エステル書殘篇 第十六章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > エステル書殘篇
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十六章[編集]

1 『だいわうアルタシヤスタいんどよりエテオピアにいたる百二十七しうはうはくそうとくおよびすべてわがちゆうじつなるしんみんへいあんふ。
2 おほくのもの、そのおんじんよりおほいなるめぐみくるにしたがひて、ます〳〵かうまんながれ、
3 たゞわれらのしんみんそこなはんとはかるのみならず、そのちようぐうこゝろち、おごりて、かれらぜんをなすひと〴〵をすらそこなはんとす。
4 かつかれらはひと〴〵かんしやねんうばふのみならず、かへつてからぬひと〴〵たかぶれることばをもてみづからをたかくし、つねばんじたまかみの、あくにくこうぎよりのがべしとおもへり。
5 そのともこうむゆだねられたるものかうじは、しば〴〵けんゐあるおほくのひと〴〵つみなきものあづからしめ、くわいふくざるわぎはひかうむらしむるにいたる。
6 かれらまたいつはりあざむきとにてゆがめられたるこゝろをもて、きみたちのつみなきかういまどはす。
7 わがなんぢらにぶることは、こしひもどくをたず、ちかくおこりし、ふたうなるちからあたへられしものどものあくぎやうさぐらば、おのづかあきらかにならん。
8 さればわれおごそかしやうらいいましめ、すべてのひとのためにわうこくあんおんへいわとのためにはからざるべからず。
9 われらは、われらのおもんぱかりあらため、われらまへおこことがらを、つねこうへいをもてさばくべきなり。
10 そはマケドニァびとにしてハンメダタのなるハマンは、ペルシヤびとかざるまことたこくにんにして、われらきものよりとほはなれたるものなりしが、きやくとしてわれらけられ、
11 われらしよこくみんしめせるかういあづかり、われらのちゝばれ、わうぐものとして、つねにすべてのひとあがめられたり。
12 しかるにかれは、そのおおいなるゐげんけがして、われらくにわれらいのちとをうばはんとくはだてたり。
13 かれは、さきにわれらいのちすくひ、つねわれらかういけしモルデカイのみならず、ともわれらくにまつりごとあづかりし、つみなきエステル、およびそのたみを、おほくのたくみなるあぎむきをもてほろぼさんとせり。
14 かれは、これらてだてによりてわれらこりつせしめ、このくにをペルシヤびとよりマゲドニァびとうつべしとおもへり。
15 しかるにわれらは、このもつとにくむべきあくにんほろぼつくさんとしたるユダヤびとは、なにらのあくさず、かへつてもつとたゞしきおきてりてくること、
16 およわれらとわれらのせんぞとのために、もつとすぐれたるみちをもてくにをさたまひし、いとたかくいとつよけるかみらなることをみいだしたり。
17 さればなんぢつゝしみて、ハンメダタのハマンのなんぢらにおくりたることがらおこなふべからず。
18 そはこれらのことくはだてしものは、すべてそのかぞくともにスサのもんさらされたればなり。すべてのものををさたまかみは、すみやかにそのおこなひしたがひてかれむくたまひしなり。
19 さればなんぢら、このみことのりうつしをすべてのところけいじし、ユダヤびとをして、かれらおきてしたがひて、くることをしめよ。
20 なんぢかれらをたすけて、そのすなはち十二ぐわつ、アダルのつきの十三にちに、かれらをなやまさんとするものらにむくゆることをしむべし。
21 そはぜんのうかみえらばれたるたみほろびへて、かれらのよろこびとならしめたまひたればなり。
22 さればなんぢらのきねんすべきもろもろのしゆくじつうちに、このくはへ、きようえんをもてこれをまもるべし。
23 いまも、いまよりのちも、このは、われらとわれらにかういをもつペルシヤびととにはへいあんわれらにさからひてととうむすぶものどもにはほろびとなるべし。
24 さればすべて、これらのことをまもらざるまちまたしうは、あはれみをもけず、こと〴〵つるぎとをもてほろぼされ、ただひととほらざるところとなるのみならず、けものとりにもとこしへきらはるるにいたらん。』