エズラ第二書 第五章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > エズラ第二書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第五章[編集]

1 されどかのしるしにつきて、よ、ものおどろきたらん。そのときまことみちかくされ、しんかうにつきてあれちごとりくにならん。
2 なんぢいまるところ、またかつきしところにまさりてそのふぎくははらん。
3 なんぢいまゆたかなるすたれてひとあとえ、ふたゝさばくとならん。
4 もしいとたかものなんぢくることをゆるたまはば、なんぢみだれたるだい三のくにの、のちありさまることをん。そのときにはかにまよなかかゞやき、つきまひるあらはれ、
5 よりしたゝり、いしそのこゑいだし、たみらさわぎてそのあゆさまへん。
6 またものほつせざるひとをさめ、そらとりともらん。
7 ソドムのうみうをいだして、に、おほくのひとらざるこゑそのうみよりひゞき、
すべてのひとそのこゑかん。
8 おほくのところみだれおこり、しば〴〵でて、けものそのすみかへ、をんなふしぎなるものをまん。
9 あまみづうちしほからみづぜられ、ともそのともたゝかはん。そのときちゑかくされて、さとり、そのすみかしりぞかん。
10 そのときちゑおほくのひとたづねらるれど、みいだされざるべし。またふぎふせつせいうへさん。
11 そのときひとつのくにそのとなりぐにひていはん
せいぎもしくはせいぎおこなひとなんぢうちきしか。」そのくにこたへていはん「しからず」と。
12 そのときひと〴〵のぞめどもそののぞむものあたへられじ。ひと〴〵はたらけどもそのみちさかえじ。
13 われこれらしるしを、なんぢしめすことをめいぜられたり。もしなんぢふたゝいのりて、いまごとなみだながし、なぬかあひだだんじきせば、なんぢこれらのことよりもさらおほいなることをかん。』

14 われめしとき、わがいたくふるひ、わがたましひつかれはてて、うしなへり。
15 さればわれかたりしみつかひわれさゝへ、われなぐさめ、われをわがあしにてたせたり。
16 しかしてふつかめたみをさなるパルテエル、われにきたりていふ『なんぢいづこりしか。なんぢかほなんぞかくかなしげなる。
17 イスラエルはそのとらはれおいなんぢたくせられたるをなんぢらぬか。
18 ちてかてくらへ。ぼくしやそのむれしきおほかみつるごとく、われらをつな。』
19 われかれにいふ『われれ、なぬかあひだわれちかづくな。のちわれきたれ。』かれわがことばきてわれれり。

20 みつかひウリエルのめいぜしごとく、われなぬかあひだだんじきしてかなしめり。
21 なぬかのち、わがこゝろおもふふたゝはなはだしくおもくなれり。
22 わがたましひふたゝさとりれいたされ、いとたかものみまへこれらことばかたはじめたり。
23 『しゆよ、わがしゆよ、のすべてのはやしとすべてのうちよりなんぢひとつのぶだうを、えらたまへり。
24 またぜんちうちよりなんぢひとつのくにえらたまへり。またのすべてのはなうちよりなんぢひとつのゆりえらたまへり。
25 なんぢうみのすべてのふかみよりひとつのかはあふでしめ、またすべてのてられたるみやこうちより、なんぢシオンをなんぢのためにせいべつたまへり。
26 なんぢすべてのつくられたるそらとりうちよりなんぢのためにいちははとけ、またすべてのつくられたるけむのうちよりなんぢのためにいつぴきひつじえらたまへり。
27 なんぢすべてのたみむれうちよりひとつのたみなんぢちかづけたまへり。しかしてなんぢこのなんぢいつくしたみに、すべてのひとしとせらるるおきてあたへたまへり。
28 さればしゆよ、いかなればこのひとつのたみおほくのたみあたへ、ひとつのおほくのものにまさりてはづかしめ、ゆゐいつなんぢのものをおほくのもののうちらしたまひしや。
29 なんぢいましめこばみしものなんぢけいやくしんじたるものみにじれり。
30 もしなんぢ、なんぢのたみをいたくにくたまはば、かれらはなんぢみづからのみてによりてばつせらるべきなり。』

31 われこれらのことをかたりたるのちさきわれきたりしみつかひわがもとつかはされたり。
32 かれわれにいふ『われけ、われなんぢをしへん、こゝろかたむけよ、われさらなんぢをしへん。』
33 われいふ『わがしゆよ、かたたまへ。』かれわれにいふ『なんぢイスラエルのためにいたくこゝろなみましたり、なんぢかのたみつくたまひしものよりもかのたみあいするか。』
34 われいふ『しゆよ、しからず、われかなしみうちにありて、かたれるなり。そは、わがこゝろつねにいとたかものみちさとり、そのみさばきいくばくかをきはめんとしてなやむなり。』
35 かれわれにいふ『あたはぬことなり。』われいふ『わがしゆよ、なにゆゑなるか。われなにとてうまれたるか。われをしてヤコブのくるしみとイスラエルのすゑつかれとをざらしめんがためになんぞわがはゝたい、わがためにはかとならざりしや。』
36 かれわれにいふ『いまきたらぬものをわがためにをしへ、りたるあめしたゝりをわがためにあつめよ、
37 れたるくさをわがためにふたゝしげらせ、とざされたるへやをわがためにひらき、そのなかめられたるかぜをわがためにいだせ。またまたわれこゑかたちしめせ。さすればわれなんぢなんぢんとねがなやみしへさん。』
38 われいふ『しゆよ、わがしゆよ、ひとうちすまひたぬものほかこれらのことをるはたれぞ。
39 われちゑなきものなれば、なんぢわれたまひしこれらこときていかでかたんや。』
40 かれわれにいふ『なんぢいまわがいひしこれらことひとつすらなしざるがごとく、わがさばきをもまたわがたみやくされたるあいをはりをもみいだすことあたはざるべし。』
41 われいふ『しゆよ、たまへ。なんぢすゑとききたるものにこれらことやくたまひたれど、われらのさきりしものまたわれらとわれらのためにきたらんとするものにはいかにぞや。』
42 かれわれにいふ、わがさばきになぞらへん、あとものおそきことなきがごとく、さきものはやきこともなし。』
43 われこたへていふ『なんぢさばきはやめんがために、なんぢぎしものと、いまものと、きたらんとするものとをみなひとときつくあたはざるか。』
44 かれわれにこたへていふ『つくられたるるのはそのつくつぬしまさりていそぐことあたはず、またそのうちつくられんとするものこと〴〵おなときたもつことあたはず。』
45 われいふ『なんぢいかなればしもべに、なんぢつくたまひしものを、みなおなときかならかさんといひたまひしや。もしかれらおなときき、かれらたもば、いまにてもかれらをたもちて、おなときでしむるをべし。』
46 かれわれにいふ『をんなたいひて、これにへ「なんぢにんむに、なにゆゑときことにしてこれをむか」と。をんなに十にんひとときむことをもとめよ。』
47 われいふ『あたはぬことなり。ときことにせざるをず。』
48 かれわれにいふ『われを、ときことにしてはらまるるひと〴〵のためにたいとなせり。
49 こどもむことあたはず。としおいたるひともまたしかり。われかくのごとくわがつくりたるとゝのへたるなり。』
50 われかれひていふ『なんぢわれみちしめたまひたれば、われなんぢまへかたらん。なんぢわれかたりしわれらはゝなほわかきか。あるひとしおいたるか。』
51 かれわれにこたへていふ『まんとするをんなかば、かれなんぢこたへん。
52 かれへ、「いかなればなんぢいまみしものなんぢさきみたるものことなりてたけひくきぞ」と。
53 かれなんぢこたへん「ちからあるわかときうまれしものは、としおいてたいよわりたるときうまるるものことなり」と。
54 なんぢまたかんがへよ、なんぢらはなんぢらのさきにありしものよりもたけひくし。
55 またなんぢらのちきたものもかくのごとくなるべし。これかれらわかときちからせたるおいびとよりうまれたるものなればなり。』
56 われいふ『しゆよ、もしわれなんぢのまへめぐみなば、ねがはくは、たれもちひてなんぢは、なんぢつくたまひしものをがへりたまふかをしもべしめしたまへ。』