エステル書殘篇 第十五章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > エステル書殘篇
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十五章[編集]

1 みつかめかれそのいのりへしとき、そのかなしみころもぎて、はれぎまとひたり。
2 すなはかれはすべてのものをみそなはしたますくひぬしなるかみいのりたるのちはれぎけ、ふたりこしもとともなひ、
3 ひとりこしもとりかかりて、なよやかにあゆみはこび、
4 ほかこしもとは、かれのもすそをとれり。
5 かれはそのうつくしさまつたく、そのかたちほがらかにしてあいらしかりき。されどそのこゝろおそれのためになやみぬ。
6 やがてかれ、すべてのぎてわうまへちぬ。わうはそのみくらし、こがねほうせきとをもてまばゆくかざりたる、いかめしきみころももてよそほひ、いとおそろしくえたり。
7 わうゐくわうかやかほげて、つらつらかれたり。きさきたふれ、あをざめ、うしなひて、かれみちびきしこしもとかしらうへをかがめたり。
8 そのときかみわうころへてにうわならしめたまひければ、わううれひてそのみくらよりり、ふたづくまでそのうでにてかれいだき、やさしきことばをもてなぐさいひけるは
9 『エステルよ、こはなにごとぞや、われなんぢきやうだいなり、こゝろやすんぜよ。
10 なんぢぬることあらじ、わがめいれいはわがしんみんかゝはるのみ、ちかれ。』
11 かくてかれ、そのきんけいかれくびうへき、
12 かれいだきて、『われかたれ』といへり。
13 そのときかれいひぬ『わがしゆよ、われなんぢるに、かみみつかひごとく、わがこゝろなんぢゐくわうゆゑおそまどふ。
14 しゆよ、なんぢおどろくべく、なんぢみかほめぐみにててり。』
15 されどかれは、そのかたときふたゝうしなひてたふれたり。
16 わううれひ、かれしもべらはみなかれなぐさめたり。