エズラ第二書 第三章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > エズラ第二書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第三章[編集]

1 みやこほろびたる三十ねんめに、われサラテエル、(すなはちエズラ)バビロンにれり。われとこうへねたりしときこゝろわづらひてさま〴〵おもひむなさきのぼきたれり。
2 そはわれシオンのほろびとバビロンにひと〴〵とみとをたればなり。
3 わがれいいたくうごき、われいとたかものおそれことばかたはじめていふ
4 『ばんもつすべをさめたまふしゆよ、なんぢひとりにてつくたまひしはじめに、みことばはつたまひしにあらずや。
5 またなんぢちりめいたまひたれば、ちりなんぢいのちなきからだすなはちアダムをそなへたるにあらずや。されどアダムはなんぢみてわざなりき。なんぢかれいのちれいれ、かれなんぢみまへけるものとなれり。
6 なんぢあらはれぬさきなんぢみぎゑしパラダイスにアダムをみちびたまへり。
7 なんぢアダムに、なんぢゆゐいついましめあたたまへり。しかるにかれそのいましめをかしたれば、なんぢたゞちにかれのためおよかれしそんのためにそなへたまへり。かれより、かぞつくすことあたはぬほどしよみんしよぞくうまれたるなり。
8 すべてのたみみなおのこゝろまゝあゆみ、なんぢみまへたゞしからぬおこなひをなしてなんぢなみしたれど、なんぢかれらきんたまはざりき。
9 されどとききたるにおよびて、しゆめるものうへおほみづみちびいたらせ、かれらほろぼたまへり。
10 すなはかれらおなさだめあづかれるなり。アダムにきたれるごとかれらうへにはおほみづきたれり。
11 されどなんぢかれらうちひとりひとのこたまへり。すなはちノアおよびそのかぞくすなはかれよりうまれたるすべてのたゞしきものこれなり。
12 さてちじやうむものはじめ、こらたみおほくのやからくははりたるときかれらそのせんぞたちよりもさらはなはだしきふぎおこなへり。
13 かれなんぢみまへつみをかしたるとき、なんぢかれらうちより、ひとりひとえらびたまへり。かれをアブラハムといふ。
14 なんぢかれあいし、よるひそかかれにのみときをはりしめたまへり。
15 なんぢかれとこしへけいやくなすび、かれのしそんとこしへてじとのたまひて、かぬにイサクをあたへ、イサクにヤコブとエサウとをあたたまへり。
16,17 なんちヤコブをなんぢのためにえらびてこれをおほいなるむれとなし、かれすゑをエジプトよりみちびいだししときかれらをシナイやまみちびたまへり。
18 なんぢてんかたむけ、ふるひ、せかいうごかし、ふちふるはせてみだたまへり。
19 なんぢえいくわうは、つのもんとほけり。すなはぢしんかぜさむさとのもんなり。そはなんぢヤコブのすゑおきてあたへ、イスラエルのしそんいましめあたへんとしたまへばなり。
20 されどなんぢなほかれらよりしきこゝろのぞきたまはず。これなんぢおきでをしてかれらうちむすばしめんがためなり。
21 しそアダムしきこゝろたもち、のりをかしてやぶれたり。かれよりうまれたるものみなしかり。
22 これによりてひとよわさ、いつまでものこり、たみこゝろうちおきてともしきのこれり。かくてきものはり、あしきものきたれり。
23 またときぎ、としをはりてのち、なんぢおのれのためにひとりしもべおこたまへり。かれはダビデなり。
24 なんかれに、みなのためにみやこて、そのうちにてなんぢのためにそなへものさゝげんことめいじたまへり。
25 このことりてよりおほくのとしぎたれば、そのみやこものつみをかし、
26 アダムおよびそのしそんのなししごとくすべてのことをおこなへり。そなかれらにもしきこゝろのこたればなり。
27 かくてなんぢ、そのみやこをそのてきわたたまへり。
28 そのときわれわがこゝろにいふ。バビロンにもの、シオンよりもまさりてことをなししために、バビロン、シオンををさむるにいたりしならんか。
29 われここにいたりてかぞつくすことあたはぬほどしきこと、わがたましひこの三十ねんめにも、おほくのひとつみをかすをたれば、こゝろよわりたり。
30 そはわれなんぢいかにして.つみをかものれ、あくおこなものゆるし、またなんぢたみほろぼし、なんぢてきまもり、
31 またなんぢたれにも、これらことさとみちをしたまはぬことたればなり。バビロンのおこなひはシオンのおこなひよりもきか。
32 あるひほかたみはイスラエルよりもなんぢりたるか。またこれらのヤコブのやからくらべてなんぢけいやくしんぜしやからいづこにありや。
33 かれらのむくいあらはれず、かれらのはたらきむすばず。われいはうじんうちめぐりて、かれらのとみたり。かれらなんぢいましめきおくせず。
34 ゆゑいまわれらのつみものつみとをはかりをもてはかり、はかりいづれのかたくたるかをあらはしたまへ。
35 ものなんぢみまへつみをかさざりしときありしや。
36 なんぢなんぢいましめまもりたるひとみいだして、そのぐるをん。されどなんぢいましめまもりたるたみみいだすことあたはざるべし。』