるべければなり。
20 されど、をはりときおこらんとすることず、くもごとよりかんよりは、あやふきにかこまるるともそれにのぞまんかたむしろよりしきなり。』
かれわれにこたへていふ
21 『われなんぢまぼろしときあかししめし、なんぢかたられしことをなんぢあらはさん。
22 なんぢのいひしのこれるひと〴〵につきてのときあかしはこれなり。
23 そのときあやふきへしひとは、ぜんのうしやたいしてわざしんかうとをもてあやふきおちいりたるひと〴〵まもらん。
24 ゆゑなんぢるべし。にしひと〴〵よりもをはりときまでのこれるひと〴〵さいはひなり。
25 こればまぼろしときあかしなり。うみなかよりのぼきたれるなんぢしかのひとは、
26 これいとたかきものひさしきあひだまもりしひとなり。
ひとりていとたかきものそのつくられたるものをすくひ、またをはりまでのこものをさめたまはん。
27 なんぢごとく、そのひとくちよりかぜらあ[あら]しで、
28 やりをもぶきをもたずして、かれは、おのれたゝかはんとてきたれるおほいなるぐんじゆうほろぼしたり。このことときあかしつぎごとし。
29 よ、いとたかきものものすくはじむるたらん。
30 おほいなるおそれものうへきたらん。
31 そのときまちまちところところたみたみくにくにおのおのたゝかひそなへをなさん。
32 これらことらんとするときまたわがなんぢしめせししるしじやうじゆせんとするときひとかたちをもてのぼきたりしなんぢたるわがあらはされん。
33 そのとき、すべてのたみそのこゑかば、おの〳〵そのくにをもまたそのそなへしたゝかひをもてん。
34 またなんぢごとく、かれさからひてたゝかはんとするかぞつくすことあたはぬほどおほいなるぐんじゆうあつまらん。
35 かれシオンのやまいたゞきたん。
36 なんぢによらでいだされたるかのやまごとくに、そなへられ、またてられたるシオンきたりて、すべてのひとしめされん。
37 わがふぎをなさんためにきたれるたみらあらしごときものをもてめん。
38 またかれらしきおもひと、かれらくべきほのほごとくるしみとをかれらまへき、になぞらへらるるおきてをもて、らうすることなくかれらほろぼさん。
39 かれおだやかなるむれあつめしをなんぢたり。
40 これは、アツスリヤのわうシヤルマネセルがホセアのときとりことしてイスラエルのくによりいだせしとをわかれなり。シヤルマネセルかれらをかはかなたうつし、かれらをほかくにうごかしたり。
41 されどかれらおのれらのみにてたがひはかり、いはうじんむれて、いまひとまざるくにきてそこにすまひ、
42 おのれらくににてまもられざりしおきてそこいたりてまもらんとせり。
43 かれらはユフラテがはせまみちによりてそこにれり。
44 そのときいとたかきものかれらのためにことなるしるしおこなひ、かれらわたをはるまでかはみなもととゞめたり。
45 そのくにいたるまで一ねんはんながみちのりあり。そのは「アザレス」とばる。
46 かれらをはりときまでそこみ、いまふたゝかへはじむ。
47 いとたかきものかれらわたらんがためにふたゝかはみなもととゞめたまふ。さればなんぢそのむれおだやかあつまりたるをたるなり。
48 しかるに、なんぢたみのこさるるものはわがせいなるさかひうちみいださるるものなり。
49 さればかれあつまりたるたみらむれほろぼさんとするときのこれるたみまもたまはん。
50 しかしてかれ、そのときかれらおほいなるしるししめたまはん。』

51 われいふ『しゆよ、わがしゆよ、うみなかよりのぼひとをわがしはなにゆえぞや、これわれしめたまへ。
52 かれわれにふ『ひとうみそこにあるものをることあたはざるがごとく、うへむものも、そのきたらずば、わがおよびわがともものることあたはず。
53 これはなんぢゆめときあかしにして、なんぢのみこれがためにくわうみやうたり。
54 なんぢおのれみちてわがみちとわがおきてとをきはめんとつとめたり。
55 なんぢなんぢしやうがいちゑのうちにおくり、またちしきなんぢはゝべり。
56 ゆゑわれこれをなんぢしめせり、そはいとたかきもののもとにむくいたくはへあればなり。みつかのちに、われなんぢにほかことかたり、ちからあるおどろくべきことをしめさん。』
57,58 そのときわれときしたがひてなされたるおどろくべきわざゆゑに、またときべ、そのときうちおこることををさたまふがゆゑに、いとたかものさんびえいくわうとをしてけり。しかしてわれそこに三あひだすわたり。