エステル書殘篇 第十三章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > エステル書殘篇
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十三章[編集]

1 ふみうつしはこれなり。『だいわうアルタシヤスタいんどよりエテオピアにいたる百二十しうはうはくおよそうとくらにふみおくる。
2 われしよこくみんせいふくし、ぜんせかいとうぢしてより、みだりにわがけんゐもちひず、つねこうへいくわんやうとをもてわがたみへいおんぶじならしめ、またへきえんいたるまでつうろもうけて、てんかばんみんまちのぞへいわきたらしめんことをつとめたり。
3 われわがこもんらにいかにしてこれをきたらしむべきかをひたるに、われらあひだにてことにちゑすぐれ、たしかなるかういちゆうじつとをみとめられ、このくににてだい二のくらゐあたへられたるハマンは、
4 かくげたり。ぜんせかいしよこくみんうちさんざいするひとつのあしたみありて、しよこくみんはんするおきてち、つねしよわうめいかろんじ、ためにわれらのうや〳〵しくくはだつるわれらのくにとういつは、おこなはれずと。
5 さればわれらは、このたみのみひとりすべてのひと〴〵そむき、われらおきてはんするくらしをなし、われらのくにしきえいきやうおよぼし、ちからつくしてすべてのがいかもし、われらのくにかたつをさまたぐるがゆゑに、
6 せんげんをなす。すなはこくむそうさいにしてわれらのだい二のちゝたるハマンのなんぢらにおくふみしたゝめあるものどもは、こんねん十二ぐわつすなはちアダルのつきの十四に、すべてそのさいしともに、いさゝかじひあはれみもなく、こと〴〵くそのてきつるぎにてほろぼさるべきものなり。
7 またすべてとしおい、かつよこしまなるものは、一にちうちたちまよみり、かくていまよりのちわれらのこくむとゝのへられ、なにうれひもなきにいたるべし。』

8 ここにおいてモルデカイは、しゆのすべてのみわざおもひめぐらし、いのりて、
9 へり『ああしゆよ、しゆよ、ぜんのうわうよ、ぜんせかいなんぢちからうちにあり。なんぢしイスラエルをすくはんとさだたまはば、たれなんぢさからん。
10 なんぢてんと、てんかのあらゆるくすしきものとをつくたまへり。
11 なんぢはすべてのもののしゆにして、にはしゆましまなんぢこばるものなし。
11[12] しゆよ、なんぢすべてのことたまふ。なんぢは、われたかぶれるハマンにれいせざりしは、かろしめにもたかぶりにもあらず、またくわうえいもとむるためにもあらざるをたまへり。
13 われはイスラエルのすくひのために、あまんじてかれあしうらくちつけをもなせり。
14 されどわがこれをししは、ひとえいくわうかみえいくわうまされりとせざるにる。またたゞかみなるなんぢほかには、なにものにもひれふさざるにる。ああかみよ、われけつしてたかぶりによりこれをなせしにあらず。
15 ああしゆよ、かみよ、わうよ、アブラハムのかみよ、なんぢたみゆるたまへ。そはかれわれらを亡ぼさんとてわれらにく。かれらははじめよりなんぢのものなるゆづりほろぼさんことをほつせり。 16 なんぢのためにエジプトよりすくいだたまへるなんぢぶんかろしめたまなかれ。
17 わがいのりきてなんぢゆづりあはれたまへ。ああしゆよ、われらのかなしみよろこびへ、われらをかし、なんぢみなめしめたまへ。なんぢむるもののくちほろぼしたまなかれ、ああしゆよ。』

18 すべてのイスラエルもおなじく、こゝろつくしてしゆよばはれり。かれらのそのまへせまたればなり。