エズラ第二書 第十一章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > エズラ第二書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十一章[編集]

1 そののちふつかめ、われゆめしに、よ、うみより十二のつばさつのかしらてるわしのぼきたれり。
2 われしに、よ、そのわしつばさうへひろげたるに、そらかぜくもこと〴〵かれむかひてせられたり。
3 われしに、そのつばさよりほかつばさでて、こまかちひさつばさとなれり。
4 そのわしかしらうごかず、まなかかしらかしらよりおほいなるも、同じくうごかざりき。
5 われしに、よ、そのわしおよものうへわうたらんがために、そのつばさをもてまはれり。
6 われしに、てんしたのすべてのものそのわししたがへり。にあるすべてのもののうちに、このわしさからふものえてなかりき。
7 われしに、よ、そのわしあしつめにてち、つばさむかこゑいだしていふ
8 『きてぜんちをさめよ。されどいまやすめ。すべてのものどうじめさるな。おの〳〵おのところねむり、ときしたがひてますべし。
9 されどかしらをはりまでたもたるべし。』
10 われしに、よ、そのこゑかしらよりでず、そのからだまなかよりでたり。
11 われそのちひさつばさかぞへしに、そのかずつなりき。
12 われしに、よ、みぎかたよりひとつのつばさおこりてぜんちうへわうとなれり。
13 そのつばさわうとなれるのちをはりきたりてそのつばさもそのありかえずなりぬ。このつばさつゞきてほかつばさおこり、ながときあひだぜんちわうとなれり。
14 つばさわうりてのちさきつばさおなじく、えずなりて、またそのをはりきたれり。
15 よ、こゑでてかれにいふ
16 『なんぢながたもちしものよ、なんぢほろぼさるるまへわれこれをなんぢつたへん。
17 なんぢのちきたるものは、たれなんぢときたつするもの、またなんぢときなかばにもたつするものなからん。
18 そのときだい三のつばさおこりてさきつばさおなじくわうゐりしが、これもせたり。
19 ほかつばさおの〳〵さきつばさおなじくわうくらゐしも、ふたゝあらはづることなかりき。
20 われしに、よ、やがてちひさつばさみぎかたにもおこりて、をさめたり。そのうちあるものしばらわうとなりしも、たちませたり。
21 かれらのうちあるものくらいきしも、おさめざりき。
22 そののちわれしに、よ、その十二のつばさせ、またふたつのちいさきつばさせたり。
23 そのときわしからだにはうごかざるつのかしらつのちひさきつばさほかに、なにのこらざりき。
24 われしに、よ、そのつのちひさつばさなかよりふたつはわかれてみぎかしらしたのこり、つはもとところとゞまれり。
25 われしに、よ、これしたなるつばさたちてわうこゝろおこせり。
26 われしに、よ、ひとつのつばさおこりてたちませたり。
27 だい二のつばさもたちしが、これだい一のつばさよりもはやく、たゞちにせたり。
28 われしに、よ、のこりたるふたつのつばさわうたらんとのこゝろおこせり。
29 かれらこのこゝろおこせしときよ、まなかにありしうごかざるかしらひとめさめたり。これはふたつのかしらよりもおほいなりき。
30 われこのかしらほかふたつのかしらおのれあはせたるをたり。
31 よ、そのかしらともにありしかしらとともにかへりて、わうとならんとせしふたつのしたなるつばさくらつくせり。
32 かしらぜんちめ、おほいなるしへたげをもてものをさへ、そのさきりしすべてのつばさまさりておほいなるちからてり。
33 のちわれしに、よ、まなかりしかしらつばさおなじく、にはかせたり、
34 されどふたつのかしらのこりておよものうへわうとなれり。
35 われしに、よ、みぎかたりしかしらひだりかたりしかしらくらつくせり。

36 そのときわれものいふこゑけり。そのこゑいふ『なんぢまはりみまはし、そのるところのことをわきまへよ。』
37 われしに、よ、はやしなかよりしゝごときものでてゆ。かれわしむかひ、ひとこゑいだしてものいふをわれけり。
38 『け、われ.なんぢにいはん。いとたかものなんぢかたたまはん。
39 なんぢは、わがをさめんがため、またわがときをはりきたらしめんがため、わがつくりしつのいきものうちよりのこされしいきものにあらずや。
40 だい四のいきものなるなんぢきたりてりしほかのものにち、おほいなるおそれあたへてをさめ、またおほいなるしへたげをもてをさめ、いつはりをもてながうへめり。
41 なんぢまことによらずしてさばけり。
42 なんぢにうわなるものくるしめ、へいわなるものいため、まことをいふものにくみ、いつはりをいふものあいし、むすものすまひこぼち、なんぢそこなはざるものいしがきたふせり。
43 ゆゑなんぢたかぶりいとたかきものみまへのぼり、なんぢほこりいとつよきものみまへのぼれり。
44 いとたかものおのときみたまひしに、よ、そのときをはり、そのまつたうせられたり。
45 さればなんぢまつたほろぼさるべし。わしよ、なんぢのいとたかつばさも、ちひさしきつばさも、むごかしらも、しきつめも、にくむべきぜんしんこと〴〵ほろぼさるべし。
46 これすべてのあらびよりのがれてやすきつくりぬしさばさいつくしみとをんがためなり。』