エズラ第二書 第二章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > エズラ第二書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第二章[編集]

1 しゆかくいひたまふ。われこのたみどれいたるいへよりみちびいだし、よげんしやたるわがしもべによりてかれらいましめあたへたり。されどかれらくことをほつせずしてわがはかりごとないがしろにせり。
2 かれらみしはゝかれらにいふ。け、わがらよ、われはやもめにしててられたり。
3 われよろこびをもてなんぢらをみちびき、なげきなやみとをもてなんぢらうしなへり。そはなんぢしゆなるかみみまへつみをかし、わがまへにもしきことおこなひたればなり。
4 されどいまわれなんぢらなにをなさんや。われやもめにしててられたり。らよ、きてしゆよりあはれみもとめよ。
5 ちゝよ、われこのらのはゝによりてなんぢあかしてん。そはかれらわがけいやくまもることをほつせず。
6 ねがはくはかれらにみだれおこし、かれらのはゝぶんどりものにしてかれらにすゑをなからしめたまはんことを。
7 かれらわがけいやくなみしたるによりて、いはうじんあひだらされ、かれらのなちうへよりられんことを。
8 わざはひなるかな、アツスリヤよ。なんぢしきものなんぢうちかくす。ああしきたみよ、わがソドムとゴモラとになせしことおぼえよ。
9 かれらやにつちくれはいやまとをもておほはれたり。われかざるものわれかくなさんとぜんのうしゆいひたまふ。

10 しゆ、エズラにかくいひたまふ。われイスラエルにあたへんとせしエルサレムのくにをわがたみあたへんとかれらにげよ。
11 われかれらのくわうえいをとりて、かれらのためにわがそなへたるとこしへすみかあたへん。
12 いのちかれらのためにかぐはしきにほひあぶらとならん。かれららうせずまたつかれざるべし。
13 もとめよ、さらばあたへられん。なんぢらのためにひかずちゞめられんこといのれ。くになんぢらのためにすでそなへられたり。ましれ。
14 てんとをびてあかしせしめよ。そはわれあくててぜんつくる。われくるなりとしゆたまふ。

15 はゝよ、なんぢらをいだけ。われかれらはとごとよろこびてみちびかん。かれらあしつよめよ。そは、われなんぢえらべりとしゆいひたまふ。
16 われにしものをそのところよりよみがへらせ、かれらはかよりみちびいださん。そは、われかれらのうちにわがみとめたればなり。
17 おそるな、らのはゝよ、われなんぢえらべりとしゆいひたまふ。
18 われなんぢのためにたすけとしてわがしもべイザヤとエレミヤとをつかはさん。われかれらのすすめにりてなんぢのためにくさ〴〵つ十二ほんきよそなへたり。
19 またわれちゝみつとのながるるおなじきかずいづみおよばらゆりとのゆる七つのおほいなるやまきよそなへたり。これをもてわれなんぢらによろびをたさん、
20 やもめたゞしきをおこなひ、をさなものさばき、まづしきものあたへ、みなしごまもり、はだかなるものせよ。
21 くだかれたるものよわものとをいやし、あしなへあざわらふな。かたわまもり、めしひをわがきよきをあふところらしめよ。
22 おいびとわかものとをなんぢいしがきうちまもれ。
23 なきがらみいだときしるしけてこれはかはうむれ。さすればわれわがよみがへりときなんぢらにじやうせきあたへん。
24 わがたみよ、て、やすんぜよ、なんぢやすみきたらん。
25 うばよ、なんぢらをやしなひ、かれらのあしつよめよ。
26 わがなんぢあたへししもべらひとりだもほろびいたらじ。われかれらをなんぢかずよりもとめん。
27 こゝろわづらはすな、なげきわざはひとのたらんときのものかなむともなんぢたのしみてゆたかにならん。
28 いはうじんなんぢねたむとも、なんぢたいしてなにごとをもなしじとしゆいひたまふ。
29 なんぢらゲヘナをぬやうにわがなんぢおほはん。
30 はゝよ、なんぢらとともよろこべ。われなんぢすくはんとしゆいひたまふ。
31 なんぢねむれるらをおぼえよ。われかれらひそかなるところよりみちびいだして、かれらあはれみほどこさん。そはわれあはれみふかきものなればなりとぜんのうしゆいひたまふ。
32 わがきたるまでなんぢらをいだき、かれちあはれみげよ。わがいづみあふれ、わがめぐみくることなからん。

33 われエズラ、ホレブやまおいて、イスラエルにけとのめいしゆよりけたり。われかれらきたるときかれわれけずしてしゆいましめてたり。
34 さればきてさとるところのいはうじんよ、われなんぢらにいふ。なんぢらのぼくしやて。かれなんぢらとこしへへいあんあたへん。そはをはりきたらんとするぼくしやちかきにいますなり。
35 くにむくいけんがためにそなへをなせ。そは、とこしへひかりよゝかぎりなくなんぢらをてらすべければなり。
36 このくらきのがれて、なんぢくわうえいよろこびをけよ。われおほやけにわがすくひぬしあかしたてまつらん。
37 しゆあたたまふものをけ、なんぢらてんくにたまふものに、よろこびてかんしやをささげよ。
38 きよ、ちてしゆこんれいいんせらるるものかずよ。
39 このくらきよりのがれたるものしゆよりかゞやれいふくけたり。
40 シオンよ、なんぢかずよ。しゆおきてまつたうせし、なんぢしろころもたるものかぞつくせ。
41 なんぢしたひたるらのかずてり。しゆはじめよりしたまひしなんぢらのたみきよめられんがために、しゆみちからいのたてまつれ。

42 われエズラ、シオンのやまおいて、かぞへつくすことあたはざるおほいなるぐんじゆうたり。かれみなうたをもてしゆめまつれり。
43 かれらうちに、のすべてのものよりもたけたかわかものありて、このわかものかれらおの〳〵かしらうへかんむりをかけしに、いとどたかめられたり。われこれをていたくおどろきたり。
44 そのとき、われみつかひひていふ『きみよ、これらものたれなるぞや。』
45 かれこたへてわれにいふ『これものは、ころもぎ、ふしころもて、かみみなみとめたるものなり。いまかれらかんむりいたゞしゆろく。』
46 われみつかひにいふ『かれらかんむりをかけ、そのしゆろあたふるかのわかものたれぞや。』
47 こたへてわれにいふ『かれこそはかみなれ。かれらこのりてかれみとめたり。』こゝにわれ、しゆみなのためにかくつよちたるかれらあがはじめたり。
48 そのときみつかひわれにいふ『きてわがたみなんぢしゆなるかみもろ〳〵おほいなるきせきげよ。』