エステル書殘篇 第十一章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > エステル書殘篇
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十一章[編集]

1 プトレミオとクレオパトラのちせいだいねんさいしにしてレビびとなりとじしようせるドシテオとそのプトレミオ、まことのものなりとしようするプリムのふみきたりプトレミオのルシマコス、エルサレムにありてこれやくしたり。

2 アルタシヤスタだいわうざいゐだいねん、ニサンのつきだいにち、ベニアミンのやからなるキシのシメイのヤイロのモルデカイひとつのゆめたり。
3 かれはユダヤびとにして、スサのまちみ、おほいなるひとにて、わうきゆうていつかふるもの
4 またバビロンのわうネブカデネザルがユダのわうエコニヤとともにエルサレムよりうつせしとらはれびとひとりなりしが、そのゆめつぎごとし。
5 よ、さわぎみだれいかづちぢしんおよちじやうどよめきを。
6 よ、二つのおほいなるたつたゝかはんとてきたれり。そのさけびおほいなりき。
7 そのさけびによりて、すべてのくにびとたゝかひよういをなし、たゞしきたみさからひてたゝかはんとせり。
8 よ、くらきいんうつなやみくるしみまたかなしみちじやうけるおほいなるみだれを。
9 たゞしきくにびとみなこゝろうれへ、そのわざはひおそれて、ほろびそなへたり。
10 ここにおいて、かれかみむかひてさけびしがそのさけびより、ちいさいづみごときもので、おほいなるかはとなり、こうずゐとなれり。
11 ひかりのぼり、ひくものたかくせられ、みづかたかしとするものほろぼされたり。
12 モルデカイこのゆめかみさんとさだたまひしことときざめ、そのゆめこゝろたもちていたり、いかにかしてこれをらんとねがへり。