エズラ第二書 第九章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > エズラ第二書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第九章[編集]

1 かれわれこたへていふ『つとめてなんぢこゝろうちはかれ。さきにいひしあるしるしあるものぎたるを
2 そのとき、いとたかもの、そのつくたまひしかへりたまとききたれりとさとるべし。
3 じしんさわぎたみたくらみつかさらうごききみたちのふあんあらはれんとき
4 これらこそいとたかものつとたまひしことなれとさとるべし。
5 けるつくられたるものは、そのはじめあきらかにして、そのをはりまたあきらかなるがごとく、
6 いとたかものときしかり。すなはちそのはじめことなるわざとちからとにあらはれ、そのをはりむくいしるしとにあらはれん。
7 すくはれたるすべてのもの、またおのれわざあるひはそのしんずるしんかうによりてのがるることをたるものは、
8 さきにいひしあやふきよりまもられ、このおいて、またわがきよめたるくにおいてわがすくひん。
9 そのときいまわがみちけがものおどろき、またわがみちのゝしてしものくるしみのうちにとゞまらん。
10 わがめぐみけつつも、そのけるあひだわれみとめず、
11 じいうたもるもわがおきてのゝしり、
12 またくいあらためのをりひらかれあるも、これをさとらずして、のゝしりたるものは、にてのちくるしみのうちにこれらことおもるべきなり。
13 さればいまよりのちいかなればたゞしからざるものくるしめられざるやとふな。むしろたゞしきひといかにしてすくはるるかをたづねよ。かれらのものにして、かれらのためにつくられたればなり。』
14 われこたへていふ
15 『われさきにこれをいへり。いままたいはん。ほろぶるものすくはるるものよりおほし。
16 これみづひとしづくよりなみおほいなるがごとし。』
17 かれわれこたへていふ『はたあればたねあり、はなあればいろあり、わざあればつくられしものあり、のうふあればうちばあり。
18 ひとむべきいまつくられざりしさき、われいまひとのためにそなへつつありしとき、われさからひてものいひしものなかりき。ひとひとりだにあらざりしゆゑなり。
19 されどいまとこしへくることなきえんもうけられ、またはかるべからざるおきてそなへられたるこのつくられしひと〴〵そのおこなひけがしたり。
20 われわがしに、よ、それはほろびたり。われわがしに、よ、そのうちおこりしたくらみのためにそれはあやふきおちいれり。
21 われかれらて、そのいちぶゆるし、そのふさうちよりひとつぶぶどうすくひ、またそのおほいなるはやしうちよりひともとすくへり。
22 いたづらにうまれしぐんじゆうほろぶべきものなれども、わがおほいなるらうくをもてまつたうせしわがぶどうとわがとはすくはるべきものなり。
23 ともあれなんぢなほなぬかて。
24 (なぬかあひだなんぢだんじきせずして、いへてられざるはなぞのあるき、そのはなのみをくらへ、にくくらはずぶどうしゆまず、ただはなのみをくらひてはなぞのあゆむべし。)
25 たえまなく、いとたかものいのれ、さらばわれきたりてなんぢともかたらん。』

26 われそのめいぜられしごとくアルダテとばるるにはきてそのはななかすわり、そのはたけくさくらひてはらたしぬ。
27 なぬかのち、われくさうへしてさきごとくわがこゝろなやましたり。
28 われくちひらきていとたかきものみまへにものいひはじむ。
29 『しゆよ、しゆわれらのせんぞたちのエジプトよりさばくたりしときまたかれらいまひとあゆみしことなき、れはてたるさばくあゆみたりしときかれらあらはれ、
30 かついひたまへり「イスラエルよ、われけ、ヤコブのすゑよ、わがことばみゝかたむけよ。
31 よ、われなんぢらのうちにわがおきてく、そのおきてなんぢらのうちにむすばん、それにりてなんぢよゝえいくわうけん」と。
32 われらせんぞたちはみおきてけたれどもこれまもらず、またかれらはみいましめまもりたることなし。されどおきてほろびしことなかりき。これそのおきてしゆおきてにして、ほろぶべきものにあらざればなり。
33 おきてけしものはそのうちにかれたるものをまもらざりしがゆゑに、ほろびたるなり。
34 たねけ、うみふねせ、うつはくひものまたのみものる。されど、そのかれたるもの、そのせられたるもの、またそのれられたるものほろぶるとき、
35 たとひこれらのものはほろぶともうつはのこらん。されどわれらにとりてはしからざるなり。
36 おきてけしわれらはこれをうけしわれらのこゝろともつみによりてほろびん。
37 されどみおきてほろびずしてえいくわううちのこらん。』
38 これらのことをこゝろうちにいひしとき、われげしに、みぎかたひとりをんなたり。よ、このをんなごゑげてなげかなしみ、そのたましひいたくなやたり。そのころもやぶれ、そのかしらうへにははいまきらされたり。
39 われわがおもひへ、かのをんなむかひていふ
40 『なんくや、なんなんぢこゝろなやむや。』
41 かのをんなわれにいふ『わがしゆよ、わがこゝろなげきて、
われひくくせられたれば、こゝろゆくまでかなしまんがために、われことをゆるしたまへ。』
42 われかのをんなにいふ『なんぢかなしみなになるか、われかたれ。』
43 かのをんなわれにいふ『はしためは三十ねんあひだをつとともりしもみたることなし。
44 その三十ねんあひだ、われひるよるも、ときときを、かさねて、いとたかきものいのりをささげたり。
45 三十ねんのちかみはしためいのりたまひてわがいやしきをみそなはし、わがなやみかへりみて、われをとこあたへたまへり。そののために、われをつととなりびとみなよろこびてかみえいくわうたてまつれり。
46 われわがおほいなるらうくやしなへり。
47 ときいたりてわれわがのためにつまめとり、こんえんもうけたり。