エステル書殘篇 第十章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > エステル書殘篇
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十章[編集]

4 そのときモルデカイいひぬ『かみこれらことたまへり。
5 われこれらことに、かゝはゆめおぼゆ。そのひとつだにむなしくなれるものなし。
6 かはとなれるちひさいづみありて、そこにひかりあり、あり、またおほくのみづありき。このかはは、わうめとりてきさきとなせしエステルなり。
7 ふたつのたつわれとハマンなり。
8 しよこくみんは、ユダヤびとほろぼさんとてあつまりしものどもなり。
9 わがこくみんは、かみよばはりてすくはれし、このイスラエルなり。しゆはそのたみすくひ、われらをすべてのがいよりすくいだたまへり。かみしよこくみんあひだたまはざりししるしと、おほいなるふしぎおこなたまへり。
10 ゆゑかれふたつのくじつくり、ひとつはかみたみのため、ひとつはしよこくみんのためとなせり。
11 これらのふたつのぐじは、さばきときまたに、すべてのこくみんのためにかみまへきたれり。
12 かみはそのたみかへりみ、そのゆづりたゞしとしたまへり。
13 しかしてこれらのはアダルのつきかれらのぞまん。すなはちそのつきの十四と十五にちとに、かみみまへにて、あつまりよろこびたのしみとをもてのぞみ、よゝかぎりなくそのたみイスラエルのうちにあらん。