エジソンの火星征服/第14章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


第14章[編集]

我々と火星の運命を決める重要なやり取りが始まったとき、それは不思議な光景だった。アイナは何が起こるかを警告されていた。旗艦の我々は皆、彼女の言語を多少なりとも簡単に話せるようになっていたが、ハイデルベルク大学の教授が同僚の一人の助けを借りて、通訳を務めるのが最善だと考えられたのだ。

斬新な状況に興奮して顔を紅潮させた少女は、これから起こることの重要性を十分に理解し、以前にも増して魅力的な表情をして、主要な居室の片側に立っていた。彼女の正面には通訳が立ち、我々は耳をそばだて、目をアイナに向けて、二列に並んでいた。

私は、これまでと同様に、アイナの言葉を我々の言葉に翻訳して書き留めている。ただし、彼女に浴びせられた質問に答えるときに口から出てくる文章よりも、厳密な順序で文章をつなぐことだけは、自由にしている。

彼女には計画がある[編集]

彼女は、「今までのような正攻法では決して勝利は得られないでしょう。彼らは強すぎるし、数も多すぎる。彼らはそのような攻撃に備えて、以前から抵抗してきたからです。」

「彼らは、自分たちよりも大きな巨人を持つ小惑星セレスの住民と戦争をしてきた。そのセレスの敵がここに攻めてきたのだ。だからこそ、このように武器を空に向けた要塞や、あなた方が遭遇した大空軍があるのです」。

"エジソン氏は "どこかに弱点があるはずだ "と言った。

「そのとおりです。」と少女はすぐに口を挟んだ。"彼らが耐えられないような一撃を与えることができるのです。」

「それは何かね?」と司令官は熱心に尋ねた。

「溺れさせることができます。」

「運河でどうやって?」

溺れさせるのです[編集]

「はい 説明します 火星には山がほとんどないことは、すでにお話ししたし、実際にご自分の目で確かめたはずです。その理由は、火星が非常に古い世界なので、かつてあった山がほとんど平らになってしまい、惑星の表面全体が大平原になってしまったからだと、私の種族の非常に博識な人はよく言っていました。しかし、凹地はあるが、そのほとんどは海で占められています。陸地の大部分は海面下に位置している。土を灌漑して実り豊かにすると同時に、海の氾濫から身を守るために、火星人は大陸を縦横無尽に網羅する巨大で無数の運河を建設しました。」

「一年に一度、大洪水の特別な危険性があり、そして今その時期がやってきます。火星の海のほとんどは南半球にあります。南半球が夏になると、南極に溜まっている大量の氷や雪が急速に溶け出します。」

と、熱心に聞いていた天文学者の一人が言った。"火星の南極周辺の広大な雪原が、夏の太陽が高く昇るにつれて完全に消えていくのを何度も見たことがある」。

「雪が溶けると、南の海の水位が急激に上昇するのです」とアイナは続ける。海に面した側では火星の大陸が十分に高くなっているので水が溢れ出ることはありませんが、赤道付近では陸地の高さが低くなります。」

「あなた方の望遠鏡で、南の海と北の海をつなぐ大きな湾曲した海が、大陸の真ん中を通っていることに間違いなく気付いているでしょう。」

前に話していた天文学者が言った。「その通りです、我々はそれを大シルティス平原と呼んでいます。」

「この細長い海は、南極の雪が溶けてできた水の洪水が赤道に向かって流れ、さらに北に向かって流れ、海盆に到達する大きな水路となっています。もちろん、南半球が夏であるのに対し、北半球は冬であるからです。」

火星は我々のものになる[編集]

大シルティス平原(私は少女が呼んだ名前の代わりに地域に我々の名前をつけている)は大きな貯水池のようなもので、水が北へ流れるのを許すことで大陸を浸水から救っている。

「しかし、真夏になって極周辺の雪が完全に解けてしまうと、洪水は止まり、水は引き始めます。この時、火星人が採用したある装置がなければ、海につながる運河は干上がり、夏の太陽の下で水分を失った植物はすぐに枯れてしまうでしょう」。

これを防ぐために、彼らは巨大な水門をいくつも作り、大シルティス平原の最も狭いところ(南緯25度)を完全に横切っている。これらの水門はすべて、海峡の岸辺の一カ所に集められた機械で制御されている。大シルティス平原の洪水が引き始めるとすぐに水門は閉じられ、こうして水が抑制されることで、灌漑用水路は収穫を成熟させるのに十分な水量を保つことができるのである。

「乗組員の皆さん! ついに渓谷だ!」とエジソン氏は叫んだ。「ここで彼らを捕まえるのだ。今、満潮の瞬間にあの水門を閉じれば、国中が水浸しになるだろう。」続けて、アイナに向かって、「水門の動きはすべて一ヶ所から制御されていると言ったよな?」と言った。

大発電所[編集]

「はい」と少女は言った。「父が主人に連れられて行った時に入ったことがありますが、そこで一人の火星人が小さなハンドルを回して、海を隔てて100マイルも続く大きな水門の列を、北へ向かう水の流れが止まるまで、端から端までゆっくりと閉じさせるのを見ました。」

「この建物はどのように防衛されているのだ?」

「完全に守られています。」アイナは返答した。セレスの敵からの危険を考慮して、火星人はこの建物の四方を強力に要塞化し、さらに建物を囲み、頭上を巨大な電気網で覆っており、触ると即死するようになっています。」

「ああ、彼らは電気装甲を持っているのか?まあ、なんとかなるだろう。」とエジソン氏は言った。

「とにかく、あの発電所に入って、あの水門を閉じなければならない。そのためには、時間をかけずに、どうすればいいかを考えなければならない。これが我々の唯一のチャンスであることは明らかだ。我々には火星人と直接戦うだけの力はないが、もし火星人を殺戮し、それによって火星人の要塞に搭載されている武器を使用できないようにすることができれば、おそらく飛行船を処理することができ、それが火星人に残されたすべての防御手段となるだろう。」

このアイデアは、遠征隊の指揮官全員に受け入れられた。すぐに偵察を行うことにした。

しかし、急に惑星に近づくことはできないし、白昼堂々と惑星に着陸することも考えられない。しかし、火星からかなりの距離がある限り、観測されることはないだろうと考えた。というのも、ダイモスの後ろに隠れていた間に時間が経過していたため、火星人は間違いなく我々が存在していないと判断していたからだ。

そのため、我々は大胆にも全飛行隊を連れて小さな衛星を離れ、再び戦争の星である赤い惑星に急接近した。今回はデス・グラップル(死の格闘)となるが、勝利の可能性は十分にあった。

死の格闘の準備[編集]

我々が実際に見られる危険性があるほど火星に接近するとすぐに、我々は火星の影の中に絶えず身を置くように努力し、さらに我々の存在を確実に隠すために灯火管制により船の全ての灯りを消した。司令官の用心深さは、船の滑らかな金属面を黒くして光を反射しないようにし、火星人には星の間を怪しく動く輝く斑点のように見えるようにしたほどである。

大シルティス平原島の海岸にある巨大な発電所の正確な位置を慎重に確認した後、飛行隊はある夜、火星の大気の上限、湾の真上に降下した。

その後、旗艦で協議が行われ、作戦計画がすぐに立てられた。

この試みは電気船1隻で行うのが賢明であると考えられたが、他の船は近くで空中に停泊しておき、下から来る助けを求める信号に即座に対応できるようにしておいた。アイナの説明によると、建物の周囲には素晴らしい防御施設があるが、大規模なものよりも小規模なものの方が成功の可能性が高いと考えられたのだ。

エジソン氏は、発電所を覆っていると言われている電気網は、我々にとって深刻な障害にはならないと確信していた。というのも、船を降りる前に、分解機で通過しようとする場所を注意深く排除することで、網が十分に取り除かれ、途切れることなく通過することができるからである。

当初の予定では、1人が2台の分解機(1人が有利に運べる最大数)を持った20人が電気船から降りて作戦を実行する手筈であったが、議論の結果、10数人に減らされ、さらに最後は4人にまで減らされた。その4人とは、エジソン氏、スミス大佐、シドニー・フィリップス氏、そして私である。

アイナは、彼女自身の希望と、彼女の現地に関する知識が我々にとって不可欠であると感じざるを得なかったので、我々の部隊に参加したものの、もちろん戦闘要員ではない。

我々が乗った船が他の船と分かれて慎重に降下したのは、真夜中を1時間ほど過ぎた頃だった。電灯の光が四方八方に飛び散り、無数の運河とその岸辺にひしめき合う人々の姿が、大シルティス平原島の西方に位置するアエリア大陸の一点に集約されていく。

火星人を滅ぼす[編集]

アイナの助けを借りて、戦士たちは敵への残忍な復讐を準備する[編集]

我々は、アイナが探している建物だと断言した建造物の広大な屋根から300フィートほどの高さのところで電気船を止めた。

我々はここで数分間、慎重に偵察を行った。発電所の反対側、大シルティス平原川の岸辺には鬱蒼とした木立があり、その下には葉の隙間から差し込む光があるものの、木の上は暗くて鬱蒼としている。

アイナが言うには、「電気網は建物だけでなく木立にも張り巡らされている」とのこと。

木々の間を降りたい我々にとっては幸運だった。木の上の防御網の一部を破壊すれば、目的の格納庫に到達可能で、同時に電気の防御線の中に入ることができるのだ。

慎重さを増し、下にいる監視員の耳に届くような音を出さないように息を止めながら、船を静かに沈めていくと、木々との間に金属製の防御網が張り巡らされているのが見えてきた。

小惑星での火星人との最初の出会いで、彼らの服に含まれていた金属が分解機の作用に抵抗したことを紹介した後、エジソン氏は機器がカバーする振動の範囲を再調整し、それ以来、我々はそれに従わないものを見つけた。これで、防御網の金属が破壊されない心配はなくなった。

しかし、木のてっぺんに穴を開けて注意を引くのは危険である。それを避けるためには、まず防御網の距離を慎重に確認し、分解機に取り付けられた調整可能な鏡で、その距離に合わせて振動を集中させることが必要だった。

相手の警戒心を打ち破る[編集]

その結果、防御網ワークの下にある木を傷つけることなく、かなりの隙間を開けることに成功した。

船は慎重にその隙間から降ろされ、高い木の上の枝の間に置かれた。スミス大佐、フィリップス氏、エジソン氏、そして私は、すぐに丈夫な枝によじ登った。

一瞬、スミス大佐とフィリップス氏の間で、どちらがアイナを助けるべきかという騒々しい争いが起こったため、我々の到着が裏切られたのではないかと心配になった。この争いに決着をつけるために、私がアイナの世話をした。

ようやく全員が無事に木の上にたどり着いた[編集]

続いて、この高さから地面に降りるという、さらに危険な作業が待っていた。幸いなことに、木の枝は非常に接近していて、地表のすぐ近くまで伸びていた。そのため、実際にはそれほど困難ではなかった。特に注意しなければならないのは、音を立ててはいけないということだった。

そして、無事に下山を終え、大木の麓の影に5人で立った。木立が生い茂っているので、木々の間にはたくさんの木漏れ日があるが、その光は我々には届かない。

慎重にいろいろな方向を見ながら、建物の壁を基準にして自分の位置を確認した。これまで火星で見てきた建造物と同じように、磨かれた赤い金属でできていた。

入り口を探す[編集]

「入り口はどこだ?」とエジソン氏が小声で聞いてきた。

「見張りを目印に、そっとこちらに来てください」とアイナが答えた。

分解機をしっかり握って、勇気を出して、音を立てずに木の影の中を少女の後を追いかけた。

我々には大きな利点があった。火星人は、発電所を取り囲む電気網を過信していたので、敵が侵入できるとは夢にも思っていなかったのである。

しかし、我々は分解機でこの防御網に音もなく穴を開けた。エジソン氏は、敵が現れなかったことから、建物内の監視者への自動信号によって我々の操作が発見されたことはないと考えていた。

このように、我々は、彼らが最も信頼している防衛線の中にいて、彼らは我々の存在を少しも疑っていないと考えるのが妥当である。

アイナによると、彼女が以前この発電所を訪れたときには、入り口には2人の見張りがいただけだったそうだ。内部に通じる長い通路の奥にも2人いたという。そのほかに3、4人の火星人技術者が建物内部の機械を監視していたという。建物の周りには何隻もの飛行船が見張っているはずだが、その警戒が緩んでいるのかもしれない。少し前に火星人がセレスに遠征し、それが成功したため、セレスが火星に攻撃を仕掛ける力が今のところ失われているからである。

最近の雲の中の戦いで我々が消滅したと認識していたのであれば、彼らは我々に対してに何の恐れもなく、警戒する理由もなかった。

巨大な建造物への入り口は、少なくとも火星人の身長で測ると低かった。明らかに、一度に一人しか通れないようになっている。

慎重に近づいてみると、暗闇の中に2つの巨大な物体の輪郭が見えた。スミス大佐は私にこう言った。

再び分解機の出番が到来[編集]

「君が右の奴を消し去ってくれれば、私はもう一人を始末する。」

スミス大佐と私は、暗闇の中でできる限り慎重に照準を定め、巨大な火星人を一撃で倒そうとする時にお馴染みの方法で、分解機を素早く上下に動かして、同時に発射した。その結果、2人の見張りは、まるで夜の幽霊のように消滅したのである。

直ちに全員が急いでドアに入った。目の前には長くてまっすぐな通路が広がっていて、何本もの電気ロウソクで明るく照らされている。磨き上げられた壁面は、恰も血のように赤く反射して輝いていた。回廊の終端は、2~300フィート離れたところにある大きな部屋への開口部で、その向こう側には、巨大で複雑な機械の塊の片鱗が見えた。

なるべく音を立てずに通路を進んだが、奥まで十数歩のところまで来たところで立ち止まり、スミス大佐は膝をついて通路の奥まで進んだ。スミス大佐は、通路の端から慎重に部屋の中を覗き込み、しばらくして顔を向けて、我々に前に来るよう手招きした。我々は彼のそばに忍び寄り、広い部屋を見渡したが、敵の姿は見当たらなかった。

廊下の奥にいたはずの衛兵がどうなったのか、想像もつかない。ともかく、彼らは持ち場にいなかった。

大発電室にて[編集]

この部屋は、高さ100フィート、一辺が400フィート以上の巨大な正方形の部屋で、向かいの壁をほぼ埋め尽くすほど、機械、船輪、レバー、棒、磨かれた板などが複雑に配置されていた。この機械は、海をせき止める大きな水門を開閉する大きな装置の一端であることは間違いなかった。

「誰もいない」とスミス大佐が言った。

エジソン氏は、「では、急いで行動しなければならない」と言った。

「火星人が水門を閉めるのを見たハンドルはどこにある?」

アイナは戸惑っていた。目の前にある機構は非常に複雑で、熟練した機械工でも理解できないほどだった。電灯に照らされて光るノブやハンドルがいくつもあり、そのどれか一つが、複雑な装置全体を制御するマスターキーになっているかもしれないのだ。

魔法のレバー[編集]

エジソン氏は「早く、どこにあるんだ?」と尋ねた。

しかし、混乱した少女は、あちこち走り回り、絶望的に機械を見つめていたが、全く助けにならないことは明らかだった。

このまま黙っていると、自分たちが破滅するだけでなく、この探検の目的が確実に失敗することになる。我々は即座に適切なハンドルを探して、目につくすべてのクランクやホイールをつかみ、それを回そうとした。

エジソン氏は「やめろ!正しいレバーを見つけるまでは、何も触るな!」と叫んだ。

しかし、それを見つけることは、今や人間の力では到底できないことのように思えた。

このとき、超人的とも云えるエジソン氏の機械的才能のすばらしさが発揮されたのである。彼は一歩下がって、船輪、ハンドル、ボルト、棒、レバーなどの膨大な量に素早く目を通し、決心したかのように一瞬立ち止まった後、「これだ」と言って、素早く前に出て、十数個の船輪の中から周囲に水先案内人のハンドルのようなものが付いている小さな船輪を選び、それを素早く回して半回転させた。

敵の奇襲[編集]

この時、驚くべき叫び声が耳に飛び込んできた。背後で雷鳴のような音がして、振り返ると3体の巨大な火星人が突進してきていた。

訳注[編集]