エステル書殘篇 第十四章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > エステル書殘篇
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十四章[編集]

1 きさきエステルもまたおそれうちにありたれば、しゆみもといたり、
2 そのうるはしきころもぎて、たやみなげきとのころもけ、あたひたかにほひあぶらへてはいふんとをかしらかうむり、そのはなはだしくひくくし、よろこびのためにつねかざりしすべてのぶぶんを、そのみだれたるかみにておほひ、
3 イスラエルのしゆなるかみいのりていへり『ああしゆよ、なんぢのみわれらわうにましませり。ねがはくはこゝろさびしきをんななるわれたすたまへ。なんぢほかわがたすけてはなし。
4 わがあやふきせまちかづけり。
5 ああしゆよ、わがいとけなかりしときより、わがやからうちにてきたるは、なんぢはイスラエルをすべてのたみらのうちよりえらび、われらのせんぞかれらのせんぞうちよりとこしへゆづりとしてえらび、かれらにやくそくたまひしことたまへることなり。
6 しかるにわれらは、なんぢみまへつみをかしたれば、なんぢわれらをてきわたたまへり。
7 そはわれかれらのかみ〴〵はいしたればなり。ああしゆよ、なんぢたゞしくましませり。
8 しかるにかれらは、われらがとらはれくるしみうちにあるをもてまんぞくせず、そのぐうざうひ、
9 なんぢみくちをもてさだたまひしことはいし、なんぢゆづりほろぼし、なんぢむるもののくちふさぎ、なんぢいへなんぢさいだんとのえいくわうし、
10 いはうじんくちひらきてぐうぞうさんびせしめ、にくわうとこしへあがめしめ たり。
11 ああしゆよ、なんぢしゆけんきがごとものどもにあたたまふことなく、またかれらをしてわれらのたふるるをわらはしめたまふことなく、かへつてかれらのはかりごとかれらにかへし、われらにさからひてこれをはじめしかれらをせしめとなしたまへ。
12 ああしゆよ、われらをおぼたまひて、われらのなやみときなんぢみづからをしめし、われゆうきあたたまへ。ああかみ〳〵わうにして、すべてのしゆけんたもたましゆよ。
13 しゝまへにて、わがくちいうべんあたたまへ。そのこゝろへ、われらにさからひてたゝかふものをにくましめたまへ。かれおよかれこゝろおなじきものとをほろぼたまへ。
14 なんぢみてをもてわれらをすくひ、こどくにしてなんぢほかたすけなきわれらをたすたまへ。
15 ああしゆよ、なんぢすべてのことをたまふ。がいかにふぎくわうえいにくみ、かつれいなきものおよびすべてのいはうじんとこいとふかをたまふ。
16 なんぢはわがなくてならぬものをたまふ。そはわれひとまへづるに、わがかしらうへたかくらゐのしるしをいたゞくをいとふ。われこれをつきのもののぬのきれごとくにいとひ、ひとときこれけぬなり。
17 なんぢはしためはハマンのしよくたくしよくせず、わうきようえんにもでず、またけんさいさけをもみしことなし。
18 なんぢはしためは、こゝきたりしよりこんにちいたるまで、なんぢによりてよろこほかなによろこびをもたず。ああしゆよ、アブラハムのかみよ、
19 すべてのものにまさりてちからあるかみよ、のぞみなきもののこゑき、そこなふもののよりわれらをすくひ、われおそれよりすくいだたまへ。』