うたゝねの記

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

うたゝねの記

阿佛

もの思ふことのなぐさむにはあらねども。ねぬよの友とならひにける月の光待出ぬれば。例のつまどをしあけてたゞひとりみ出したる。あれたる庭の秋露。かこちがほなる虫のねも。物ごとに心をいたましむるつまと也ければ。心に亂れおつる泪ををさへて。とばかりこし方ゆくさきを思ひつゞくるに。さもあさましくはかなかりける契りの程をなどかくしも思ひいれけんと。我心のみぞかへすうらめしかける。夢現ともわきがたかりし宵のまより。關守の打ぬる程をだにいたくもたどらずなりにしや。打しきる夢のかよひ路は。一夜ばかりのとだえもあるまじきやうにならひにけるを。さるは月草のあだなる色をかねて。しらぬにしもあらざりしかど。いかにうつりいかに染ける心にか。さも打つけにあやにくなりし心まよひには。ふし柴のとたに思ひしらざりける。やう色づきぬ。秋の風のうきみにしらるゝ心ぞうたてくかなしき物なりけるを。をのづからたのむる宵はあしにもあらず。打過る鐘のひゞきをつくと聞ふしたるも。いけるこゝちだにせねば。げに今さらに鳥はものかはとぞ思ひしられける。さすがにたえぬ夢のこゝちは。ありしにかはるけぢめも見えぬものから。とにかくにさはりがちなるあしわけ船にて神無月にもなりぬ。降みふらずみ定なき頃の空のけしきは。いとゞ袖のいとまなき心ちして。おきふしながめわぶれど。絕てほどふるおぼつかなさの。ならはぬ日數の隔るも。今はかくにこそと思ひなりぬるよの心ぼそさぞ。なにゝたとへてもあかずかなしかりける。いとせめてあくがるゝ心催すにや。にはかにうづまさに詣でんと思ひ立ぬるも。かつうはいとあやしく。佛のみ心の中はづかしけれど。二葉より參り馴にしかば。すぐれてたのもしき心ちして。心づからのなやましさも愁ひきこえむとにやあらむ。しばしば御前にともなる人々。時雨しぬべしはやかへり給へなどいへば。心にもあらずいそぎ出るに。ほうこんごう院の紅葉このごろぞさかりと見えて。いとおもしろければ。すぎがてにおりぬ。かうらんのつまの岩のうへにおりゐて。山の方をみやれば。木々の紅葉色々に見えて。松にかゝれるつたの心の色もほかにもことなる心地していとみ所おほかるに。うきふるさとはいとゞわすられぬるにや。とみにもたゝれず。おしも風さへ吹て。物さはがしくなりければ。みさすやうにてたつ程。

 人しれす契りし中のことの葉を嵐ふけとはおもはさりしを

とおもひつゞくるにも。すべて思ひざまさることなき心のうちならんかし。歸りてもいとくるしければ。うちやすみたる程御ふみとてとりいれたるも。むねうちさはぎてひきひろげたれば。たゞ今の空の哀にひごろのをこたりをとりそへて。こまやかに書なされたる墨つき筆のながれもいとみそ有と。例の中々かきみだす心まよひに。ことの葉のつゞきもみえずなりぬれば。御かへりもいかゞ聞えけん。名殘もいと心ぼそくて。この御文をつくと見るにも。日比のつらさはみな忘られぬるも。人わろき心の程やどまたうちをかれて。

 これやさはとふもつらさのかすに淚をそふる水莖の跡

例の人しれずなかみちちかきそらにだに。たどしきゆふやみに契たがへぬしるべばかりにて盡せず。夢のこゝちするにも。いてきこえんかたなければ。たゞいひしらぬ泪のみむせかへりたる。あか月にもなりぬ。枕に近き鐘の音も唯今の命をかぎる心ちして。我にもあらずおきわかれにし袖の露いとゞかこちがましくて。君やこしとも思ひわかれぬなかみちに。例のたのもし人にてすべりいでゐるも。返す夢のこゝちなむしける。彼處にはむめきたの方わづらひ給けるが。つゐにきえはて給にければ。そのほどのまぎれにや。またほどふるもことはりながら。いひしにたがふつらさはしも。ありしにまさる心地するは。いかにおぼしまどふらんと。とりわきたりける御思ひの名殘もいと苦しくをしはかり聞ゆれど。あはれしる心の程中々聞えん方なぐて。日數ふるいぶせさをかれぞ驚かし給つる。難面よの哀さもみづから聞えあはせたくなどあれば。例のうちゐる程の鐘の響に人ふれずたのみをかくるも。おもへば淺ましく。よの常ならずあだなる身のゆくゑ。つゐにいかになりはてむとすらんと。心ぼそく思ひつゞくるにも。ありしながらの心ならましかば。うきたる身のとがもかうまでは思ひしらすぞ過なましなど思ひつゞくるに。今さら身のうさもやる方なく悲しければ。今宵は難面てやみなましなど思ひ亂るゝに。例のまつほど過ぬるはいかなるにかと。さすがめもあはす。みじろぎふしたるに。かのちいさき童にや。しのびやかにうちたゝくを聞つけたるには。かしこく思ひしづむる心もいかなりぬるにか。やをらすベり出ゐるも。我ながらうとましきに。月もいみじくあかければ。いとはしたなき心地して。すいがいの折殘りたるひまにたちかくるゝも。彼ひたちのみやの御すまゐ思ひ出らるゝに。いるかたしたふ人の御さまぞことたがひておはしけれど。立よる人の御面かげはしも。里わかぬ光にもならびぬベきこゝちするは。あながちに思ひ出られて。さすがに覺し出るおりもやと。心をやりて思ひつゞくるに。はづかしきことも多かり。しはすにもなりぬ。雪かきくらして風もいとすさまじき日。いととくおろしまはして。人二三人ばかりして物語などするに。夜もいたく更ぬとてひとはみな寢ぬれど。露まどろまれぬに。やをら起出てみるに。宵には雲がくれたりつる月の浮雲まがはず也ながら。山のは近きひかりほのかにみゆるは七日の月なりけり。みし夜のかぎりも今宵ぞかしと思ひいづるにたゞそのおりのこゝちして。さだかにもおぼえずなりぬる御面かげさへさしむかひたる心ちするに。まづかきくらす淚に月の影もみえずとて。佛などの見え給つるにやと思ふに。はづかしくもたのもしくも成ぬ。さるは月日にそへてたへ忍ぶベき心ちもせず。こゝろづくしなることのみ增れば。よしや思へばやすきと。ことはりに思ひ立ぬる心のつきぬるぞ。有し夢のしるしにやとうれしかりける。今はと物を思ひなりにしもといへば。えに悲しきことおほかりける。春ののどやかなるに何となくつもりにける手ならひのほんごなどやりかへすつゐでに。かの御文どもをとりいでてみれば。梅がえの色づきそめし初より冬草かれはつる迄おりの哀忍びがたきふしを打とけて聞えかはしけることの積ける程も。今はとみるはあはれ淺からぬなかに。いつぞやつねよりもめとゞまりぬらんかしとおぼゆる程に。こなたのあるじ今宵はいとさびしく。物おそろしき心ちするに。爰にふしたまへとて。我かたへもかへらず成ぬ。あなむづかしとおぼゆれど。せめて心の鬼もおそろしければ。かへりなんともいはでふしぬ。人はみな何心なくねいりぬる程に。やをらすべり出れば。ともし火の殘て心ぼそきひかりなるに。人や驚かんとゆゝしくおそろしけれど。たゞしやうじひとへを隔たる居どころなれば。ひるよりよういしつるはさみばこのふたなどのほどなく手にさはるもいとうれしくて。かみを引分るほどぞさすがおそろしかりける。そぎおとしぬれば。このふたにうち入て。かき置つる文などもとりぐしてをかむとする程。いでつるしやうじ口より火の光のなをほのかにみゆるに。文かきつくる硯のふたもせで有けるがかたはらにみゆるを引よせて。そぎおとしたるかみをおしつゝみたるみちの國紙のかたはらに。たゞうち思ふことを書つれど。外なるともしびの光なれば。筆のたちどもみえず。

 なけきつゝわひイ身を早きせの底とたにしらす迷はん跡そ悲しき

身をもなげてんと思ひけるにや。たゞ今も出ぬベきこゝちして。やをらはしをあけたれば。つごもり比の月なき空に。天雲さへたちかさなりて。いとものおそろしうくらきに夜もまだふかきに。とのゐ人さへ折しも打こはづくろふもむづかしと聞ゐたるに。かくても人にやみつけられんとそらおそろしければ。もとのやうにいりてふしぬれど。かたはらなる人うちみじろぎだにせず。さきも。とのゐびとの夜ふかくかどをあけて出るならひ也ければ。その程を人しれずまつに。こよひしもとくあけていでぬるをとすれば。さるは心ざす道もはかしくも覺えず。爰も都にはあらす北山の麓といふ處なれば。ひとめしげからず。木の葉のかげにつきて。夢のやうにみをきし山ぢをたゞ獨行こゝち。いといたくあやうくおそろしかりける。山びとのめにもとがめぬまゝに。あやしくものぐるおしきすがたしたるも。すベて現のことともおぼえず。さてもかのところにし山の麓なれば。いとはるかなるに。夜なかより降いでつる雨の明るまゝにしほとぬるゝ程になりぬ。故里よりさがのわたり迄はすこしもへだたらずみわたさるゝほどの道なれば。さはりなくゆきつきぬ。夜もやうほのとする程に成ぬれば。みちゆきびともこゝもとはいとあやしととがむる人もあれば。物むづかしくおそろしき事このよにはいつかはおぼえむ。たゞ一すぢになきになしはてつる身なれば。あしのゆくにまかせて。はや山ふかく入なむと打もやすまぬままに。苦しくたへがたきことしぬばかり也。いるあらしの山の麓にちかづくほど雨ゆゝしく降まさりて。むかへの山をみれば。雲のいくへともなくおりかさなりて。ゆくさきもみえず。からうじてほうりんのまへ過ぬれば。はては山路にまよひぬるぞすべきかたなきや。おしからぬ命もたゞ今ぞ心ぼそく悲しき。いとゞかきくらす泪の雨さへふりそへて。こしかたゆくさきも見えず。思ふにもいふにもたらず。今とぢめはてつる命なれば。身のぬれとをりたること伊勢の白水郞にもこえたり。いたくまはりはてにければ松風のあらしきをたのもし人にて。これも都のかたよりとおぼえて。みのかさなどきてさえづりくる女あり。こわらはのおなじこゑなるともの語する也けり。これやかつらの里のひとならんと見ゆるに。たゞあゆみにあゆみよりて。是は何人ぞあな心う。御前は人のてをにげいで給か。またくちろむなどをし給たりけるにか何故かゝるおほ雨に降れてこの山中へ出給ぬるぞ。いづくよりいづくをさしておはするぞ。あやしあやしとさえづる。なにといふこゝろにか。したをたびならして。あないとおしとくり返しいふぞうれしかりける。しきりに身のありさまを尋れば。これは人を恨るにもあらず。またくちろむとかやをもせず。たゞ思ふこと有てこの山のおくにたづぬベきこと有て夜ふかく出つれど。雨もおびたゞしく。山路さへまどひてこしかたもおぼえず。ゆくさきもえしらず。しぬベき心地さへすれば。爰によりゐたるなり。おなじくはそのあたり迄みちびき給ひてんやといへば。いよいとおしがりて。手をひかへてみちびく情のふかさぞ佛の御しるベにやとまで。うれしくありがたかりける。ほどなく送りつけてかへりぬ。まちとる處にもあやしくものぐるをしきものゝさまかなとみおどろく人おほかるらめなれども。かつらの里のひとの情におとらめやは。さまにたすけあつかはるゝほど山路はなを人のこゝちなりけるが。今はとうちやすむほどすベてこゝちもうせて。露ばかり起もあがられず。いたづらものにてふしたりしを。都人さへ思ひのほかにたづねしる便ありて。三日ばかりはとにかくにさはりしかども。ひとひに本意とげにしかば。一すぢにうちもうれしく思ひなりぬ。さてこの所をみるに。うき世ながらかゝるところも有けりとすごく思ふさまなるに。をこなひなれたるあま君たちのよひ曉のあかをこたらず。爰かしこにせぬ れいのをとなどを聞につけても。そゞろにつもりけん年月のつみも。かゝらぬ所にてやみなましかば。いかにせましと思ひ出るにぞ。みもゆるこゝちしける。故里の庭もせにうきをしらせし秋風は。ほけ三まいの峯の松風に吹かよひ。ながむるかどに面かげと見し月影は。りやうじゆせんの雲ゐはるかに心を送るしるベとぞなりにける。

 捨て出しわしのみ山の月ならて誰かよな戀わたりけん

ゆたのたゆたに物をのみ思ひくちにしはては。うつゝ心もあらずあくがれそめにければ。さま世のためしにもなりぬベく。おもひのほかにさすらふる身のゆくゑををのづから思ひしづむる時なきにしもあらねば。かりのよの夢の中なるなげきばかりにもあらず。くらきよりくらきにたどらむながきよのまどひをおもふにも。いとせめて悲しけれど。心は心として猶おもひ馴にしゆふぐれのながめに打そひて。ひと方ならぬ恨もなげきも。せきやるかたなきむねのうちをはかなき水莖のをのづから心のゆく便もやとて。ひとしれず書ながせど。いとゞしき泪のもよほしになむ。いでやをのづから大かたのよの情をすてぬなげの哀ばかりを折々にちりくることの葉も有しにこそ。露のいのちをもかけて。今日までもながらへてけるを。うきよの人のつらき僞にさへならひはてにけることも有にや。おなじ世ともおぼえぬ迄に隔りはてにければ。ちかの鹽がまもいとかひなきこゝちして。

 みちのくのつほのいしふみかき絕て遙けき中と成にける哉

日ごろ降つる雨のなごりにたちまふ雲まのゆふづく夜のかげほのかなるにをしあけがたならねど。うき人しもとあやにくなるこゝちすれば。つまどはひきたてつれど。かどちかくほそき川の流れたる水のまさるにや。常よりもをとする心地するにも。いつのとしにかあらん。此川の水の出たりしに。人しれず波をわけしことなど。たゞ今のやうにおぼえて。

 思ひ出る程にも波はさはきけりうきよをわけて中川の水

あれたる庭に吳竹のたゞすこし打なびきたるさへ。そゞろにうらめしきつまとなるにや。

 よとともに思ひ出れは吳竹の恨めしからぬそのふしもなし

をのづからことのつゐでになどばかりおどろかし聞えたるにも。よのわづらはしさに。思ひながらのみなん。さるべきつゐでもなくて。みづから聞えさせずなど。なをざりに書すてられたるもいと心うくて。

 消はてん煙ののちの雲をたによもなかめしな人めもるとて

とおぼゆれど。こゝろのうちばかりにてくだしはてぬるはいとかひなしや。そのころこゝちれいならぬことありて。命もあやうきほどなるを。こゝながらともかくもなりなばわづらはしかるベければ。思ひかけぬたよりにて。おたぎの近き所にてはかなき宿りもとめいでてうつろひなんとす。かくとだに聞えさせまほしけれど。とはす語もあやしくて。なくかどをひきいづるおりしも。先にたちたる車あり。さきはなやかにおひてこせんなどことごとしくみゆるを。たればかりにかとめとゞめたりければ。彼ひとしれず恨きこゆる人なりけり。かほしるき隨身などまがふべうもあらねば。かくとはおぼしよらざらめど。そゞろに車の中はづかしく。はしたなきこゝちしながら。今一たびそれとばかりもみ送り聞ゆるは。いとうれしくもあはれにもさまむねしづかならす。つゐにこなたかなたへ行別れ給ふ程。いといたうかへりみがちに彼處にゆきつきたれば。兼て聞つるよりもあやしくはかなげなる所のさまなれば。いかにしてたへ忍ぶベくもあらず。暮はつる空のけしきもひごろにこえて心ぼそくかなし。宵ゐすべき友もなければ。あやしくしきも定めぬとふのすがごもにたゞひとり打ふしたれど。とけてしもねられず。

 はかなしなみしかき夜はの草枕結ふともなきうたゝねの夢

ひごろふれど聞くる人もなし。心ぼそきまゝにきやうづとてに持たる計ぞたのもしきともなりける。せかいふらうこ世界不牢固と有ところをしゐて思ひつゞけてぞ。うき世のゆめもおのづからおもひさますたよりなりける。けふかあすかと心ぼそき命ながら。卯月にもなりぬ。いざよひの光まち出て程なき窓のしとみたつものもおろさず。つくとながめいでたるに。はかなげなる垣ねの草にまどかなる月影に。ところがらあはれすくなからず。

 をく露の命まつまのかりの庵にこゝろほそくもやとる月影

いづくにかあらんかすかに笛の音のきこえくる。かの御あたりなりしねにまよひたるこゝちするにも。きとむねふたがるこゝちするを。

 待なれし故里をたにとはさりし人はこゝまて思ひやはよる

さても猶うきにたへたる命のかぎり有ければ。やう心ちもをこたりざまになりたるを。かくてしもやとてまた故鄕にたちかへるにも。まつならぬ梢だにそゞろにはづかしくみまはされて。

 消かへりまたはくへしと思ひきや露の命の庭の淺ちふ

なげきながらはかなく過て秋にもなりぬ。ながき思ひのよもすがらやむともなききぬたの音。寢屋ちかききりすのこゑの亂れも。ひと方ならぬねざめの催しなれば。壁にそむけるともし火のかげばかり友として。あくるをまつもしづこゝろなく。盡せぬ泪の雫は恣うつ雨よりもなり。いとせめてわびはつるなぐさみに。さそふ水だにあらばと朝夕のこと草に成ぬるを。そのころ後の親とかたのむべきことはりも淺からぬひとしも。遠つあふみとかや聞もはるけき道を分て。都のものもうでせんとてのぼりきたるに。何となくこまやかなる物語などするつゐでに。かくてつくとおはせんよりは。ゐなかの住ゐもみつゝなぐさみたまへかし。かしこも物さはがしくもあらず。心すまさんひとはすみぬべきさまなるなど。なをざりなくいざなへど。さすがひたみちにふりはなれなん都のなごりも。いづくをしのぶこゝろにか。心ぼそくおもひわづらはるれど。あらぬすまゐに身をかへたると思ひなしてとだに。うきをわするゝたよりもやとあやなく思ひたちぬ。くだるベき日にもなりぬ。よふかくみやこを出なんとするに。ころは神無月の廿日あまりなれば。有明の光もいと心ぼそく。風の音もすさまじく身にしみとをる心ちするに。人はみな起さはげど。人しれずこゝろばかりには。さてもいかにさすらふるみのゆくゑにかと。たゞ今になりては心ぼそきことのみおほかれど。さりとてとゞまるベきにもあらねば出ぬるみちすがら。先かきくらす泪のみさきにたちてこゝろぼそく悲しきことぞなにゝたとふベしとも覺えぬ。ほどなく逢坂山になりぬ。をとに聞し關の淸水もたえぬ淚とのみ思ひなされて。

 越わふる逢さか山の山水はわかれにたへぬ淚とそ見る

あふみの國野路といふ處より雨かきくらしふり出て。みやこの山をかへりみれば。霞にそれとだにみえず。隔りゆくもそゞろに心ぼそく。何とて思ひ立けんとくやしきこと數しらず。とてもかくてもねのみなきがちなり。

 すみわひて立わかれぬる故里もきてはくやしき旅衣かな

道のほどめとゞまる所々おほかれど。こゝはいづくともけぢかくとふベき人もなければ。いづくの野も山もはるとゆくを。とまりもしらす。人のゆくにまかせてゆめぢをたどるやうにて日數ふるまゝに。さすがならはぬひなのながぢに。おとろへはつる身もわれかのこゝちのみして。みのおはりのさかひにもなりぬ。すのまたとかやひろとおびただしき河あり。ゆきゝのひとあつまりて舟をやすめずさしかへるほど。いとところせうかしがましくおそろしきまでのゝしりあひたり。からくしてさるベき人みな渡りはてぬれど。ひともこしや馬とまちいづるほど。河のはたにおりゐて。つくとこしかたをみれば。あさましげなる賤の男ども。むづかしげなるものどもをふねにとりいれなどする程。なにごとにかゆゝしくあらそひて。あるひは水にたふれいりなどするにも。見なれずものおそろしきに。かゝるわたりをさへ隔はてぬれば。いとゞ都の方はるかにこそなりゆくらめと思ふには。いとゞなみだおち增りてしのびがたく。かへらむほどをだにしらぬこゝろもとなさよ。過きつる日數のほどなきに。とまる人々のゆくすゑをおぼつかなく戀しきこともさまなれど。隅田がはらならねばこととふべきみやこ鳥もみえず。

 思ひいてゝ名をのみ慕ふ都鳥あとなき浪にねをやなかまし

此國になりてはおほきなるかはいとおほし。なるみのうらのしほひがた。音にきゝけるよりもおもしろく。濱ち鳥むらにとびわたりて。海士のしわざにとしふりにける鹽がまどものおもひにゆがみたてるすがたども。みなれずめづらしきこゝちするにも。思ふことなくて都のともにもうちぐしたる身ならましかばと。人しれぬこゝろのうちのみさまくるしくて。

 これやさはいかになるみの浦なれは思ふ方には遠さかる覽

みかはの國八はしといふところをみれば。これも昔にはあらずなりぬるにや。はしもたゞひとつぞみゆる。かきつばたおほかる所と聞しかども。あたりの草もみなかれたるころなればにや。それかとみゆる草木もなし。なりひらのあそんのはるきぬるとなげきけんも思ひ出らるれど。つましあればにや。さればさらんとすこしおかしくなりぬ。みやこいでてはるかになりぬれば。かの國の中にもなりぬ。はまなのうらぞおもしろきところなりける。波あらきしほの海路。のどかなる水うみのおちいたるけぢめに。はると生つゞきたる松のこだちなど。繪にかゝまほしくぞみゆる。おちつきどころのさまをみれば。こゝかしこにすこしおろかなる家ゐどものなかには。おなじかや屋どもなどさすがにせばからねど。はかなげなるあしばかりにて結びをけるへだてどもゝ。かげとまるべくもあらず。かりそめなれどげにみやもわらやもと思ふには。かくてしもなかにしもあらぬさま也。うしろは松ばらにて前はおほきなる河のどかに流れたり。海いと近ければ。湊のなみこゝもとにきこえて。鹽のさすときはこの河の水さかさまに流るゝやうに見ゆるなど。さまかはりていとおかしきさまなれど。いかなるにかこゝろとまらず。日數ふるまゝに都のかたのみ戀しく。ひるはひめもすにながめ。よるは夜すがら物をのみ思ひつゞくる。あらいその波のをとも枕のもとにおちくるひゞきには。心ならずも夢のかよひぢたえ果ぬべし。

 心からかゝる旅ねになけくとも夢たにゆるせおきつしら波

不二の山はたゞこゝもとにぞみゆる。雪いとしろくてこゝろぼそし。風になびくけぶりのすゑもゆめのまへに哀なれど。うへなきものはと思ひけつこゝろのたけぞものおそろしかりける。かひのしらねもいとしろくみわたされたり。かくてしも月の末つかたにもなりぬ。都のかたより文どものあまたあるをみれば。いとおさなくよりはぐくみし人。はかなくも見すてられて。心ぼそかりし思ひに。やまひになりてかぎりになりたるよしを。とりのあとのやうに書つゞけておこせたるをみるに哀にかなしくて。よろづをわすれていそぎのぼりなんとするは。人のおもふらんことゞものさはがしくかたはらいたければ。とにかくにさはるベき心ちもせねば。にはかにいそぎたつを。道もいと氷とぢて。さはりがちにあやうかるベきを。たゞ今はかしきうちそふひともなくてなど。さまとゞむる人も多かりければ。思ひわびてねのみなかるゝを。みるひとも心ぐるしくとて。ともすベきものどもなど。誰かれと定めてのぼるベきになりぬ。いとうれしけれど。とにかくに思ひわけにしことなく。なにと又みやこへかへらんとあぢきなくものうし。こゝとてもまた立歸らむ事もかたければ。ものごとになごりおほかるこゝちするにも。うちつけにものむつかしき心のくせになむ。つねより居つるはしらのあらしきが。なつかしからざりつるも。立はなれなんはさすがに心ぼそくて。人みわくべくもあらず。ちいさく書つくれど。めはやき山賤もやとつゝましながら。

 忘るなよあさきのはしらかはらすはまたきて馴る折も社あれ

このたびはいと人ずくなに心ぼそけれど。都をうしろにてこしおりのこゝちには。こよなく日數のすぐるも戀しきこゝちするぞ。あやにくに我こゝろより思ひたちていでぬれど。われながら定めなく旅の程も思ひしられざれど。いとはずに日數もうらゝかにとゞこほる所もなかりけるを。ふはの關になりて雪ただふりに降くるに。風さへまじりて吹雪もかきくれぬれば。關屋ちかくたちやすらひたるに。關守のなつかしからぬおもゝちとりにくゝ。なにをがなとゞめんと。みいだしたるけしきもいとおそろしくて。

 かきくらす雪まをしはしまつ程にやかてとゝむるふはの關守

京に入日しも雨降いでて。鏡の山も曇りてみゆるを。くだりしおりもこの程にて雨降出たりしぞかしと思ひいでて。

 このたひは曇らは曇れ鏡山ひとをみやこのはるかならねは

かくおもひつゞくれど。誠にかの人を都はちかき心のみばかりにて。いつを限りにと思ひかへすぞまたかきくらす心ちしける。日たくるまゝに。雨ゆゝしく晴て。しろき雲おほかる山おほかれば。いづくにかと尋ぬれば。ひらの高ねやひえの山などに侍るといふを聞に。はかなき雲さへなつかしくなりぬ。

 きみもさはよそのなかめやかよふらん都の山にかゝる白雲暮はつるほどにゆきつきたれば。思ひなしにや。こゝもかしこもなをあれまさりたる心ちして。所々もりぬれたるさまなど。なにゝ心のとゞまるベくもあらぬをみやるも。いとはなれまうきあばらやの軒ならんと。そゞろにみるもあはれなり。おい人はうちみえてこよなくおこたりざまにみゆるも。うきみをたればかりかうまでしたはんと哀も淺からす。その後は身をうき草にあくがれし。こゝろもこりはてぬるにや。つくとかゝる蓬がそまに朽はつべき契こそはと。身をも世をも思ひしづむれど。したはぬこゝちなれば又なりゆかむはていかゞ。

 我よりは久しかるへき跡なれと忍はぬ人はあはれともみし


右轉寢記以扶桑拾葉集挍合了

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。