エステル書殘篇 第十二章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > エステル書殘篇
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十二章[編集]

1 モルデカイはきゆうていにて、みやまもわうふたりくわんぐわん、ビグダンおよびテレシとともねむれり。
2 そのときかれ、かれらかたるをきて、そのもくてきさぐり、かれらがアルタシヤスタわうしいせんとするをりたれば、これをわうげぬ。
3 わうふたりくわんぐわんせんぎせしに、かれらそのつみはくじやうしたれば、これしけいしよしたり。
4 しかしてわうこれらこときおくにとどめんがためきろくつくり、モルデカイもまたこれしるしぬ。
5 わうはモルデカイにめいじてきゆうていつかへしめ、かれむくいあたヘたり。
6 しかるにわうたふとばれしブゲひとハンメダタのハマン、わうふたりくわんぐわんのためにモルデカイとそのたみくるしめんことをはかれり。