エズラ第二書 第八章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > エズラ第二書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第八章[編集]

1 かれわれにこたへていふ『いとたかきものは、このをばおほくのひとのために、きたらんとするをばわづかひとのためにつくたまひたり。
2 エズラよ、われなんぢまへたとへかたらん。もしはば、なんぢに、つちうつはつくつちおほづれども、きんいだすなすくなしといはん。こののわざもこれにおなじ。
3 おほくのひと〴〵つくられたれど、すくはるゝものすくなし。』
4 われこたへていふ『わがたましひよ、ちしきみ、ちゑくらへ。
5 なんぢしばしあひだのみここにくるをゆるされたれば、よろこばずしてここにきたり、またのぞまずしてここをるなり。
6われらうへいましゆよ、ねがはくは、われらのこゝろたねあたへ、われらのさとりつちかひ、むすばしめんがためにいのることをなんぢしもべゆるしたまへ。これによりてひとかたちけがれたるすべてのものきん。
7 しゆゆゐいつなり。われらはなんぢのいひしごとみてひとつのわざなり。
8 しゆたいうちつくれるからだいのちあたへ、またえだあたたまふ。なんぢつくたまひしものは、みづとのうちまもられ、またそのうまれんとするものを、九ヶげつあひだたいないたもつなり。
9 まもものまもらるるものも、ひとしくなんぢみまもりのうちにまもられん。のちに、たい、そのうちつくられしものいだとき
10 なんぢそのはゝからだえだなるちぶさをしてちゝいださしめ、
11 これによりてしばしあひだ、そのうちつくられしものやしなはれ、そののちなんぢあはれみによりてこれをまもりたまはん。
12 なんぢたゞしきをもてこれをやしなひ、おきてをもてこれをそだて、みこゝろをもてこれをいましめたまふ。
13 なんぢつくりしものとしてこれをなしめ、またみわざとしてこれをかしたまふ。
14 かくのごとおほいなるらうくをもてつくられしものを、みことばをもてかくもたやすほろぼしたまふとせば、なにとてこれつくたまひしぞ。
15 われいはん、べてのひときてなんぢたまふ。されどわれ、わがこゝろいたなんぢたみにつきて、
16 わがかなしなんぢさんげふにつきて、わがなげくイスラエルにりつきて、わがくるしむヤコブのすゑにつきて、われいはん。
17 われらだらくあきらかなれば、われなんぢまへおのれのためまたかれらのためにいのらん。
18 きたらんとするさばきすみやかなることをわれけり。
19 ねがはくは、わがこゑき、わがことばさとりたまへ、われなんぢまへかたらん。』
エズラのげられしまへことば。エズラいふ。
20 『しゆよ、しゆとこしへいます。しゆたかげられ、しゆみすまひそらり。
21 しゆみくらはかがたく、しゆみさかえはさとりがたし。しゆみまへてんばんぐんおのゝきてち、
22 しゆめいによりてかれらかぜとのかたちへらる。しゆみことばまことにして、しゆのいひたまところうこかず。しゆみことのりかたく、しゆいましめかしこし。
23 しゆみかほふちかわかし、しゆみいかりやまかし、しゆまことあかしをなす。
24 しゆよ、しもべいのりきたまへ。しゆつくたまひしものねがひみゝかたむけたまへ。
25 わがことばをみそなはしたまへ。われくるあひだかたり、さとりあるかぎりこたまつらん。
26 ああみたみつみおもたまなかれ。まことなんぢつかまつものおぼたまへ。
27 しきことをなすもののわざかへりみずして、くるしみうちにもなんぢいましめまもりたるものかへりみたまへ、
28 なんぢまへいつはりてあゆみしものおもはず、よろこびてなんぢかしこきをりしものおぼたまへ。
29 かちくごとくふるまひしものほろぼすことをよろこたまはず、みおきてあきらかにをしへしものをみそなはしたまへ。
30 けものよりもしくおもはるるものいかりたまはずして、つねしゆえいくわうたよりしものあいしたまへ。
31 われらとわれらのせんぞたちはいたみちあゆみたれど、しゆわれらつみびとゆゑに、あはれみふかものとなへられたまふ。
32 われらにはたゞしきわざなけれど、しゆもしわれらあはれみほどこみこゝろあらば、しゆあはれみふかものと、となへられたまはん。
33 なんぢみもとおほくのわざたくはへたるたゞしきものおの〳〵わざによりてむくいをうけん。
34 ひといかなるものなればこれいきどほたまふや。ちはつべきひといかなるものなれば、にがきをもてこれをあしらたまふや。
35 うまれしものうちひとりだにしきをおこなはざりしものなし。またなんぢえらびしものなかつみをかさざりしものなし。
36 しゆよ、おこなひとみをもたぬものたいして、あはれみほどこたまはば、これによりてなんぢたゞしきめぐみとはつたへられん。』
37 かれわれにこたへていふ『なんぢのいひしことばうちあるものはければ、そのごとくにならん。
38 われつみをかせしものかたちと、と、さばきと、そのほろびとをおもはずして、
39 たゞしきものかたちとそのじゆんれいと、そのすくひと、そのくべきむくいとをよろこばん。
40 ゆゑにわがいひしごとくにらん。
41 のうふうらおほくのたねき、おほくのなへゑたれど、ときいたりて、なほそのたねとそのなへとはすくはれず、またすべてのゑしものもねつかざるがごとく、このかれしひと〴〵こと〴〵くはすぐはれじ。』
42 われこたへていふ『もしわれみまへめぐみなば、われいはん。
43 のうふたねときいたりてあめけず、あるひあめおほきがゆゑに、そのびずして、そのたねつることあらん。
44 かくのごとひとみてわざにして、なんぢたるものなんぢかたちとなへられ、すべてのものかれのためにつくられたれど、なんぢかれのうふたねなぞらたまへり。
45 しゆよ、なんぢなんぢつくたまひしものをあはれたまへば、われらをいかたまなかれ。みたみゆるし、なんぢゆづりあはれたまへ。なんぢみづかつくたまひしすべてのものをあはれたまふ。』
46 かれわれにこたへていふ『いまのものはいまひとのため、のちのものはのちよらひとのためなり。
47 われよりもわがつくりしものをあいするは、なんぢなほらぬところあればなり。なんぢしば〴〵ふぎちかづけり。はかくあるべきにあらず。
48 されどなんぢはこれによりて、いとたかきものみまへほまれん。
49 なんぢおほいなるくわうえいんがためにおのれたゞしきひと〴〵なかかぞへず、かへつなんぢにふさはしくみづからをひくくしたればなり。
50 ひとびとおほいなるたかぶりうちあゆみたれば、をはりときに、かれらうへおほくのかなしむべきなやみきたらん。
51 なんぢおのれのためにみづかさとりてなんぢたるものよりえいくわうもとめよ。
52 なんぢらのためにパラダイスはひらかれ、いのちゑられ、らいせいそなへられ、よろこびたされ、みやこてられ、やすきさだめられ、めぐみまつたうせられ、ちゑすでじやうじゆせられたり。
53 なんぢらよりあくふういんせられ、よはきされ、たれ、よみのがれ、くされわすられたり。
54 かなしみりて、とこしへいのちたからをはりあらはれん。
55 さればほろぶるものかずにつきてふな。
56 かれじいうけてのち、いとたかものて、そのおきてのゝしり、そのみちはなれたり。
57 しかのみならず、かれらはしゆせいとふみにじれり。
58 かれらみづかぬべきものなりとりつつ、そのこゝろうちかみしといへり。
59 これらのことなんぢらくるがごとく、かわきくるしみとはかれらのためにさだめられたり。いとたかものは、ひとほろぶるをほつたまはざれど、
60 つくられたるものは、つくりぬしみなけがし、かれらのためにいのちそなたまひしものおんむくいず。
61 さればわがさばきすでちかづきぬ。
62 われこのさばきおほくのものしめさず、ただなんぢなんぢたるわづかひと〴〵とにしめせり。』
63 われこたへていふ『しゆよ、しゆは、をはりみづからなさんとするおほくのしるしわれしめしたれど、そのいつなるかをしめたまはざりき。』