うたかたの記

提供: Wikisource
Jump to navigation Jump to search


[編集]

 幾頭の獅子ししける車の上に、いきおいよく突立ちたる、女神にょしんバワリアの像は、先王ルウドヰヒ第一世がこの凱旋門がいせんもんゑさせしなりといふ。そのもとよりルウドヰヒ町を左に折れたる処に、トリエント産の大理石にてきずきおこしたるおほいへあり。これバワリアの首府に名高き見ものなる美術学校なり。校長ピロッチイが名は、をちこちに鳴りひびきて、独逸ドイツの国々はいふもさらなり、新希臘ギリシア伊太利イタリア璉馬デンマークなどよりも、ここにきたりつどへる彫工ちょうこう、画工数を知らず。日課をへてのちは、学校の向ひなる、「カッフェエ・ミネルワ」といふ店に入りて、珈琲カッフェーのみ、酒くみかはしなどして、おもひおもひのたわぶれす。こよひも瓦斯燈ガスとうの光、半ば開きたる窓に映じて、内には笑ひさざめく声聞ゆるをり、かどにきかかりたる二人あり。

 先に立ちたるは、かち色のかみのそそけたるをいとはず、幅広き襟飾えりかざりななめに結びたるさま、が目にも、ところの美術諸生しょせいと見ゆるなるべし。どまりて、あとなる色黒き小男に向ひ、「ここなり」といひて、戸口をあけつ。

 先づ二人がおもてつはたばこのけぶりにて、にわかに入りたる目には、なかなる人をも見わきがたし。日は暮れたれど暑き頃なるに、窓ことごとくあけはなちはせで、かかる烟の中に居るも、ならいとなりたるなるべし。「エキステルならずや、いつの間にか帰りし。」「なほ死なでありつるよ。」など口々に呼ぶを聞けば、かの諸生はこのむれにて、馴染なじみあるものならむ。その間、あたりなる客は珍らしげに、後につきて入来いりきたれる男を見つめたり。見つめらるる人は、座客ざかくのなめなるを厭ひてか、しば眉根まゆねしわ寄せたりしが、とばかり思ひかへししにや、わずかえみを帯びて、一座を見度みわたしぬ。

 この人は今着きし汽車にて、ドレスデンより来にければ、茶店ちゃみせのさまの、かしことこことことなるに目を注ぎぬ。大理石の円卓まるづくえ幾つかあるに、白布しらぬの掛けたるは、夕餉ゆうげ畢りしあとをまだ片附けざるならむ。裸なる卓にれる客の前に据ゑたる土やきのさかずきあり。盃は円筒形えんとうがたにて、燗徳利かんどくり四つ五つも併せたるおおいさなるに、弓なりのとり手つけて、金蓋かなふた蝶番ちょうつがいに作りておおひたり。客なき卓に珈琲わん置いたるを見れば、みなさかしまに伏せて、糸底いとぞこの上に砂糖、幾塊いくかたまりか盛れる小皿載せたるもをかし。

 客はみなりも言葉もさまざまなれど、髪もけづらず、服もととのへぬは一様なり。されどあながち卑しくも見えぬは、さすが芸術世界に遊べるからにやあるらむ。中にも際立きわだちてにぎわしきは中央なる大卓おおづくえを占めたる一群ひとむれなり。よそには男客のみなるに、ひとりここには少女おとめあり。今エキステルに伴はれてし人と目を合はせて、互に驚きたるごとし。

 来し人はこの群に珍らしき客なればにや。また少女の姿は、初めてひし人を動かすにあまりあらむ。前庇まえびさし広く飾なきぼうぶりて、年は十七、八ばかりと見ゆるかんばせ、ヱヌスの古彫像をあざむけり。そのふるまひにはおのずか気高けだかき処ありて、かいなでの人と覚えず。エキステルが隣の卓なる一人の肩をちて、何事をかかたりゐたるを呼びて、「こなたには面白き話一つする人なし。この様子にては骨牌カルタのが球突たまつきに走るなど、いまはしき事を見むも知られず。おん連れの方と共に、こなたへ来たまはずや。」と笑みつつすすむる、その声の清きに、いま来し客は耳かたぶけつ。

「マリイの君のゐ玉ふ処へ、たれか行かざらむ。人々も聞け、けふこの『ミネルワ』の仲間に入れむとてともなひたるは、巨勢こせ君とて、遠きやまとの画工なり。」とエキステルに紹介せられて、随来したがいきぬる男の近寄りて会釈えしゃくするに、ちて名告なのりなどするは、外国人とつくにびとのみ。さらぬは坐したるままにて答ふれど、あなどりたるにもあらず、この仲間のくせなるべし。

 エキステル、「わがドレスデンなる親族みうちたずねにゆきしは人々も知りたり。巨勢君にはかしこなる画堂にて逢ひ、それよりまじわりを結びて、こたび巨勢君、ここなる美術学校に、しばし足をとどめむとて、旅立ち玉ふをり、われもともにかへりに上りぬ。」人々は巨勢に向ひて、はるばるぬる人と相識あいしれるよろこびをべ、さて、「大学にはおん国人くにびとも、をりをり見ゆれど、美術学校に来たまふは、君がはじめなり。けふ着きたまひしことなれば、『ピナコテエク』、また美術会の画堂なども、まだ見玉はじ。されどよそにて見たまひし処にて、南独逸ドイツを何とか見たまふ。こたび来たまひし君が目的は奈何いかに。」など口々に問ふ。マリイはおしとどめて、「しばししばし、かく口をそろへて問はるる、巨勢君とやらむの迷惑、人々おもはずや。聞かむとならば、静まりてこそ。」といふを、「さても女主人おみなあるじの厳しさよ、」と人々笑ふ。巨勢は調子こそ異様ことざまなれ、つたなからぬ独逸語にて語りいでぬ。

「わがミュンヘンにしは、このたびをはじめとせず。六年むとせ前にここを過ぎて、索遜ザクセンにゆきぬ。そのをりは『ピナコテエク』に懸けたる画を見しのみにて、学校の人々などに、交を結ぶことを得ざりき。そは故郷を出でし時よりの目あてなるドレスデンの画堂へかむと、心のみ急がれしゆゑなり。されど再びここに来て、君らがまとゐに入ることとなりし、その因縁いんねんをば、早く当時に結びぬ。」

大人気おとなげなしといひけたで聞き玉へ。謝肉しゃにく〈[#「謝肉」の左に「カルネワル」のルビ]〉の祭、はつる日の事なりき。『ピナコテエク』のやかた出でし時は、雪いま晴れて、ちまた中道なかみちなる並木の枝は、ひとびとつ薄き氷にてつつまれたるが、今点ぜし街燈に映じたり。いろいろの異様なるころもを着て、白くまた黒き百眼ひゃくまなこ掛けたる人、群をなして往来ゆききし、ここかしこなる窓には毛氈もうせん垂れて、物見としたり。カルルのつじなる『カッフェエ・ロリアン』に入りて見れば、おもひおもひの仮装色を争ひ、中にまじりし常の衣もはえある心地ここちす。みなこれ『コロッセウム』、『ヰクトリア』などいふ舞踏場のあくを待てるなるべし。」

 かく語る処へ、胸当むねあてにつづけたる白前垂まえだれ掛けたる下女はしため麦酒ビールの泡だてるを、ゆり越すばかり盛りたる例の大杯おおさかずきを、四つ五つづつ、とり手を寄せてもろ手に握りもち、「新しきたるよりとおもひて、おそうなりぬ。許したまへ」とことわりて、前なる杯飲みほしたりし人々にわたすを、少女、「ここへ、ここへ」と呼びちかづけて、まだ杯持たぬ巨勢が前にも置かす。巨勢は一口飲みて語りつづけぬ。

「われも片隅なる一榻いっとうに腰掛けて、賑はしきさま打見るほどに、かどの戸あけてりしは、きたなげなる十五ばかりの伊太利栗イタリアぐりうりにて、焼栗盛りたる紙筒かみづつを、うずたかく積みし箱かいこみ、『マロオニイ、セニョレ。』(栗めせ、君)と呼ぶ声も勇ましき、後につきて入りしは、十二、三と見ゆるおみななりき。ふるびたる鷹匠頭巾たかじょうずきん〈[#「鷹匠頭巾」の左に「カプウチェ」のルビ]〉、ふかぶかとかぶり、こごえて赤うなりし両手さしのべて、浅き目籠めごふちを持ちたり。目籠には、常盤木ときわぎの葉、敷き重ねて、その上に時ならぬ菫花すみれの束を、愛らしく結びたるを載せたり。『ファイルヘン、ゲフェルリヒ』(すみれめせ)と、うなだれたるこうべもたげもあへでいひし声の清さ、今に忘れず。このわらべと女の子と、道連れとは見えねば、童の入るを待ちて、これをしほに、女の子は来しならむとおもはれぬ。」

「この二人のさまのことなるは、早くわが目をき。人を人ともおもはぬ、ほとんど憎げなる栗うり、やさしくいとほしげなるすみれうり、いづれもむれゐる人の間を分けて、座敷の真中まなか帳場ちょうばの前あたりまで来し頃、そこに休みゐたる大学々生らしき男の連れたる、英吉利種イギリスだね大狗おおいぬ、いままで腹這はらばひてゐたりしが、身を起して、背をくぼめ、四足よつあしを伸ばし、栗箱に鼻さし入れつ。それと見て、童の払ひのけむとするに、驚きたる狗、あとに附きて来し女の子に突当れば、『あなや、』とおびえて、手に持ちし目籠とり落したり。くき錫紙すずがみ巻きたる、美しきすみれの花束、きらきらと光りて、よもに散りぼふを、き物得つとかの狗、踏みにじりては、くわへて引きちぎりなどす。ゆかは暖炉だんろぬくまりにて解けたる、靴の雪にぬれたれば、あたりの人々、かれ笑ひ、これののしるひまに、落花狼藉らっかろうぜき、なごりなく泥土にゆだねたり。栗うりの童は、逸足いちあしいだして逃去り、学生らしき男は、あくびしつつ狗をしっし、女の子はあきれて打守うちまもりたり。この菫花うりの忍びて泣かぬは、うきになれて涙の泉れたりしか、さらずは驚きまどひて、一日の生計たつき、これがためにまむとまでは想到おもいいたらざりしか。しばしありて、女の子はくだけのこりたる花束二つ三つ、力なげに拾はむとするとき、帳場にゐる女の知らせに、ここの主人あるじ出でぬ。赤がほにて、腹突きいだしたる男の、白き前垂したるなり。太きこぶしを腰にあてて、花売りの子を暫しにらみ、『わが店にては、暖簾師のれんし〈[#「暖簾師」の左に「ハウジイレル」のルビ]〉めいたるあきなひ、せさせぬがさだめなり。くゆきね。』とわめきぬ。女の子はただ言葉なく出でゆくを、満堂の百眼ひゃくまなこ一滴ひとしずくの涙なく見送りぬ。」

「われは珈琲代の白銅貨を、帳場の石板の上にげ、外套がいとう取りて出でて見しに、花売の子は、ひとりさめさめと泣きてゆくを、呼べどもかえりみず。追付きて、『いかに、き子、菫花のしろ取らせむ、』といふを聞きて、始めて仰見あおぎみつ。そのおもての美しさ、濃きあいいろの目には、そこひ知らぬうれいありて、一たび顧みるときは人のはらわたを断たむとす。嚢中のうちゅうの『マルク』七つ八つありしを、からかごの上に置きて与へ、驚きて何ともいはぬひまに、立去りしが、そのおもて、その目、いつまでも目に付きて消えず。ドレスデンにゆきて、画堂のがくうつすべきゆるしを得て、ヱヌス、レダ、マドンナ、ヘレナ、いづれの図に向ひても、不思議や、すみれ売のかほばせ霧のごとく、われと画額との間に立ちて障礙しょうげをなしつ。かくては所詮しょせん、我わざの進まむこと覚束おぼつかなしと、旅店の二階にもりて、長椅子ながいす覆革おおいかわに穴あけむとせし頃もありしが、一朝いっちょう大勇猛心をふるひおこして、わがあらむかぎりの力をこめて、この花売の娘の姿を無窮むきゅうに伝へむと思ひたちぬ。さはあれどわが見し花うりの目、春潮をながむるよろこびの色あるにあらず、暮雲を送る夢見心あるにあらず、伊太利イタリア古跡の間に立たせて、あたりに一群ひとむれ白鳩しろばと飛ばせむこと、ふさはしからず。我空想はかの少女おとめをラインの岸の巌根いわねにをらせて、手に一張ひとはりの琴をらせ、嗚咽おえつの声をいださせむとおもひ定めにき。したなる流にはわれ一葉いちようの舟をうかべて、かなたへむきてもろ手高く挙げ、おもてにかぎりなき愛を見せたり。舟のめぐりには数知られぬ、『ニックセン』、『ニュムフェン』などの形波間なみまより出でて揶揄やゆす。けふこのミュンヘンのに来て、しばし美術学校の『アトリエ』借らむとするも、行李こりの中、唯この一画藁いちがこう、これをおん身ら師友の間にはかりて、成しはてむと願ふのみ。」

 巨勢はわれ知らず話しいりて、かくいひおわりし時は、モンゴリアがたの狭き目も光るばかりなりき。「いしくも語りけるかな、」と呼ぶもの二人三人ふたりみたり。エキステルは冷淡に笑ひてききゐたりしが、「汝たちもその図見にゆけ、一週がほどには巨勢君の『アトリエ』ととのふべきに」といひき。マリイは物語のなかばより色をたがへて、目は巨勢が唇にのみ注ぎたりしが、手に持ちしさかずきさへ一たびは震ひたるやうなりき。巨勢ははじめこのまとゐに入りし時、すでに少女の我すみれうりに似たるに驚きしが、話に聞きほれて、こなたを見つめたるまなざし、あやまたずこれなりと思はれぬ。こも例の空想のしわざなりやいなや。物語畢りしとき、少女は暫し巨勢を見やりて、「君はそののち、再び花うりを見たまはざりしか、」と問ひぬ。巨勢はただちに答ふべき言葉を得ざるやうなりしが。「否。花売を見しそのゆうべの汽車にてドレスデンを立ちぬ。されどなめなる言葉をとがめ玉はずばきこえはべらむ。我すみれうりの子にもわが『ロオレライ』のにも、をりをりたがはず見えたまふはおん身なり。」

 この群は声高く笑ひぬ。少女、「さては画額ならぬ我姿と、君との間にも、その花うりの子立てりと覚えたり。我を誰とかおもひ玉ふ。」起ちあがりて、真面目まじめなりともたわぶれなりとも、知られぬやうなる声にて。「われはその菫花すみれうりなり。君がなさけむくいはかくこそ。」少女は卓越たくごしに伸びあがりて、うつむきゐたる巨勢がかしらを、ひら手にて抑へ、そのぬか接吻せっぷんしつ。

 この騒ぎに少女が前なりし酒はくつがへりて、もすそひたし、卓の上にこぼれたるは、蛇の如くひて、人々の前へ流れよらむとす。巨勢は熱き手掌たなぞこを、両耳の上におぼえ、驚く間もなく、またこれより熱き唇、額に触れたり。「我友に目を廻させたまふな。」とエキステル呼びぬ。人々は半ば椅子より立ちて「いみじきたわぶれかな、」と一人がいへば、「われらは継子ままこなるぞくやしき、」とほかの一人いひて笑ふを、よそなる卓よりも、皆興ありげにうちまもりぬ。

 少女がそばに坐したりし一人は、「われをもすさめ玉はむや、」といひて、右手めてさしのべて少女が腰をかき抱きつ。少女は「さても礼儀知らずの継子どもかな、汝らにふさはしき接吻のしかたこそあれ。」と叫び、ふりほどきて突立ち、美しき目よりは稲妻いなずま出づと思ふばかり、しばし一座をにらみつ。巨勢は唯あきれに呆れて見ゐたりしが、この時の少女が姿は、菫花うりにも似ず、「ロオレライ」にも似ず、さながら凱旋門上のバワリアなりと思はれぬ。

 少女はが飲みほしけむ珈琲碗に添へたりし「コップ」を取りて、中なる水を口にふくむと見えしが、唯一噀ひとふき。「継子よ、継子よ、汝らたれか美術の継子ならざる。フィレンチェ派学ぶはミケランジェロ、ヰンチイが幽霊、和蘭オランダ派学ぶはルウベンス、ファン・ヂイクが幽霊、我国のアルブレヒト・ドュウレル学びたりとも、アルブレヒト・ドュウレルが幽霊ならぬはまれならむ。会堂に掛けたる『スツヂイ』二つ三つ、値段ねだん好く売れたるあかつきには、われらは七星われらは十傑、われらは十二使徒とほしいままに見たてしてのわれぼめ。かかるえりくずにミネルワの唇いかで触れむや。わが冷たき接吻にて、満足せよ。」とぞ叫びける。

 噴掛ふきかけし霧の下なるこの演説、巨勢は何事ともわきまへねど、時の絵画をいやしめたる、諷刺ふうしならむとのみは推測おしはかりて、そのおもてを打仰ぐに、女神バワリアに似たりとおもひし威厳少しもくづれず、言畢いいおわりて卓の上におきたりし手袋の酒に濡れたるを取りて、大股おおまたにあゆみて出でゆかむとす。

 皆すさまじげなる気色けしきして、「狂人」と一人いへば、「近きにむくいせではまじ」と外の一人いふを、戸口にて振りかへりて。「遺恨に思ふべき事かは、月影にすかして見よ、額に血のあとはとどめじ。吹きかけしは水なれば。」

[編集]

 あやしき少女おとめの去りてより、ほどなく人々あらけぬ。かえにエキステルに問へば、「美術学校にて雛形モデルとなる少女の一人にて、『フロイライン』ハンスルといふものなり。見たまひし如く奇怪なる振舞ふるまいするゆゑ、狂女なりともいひ、また外の雛形娘と違ひて、人に肌見せねば、かたはにやといふもあり。その履歴知るものなけれど、おしえありて気象よの常ならず、けがれたるおこないなければ、美術諸生の仲間には、喜びて友とするもの多し。こうべなることは見たまふ如し。」と答へぬ。巨勢こせ、「我画かくにもようあるべきものなり。『アトリエ』ととのはむ日には、よと伝へたまへ。」エキステル、「心得たり。されど十三の花売娘にはあらず、裸体の研究、あやうしとはおもはずや。」巨勢、「裸体の雛形せぬ人と君もいひしが。」エキステル、「にいはれたり。されど男と接吻したるも、けふ始めて見き。」エキステルがこの言葉に、巨勢は赤うなりしが、街燈暗き「シルレル・モヌメント」のあたりなりしかば、友は見ざりけり。巨勢が「ホテル」の前にて、二人はたもとを分ちぬ。

 一週ほどのちの事なりき。エキステルが周旋にて、美術学校の「アトリエ」一間ひとまを巨勢に借されぬ。南に廊下ありて、北面の壁は硝子ガラス大窓おおまどなかばを占められ、隣の間とのへだてには唯帆木綿ほもめんとばりあるのみ。頃はみな月半ばなれど、旅立ちし諸生多く、隣に人もあらず、わざ妨ぐべきうれいなきを喜びぬ。巨勢は画額のだい〈[#「架」の左に「スタッファージュ」のルビ]〉の前に立ちて、今入りし少女に「ロオレライ」の画を指さし示して、「君に聞かれしはこれなり。面白げに笑ひたはぶれ玉ふときは、さしもおもはれねど、をりをり君がおも影の、ここなる未成の人物にいとふさはしきときあり。」

 少女は高く笑ひて。「物忘ものわすれしたまふな。おん身が『ロオレライ』のもとの雛形、すみれ売の子は我なりとは、先の夜も告げしものを。」かくいひしがにわかに色を正して。「おん身は我を信じたまはず、げにそれも無理ならず。世の人は皆我を狂女なりといへば、さおもひたまふならむ。」この声たわぶれとは聞えず。

 巨勢は半信半疑したりしが、忍びかねて少女にいふ、「余りに久しくさいなみ玉ふな。今も我がぬかに燃ゆるは君が唇なり。はかなき戯とおもへば、しひて忘れむとせしこと、幾度いくたびか知らねど、まよいは遂に晴れず。あはれ君がまことの身の上、苦しからずは聞かせ玉へ。」

 まどもとなる小机に、いま行李こりより出したるふるき絵入新聞、つかひさしたるあぶらゑの錫筒すずづつ、粗末なる烟管キセルにまだ巻烟草まきタバコはしの残れるなど載せたるその片端に、巨勢はつらづえつきたり。少女は前なるとう椅子いすに腰かけて、語りいでぬ。

「まづ何事よりか申さむ。この学校にて雛形の鑑札受くるときも、ハンスルといふ名にて通したれど、そは我まことの名にあらず。父はスタインバハとて、今の国王にでられて、ひと時さかえし画工なりき。わが十二の時、王宮の冬園ふゆその〈[#「冬園」の左に「ヴィンテルガルテン」のルビ]〉に夜会ありて、二親みな招かれぬ。うたげたけなわなる頃、国王見えざりければ、人々驚きて、移植うつしうゑし熱帯草木そうもくいやが上に茂れる、硝子ガラス屋根の下、そこかここかと捜しもとめつ。そのの片隅にはタンダルヂニスがきざめる、ファウストと少女との名高き石像あり。わが父のそのあたりに来たりし時、胸くるやうなる声して、『助けて、助けて』と叫ぶものあり。声をしるべに、黄金こがね穹窿まるてんじょうおほひたる、『キオスク』(四阿屋あずまや)の戸口に立寄れば、周囲に茂れる椶櫚しゅろの葉に、瓦斯燈ガスとうの光支へられたるが、濃き五色にて画きし、窓硝子をりてさしこみ、薄暗くあやしげなる影をなしたるうちに、一人の女の逃げむとすまふを、ひかへたるは王なり。その女のおもて見し時の、父が心はいかなりけむ。かれは我母なりき。父はあまりの事に、しばしたゆたひしが、『許したまへ、陛下へいか』と叫びて、王を推倒おしたおしつ。そのひまに母は走りのきしが、不意を打たれて倒れし王は、起き上りて父に組付きぬ。えふとりて多力なる国王に、父はいかでか敵し得べき、組敷かれて、かたわらなりし如露じょろにてしたたか打たれぬ。この事知りていさめし、内閣の秘書官チイグレルは、ノイシュワンスタインなる塔に押籠おしこめらるるはずなりしが、救ふ人ありて助けられき。われはその夜家にありて、二親の帰るを待ちしに、下女はしため来て父母帰り玉ひぬといふ。喜びて出迎ふれば、父かれて帰り、母は我を抱きて泣きぬ。」

 少女はしばらく黙しつ。けさより曇りたる空は、雨になりて、をりをり窓を打つしずく、はらはらと音す。巨勢いふ。「王の狂人となりて、スタルンベルヒの湖に近き、ベルヒといふ城にうつされ玉ひしことは、きのふ新聞にて読みしが、さてはその頃よりかかる事ありしか。」

 少女は語をぎて。「王の繁華の地を嫌ひて、ひなに住まひ、昼寝ねて夜起きたまふは、久しきほどの事なり。独逸ドイツ仏蘭西フランスいくさありし時、加特力カトリック派の国会に打勝ちて、普魯西プロシヤ方につきし、王が中年のいさをは、次第に暴政のうわさおおはれて、公けにこそ言ふものなけれ、陸軍大臣メルリンゲル、大蔵大臣リイデルなど、故なくして死刑に行はれむとしたるを、その筋にて秘めたるは、誰知らぬものなし。王の昼寝し玉ふときは、近衆きんじゅうみなしりぞけられしが、囈語うわことにマリイといふこと、あまたたびいひたまふを聞きしもありといふ。我母の名もマリイといひき。望なき恋は、王の病を長ぜしにあらずや。母はかほばせ我に似たる処ありて、その美しさは宮の内にてたぐいなかりきと聞きつ。」

「父は間もなく病みて死にき。まじわり広く、ものおしみせず、世事には極めてうとかりければ、家に遺財つゆばかりもなし。それよりダハハウエル街の北のはてに、裏屋の二階明きたりしを借りて住みしが、そこに遷りてより、母も病みぬ。かかる時にうつろふものは、人の心の花なり。数知らぬ苦しき事は、わがおさなき心に、早く世の人を憎ましめき。あくる年の一月、謝肉祭の頃なりき、家財衣類なども売尽して、日々のけぶりも立てかぬるやうになりしかば、貧しき子供の群に入りてわれも菫花すみれ売ることを覚えつ。母のみまかる前、三日四日のほどを安く送りしは、おん身のたまものなりき。」

「母のなきがら片付けなどするとき、世話せしは、一階高くすまひたる裁縫師なり。あはれなるみなしごひとり置くべきにあらずとて、迎取られしを喜びしこと、今おもひ出しても口惜くやしきほどなり。裁縫師には、娘二人ありて、いたく物ごのみして、みづからてらふさまなるを見しが、迎取られてよりうかがへば、夜に入りてしばしば客あり。酒など飲みて、はては笑ひののしり、また歌ひなどす。客は外国とつくにの人多く、おん国の学生なども見えしやうなりき。或る日主人あるじわれにも新しききぬ着よといひしが、そのをりその男の我を見て笑ひし顔、何となくおそろしく、子供心にもうれしとはおもはざりき。ひるすぎし頃、四十ばかりなる知らぬ人来て、スタルンベルヒの湖水へかむといふを、主人もともすすめき。父の世にありしきとき、伴はれてゆきし嬉しさ、なほ忘れざりしかば、しぶしぶうべなひつるを、「かくてこそき子なれ」とみなめつ。連れなる男は、みちにてやさしくのみ扱ひて、かしこにては『バワリア』といふ座敷船ザロンダムフェルに乗り、食堂にゆきて物食はせつ。酒もすすめぬれど、そは慣れぬものなれば、いなみて飲まざりき。ゼエスハウプトに船はてしとき、その人はまた小舟を借り、これに乗りて遊ばむといふ。暮れゆくそらに心細くなりしわれは、はやかへらむといへど、聴かずして漕出こぎいで、岸辺に添ひてゆくほどに、人げ遠き葦間あしまきたりしが、男は舟をそこにめつ。わが年はまだ十三にて、はじめは何事ともわきまへざりしが、のちには男の顔色もかはりておそろしく、われにでもあらで、水に躍入おどりいりぬ。暫しありて我にかへりしときは、湖水のほとりなる漁師りょうしの家にて、貧しげなる夫婦のものに、介抱せられてゐたりき。帰るべき家なしと言張りて、一日ひとひ二日ふたひすぐうちに、漁師夫婦の質朴なるに馴染なじみて、不幸なる我身の上を打明けしに、あはれがりて娘として養ひぬ。ハンスルといふは、この漁師の名なり。」

「かくて漁師の娘とはなりぬれど、弱き身には舟のかじ取ることもかなはず、レオニのあたりに、富める英吉利人イギリスびとの住めるにやとはれて、小間使こまづかいになりぬ。加特力教カトリックきょう信ずる養父母は、英吉利人に使はるるを嫌ひぬれど、わが物読むことなど覚えしは、かの家なりし雇女教師やといじょきょうし〈[#「雇女教師」の左に「グェルナント」のルビ]〉めぐみなり。女教師は四十余の処女しょじょなりしが、家の娘のたかぶりたるよりは、我を愛すること深く、三年みとせがほどに多くもあらぬ教師の蔵書、ことごとく読みき。ひがよみはさこそ多かりけめ。またふみの種類もまちまちなりき。クニッゲが交際法あれば、フムボルトが長生術あり。ギョオテ、シルレルの詩抄半ばじゆしてキョオニヒが通俗の文学史をひもとき、あるはルウヴル、ドレスデンの画堂の写真絵、繰りひろげて、テエヌが美術論の訳書をあさりぬ。」

去年こぞ英吉利人一族を率ゐて国に帰りし後は、しかるべき家に奉公せばやとおもひしが、身元からねば、ところの貴族などには使はれず。この学校の或る教師に、はしなくも見出されて、雛形モデル勤めしがえにしになりて、遂に鑑札受くることとなりしが、われを名高きスタインバハが娘なりとは知る人なし。今は美術家の間に立ちまじりて、ただ面白くのみ日を暮せり。されどグスタアフ・フライタハはさすがそらごといひしにあらず。美術家ほど世に行儀しきものなければ、独立ひとりたちてまじわるには、しばしも油断すべからず。寄らず、さわらぬやうにせばやとおもひて、はからず見玉みたまふ如き不思議の癖者くせものになりぬ。をりをりは我身、みづからも狂人にはあらずやと疑ふばかりなり。これにはレオニにて読みしふみも、すこたたりをなすかとおもへど、もしらば世に博士と呼ばるる人は、そもそもいかなる狂人ならむ。われを狂人と罵る美術家ら、おのれらが狂人ならぬを憂へこそすべきなれ。英雄豪傑、名匠大家となるには、多少の狂気なくてかなはぬことは、ゼネカが論をも、シエエクスピアがげんをもたず。見玉へ、我学問のひろきを。狂人にして見まほしき人の、狂人ならぬを見る、その悲しさ。狂人にならでもよき国王は、狂人になりぬと聞く、それも悲し。悲しきことのみ多ければ、昼はせみと共に泣き、夜はかわずと共に泣けど、あはれといふ人もなし。おん身のみはつれなくあざみ笑ひ玉はじとおもへば、心のゆくままに語るをとがめ玉ふな。ああ、かういふも狂気か。」




[編集]

 さだめなき空に雨みて、学校の庭の木立こだちのゆるげるのみ曇りし窓の硝子ガラスをとほして見ゆ。少女おとめが話聞く間、巨勢こせが胸には、さまざまの感情戦ひたり。或ときはむかし別れし妹にひたる兄の心となり、或ときは廃園にたおしたるヱヌスの像に、ひとり悩める彫工の心となり、或るときはまた艶女えんにょに心動され、われはちじと戒むる沙門しゃもんの心ともなりしが、聞きをはりし時は、胸騒ぎ肉ふるひて、われにもあらで、少女が前にひざまずかむとしつ。少女はつと立ちて「この部屋の暑さよ。はや学校の門もささるる頃なるべきに、雨も晴れたり。おん身とならば、おそろしきこともなし。共にスタルンベルヒへき玉はずや。」とそばなるぼう取りていただきつ。そのさま巨勢が共に行くべきを、つゆ疑はずとおぼし。巨勢はただ母に引かるる穉子おさなごの如く従ひゆきぬ。

 門前にて馬車やとひて走らするに、ほどなく停車場に来ぬ。けふは日曜なれど、天気しければにや、近郷きんごうよりかへる人も多からで、ここはいとしずかなり。新聞の号外売る婦人あり。買ひて見れば、国王ベルヒの城にうつりて、容体ようだい穏なれば、侍医グッデンも護衛をゆるめさせきとなり。滊車きしゃ中には湖水のほとりにあつさ避くる人の、物買ひに府に出でし帰るさなるが多し。王のうわさいとかまびすし。「まだホオヘンシュワンガウの城にゐたまひし時には似ず、心しずまりたるやうなり。ベルヒに遷さるる途中、ゼエスハウプトにて水求めて飲みたまひしが、近きわたりなりし漁師りょうしらを見て、やさしくうなずきなどしたまひぬ。」とみたることばにて語るは、かひものかご手にさげたる老女おうななりき。

 車走ること一時間、スタルンベルヒに着きしはゆうべの五時なり。かちよりきてやうやう一日ほどの処なれど、はやアルペン山の近さを、唯何となく覚えて、このくもらはしき空の気色けしきにも、胸開きて息せらる。車のあちこちと廻来まわりこし、丘陵のたちまち開けたる処に、ひろびろと見ゆるは湖水なり。停車場は西南の隅にありて、東岸なる林木、漁村はゆふ霧に包まれてほのかに認めらるれど、山に近き南の方は一望きはみなし。

 案内あない知りたる少女に引かれて、巨勢は右手めてなる石段をのぼりて見るに、ここは「バワリア」のホオフといふ「ホテル」の前にて、屋根なき所に石卓いしづくえ椅子いすなど並べたるが、けふは雨後なればしめじめと人げ少し。給仕するしもべの黒き上衣うわぎに、白の前掛したるが、何事をかつぶやきつつも、卓に倒しかけたる椅子を、引起してぬぐひゐたり。ふと見れば片側ののきにそひて、つたかずらからませたるたなありて、そのもとなる円卓まるづくえを囲みたるひとむれの客あり。こはこの「ホテル」に宿りたる人々なるべし。男女打ちまじりたる中に、先の夜「ミネルワ」にて見し人ありしかば、巨勢は往きてものいはむとせしに、少女おしとどめて。「かしこなるは、君の近づきたまふべき群にあらず。われは年若き人と二人にて来たれど、づべきはかなたにありて、こなたにあらず。彼はわれを知りたれば、見玉へ、久しく座にえ忍びあへで隠るべし。」とばかりありて、かの美術諸生は果してちて「ホテル」に入りぬ。少女は僕を呼びちかづけて、座敷船はまだ出づべしやと問ふに、僕は飛行く雲を指さして、この覚束おぼつかなきそらあひなれば、最早もはやでざるべしといふ。さらば車にてレオニに行かばやとて言付けぬ。

 馬車来ぬれば、二人は乗りぬ。停車場のかたえより、東の岸辺をはしらす。この時アルペンおろしさと吹来て、湖水のかたに霧立ちこめ、今出でしほとりをふりかへり見るに、次第々々に鼠色ねずみいろになりて、家のむね、木のいただきのみ一きは黒く見えたり。御者ふりかへりて、「雨なり。母衣ほろおおふべきか。」と問ふ。「いな」とこたへし少女は巨勢に向ひて。「ここちよのこのあそびや。むかし我命うしなはむとせしもこの湖の中なり。我命拾ひしもまたこの湖の中なり。さればいかでとおもふおん身に、真心まごころ打明けてきこえむもここにてこそと思へば、かくはさそひまつりぬ。『カッフェエ・ロリアン』にて恥かしき目にあひけるとき、救ひ玉はりし君をまた見むとおもふ心を命にて、幾歳いくとせをか経にけむ。先の夜『ミネルワ』にておん身が物語聞きしときのうれしさ、日頃木のはしなどのやうにおもひし美術諸生の仲間なりければ、人あなづりして不敵の振舞ふるまいせしを、はしたなしとや見玉ひけむ。されど人生いくばくもあらず。うれしとおもふ一弾指いちだんしの間に、口張りあけて笑はずば、後にくやしくおもふ日あらむ。」かくいひつつかぶりし帽を脱棄ぬぎすてて、こなたへふり向きたる顔は、大理石脈だいりせきみゃくに熱血おどる如くにて、風に吹かるる金髪は、こうべ打振りて長くいばゆる駿馬しゅんめたてがみに似たりけり。「けふなり。けふなり。きのふありて何かせむ。あすも、あさてもむなしき名のみ、あだなる声のみ。」

 この時、二点三点、粒太つぶふとき雨は車上の二人がきぬを打ちしが、またたくひまに繁くなりて、湖上よりの横しぶき、あららかにおとづれ来て、べにしたる少女が片頬かたほおに打ちつくるを、さしのぞく巨勢が心は、唯そらにのみやなりゆくらむ。少女は伸びあがりて、「御者、酒手さかては取らすべし。れ。一策ひとむち加へよ、今一策。」と叫びて、右手めてに巨勢がうなじいだき、おのれはうなじをそらせて仰視あおぎみたり。巨勢はわたの如き少女が肩に、我かしらを持たせ、ただ夢のここちしてその姿を見たりしが、かの凱旋門がいせんもん上の女神バワリアまた胸に浮びぬ。

 国王のめりといふベルヒ城のもとし頃は、雨いよいよはげしくなりて、湖水のかたを見わたせば、吹寄する風一陣々、濃淡の竪縞たてじまおり出して、き処には雨白く、あわき処には風黒し。御者は車を停めて、「しばしがほどなり。余りにれて客人まろうども風や引き玉はむ。またふるびたれどもこの車、いたく濡らさば、主人あるじいかりはむ。」といひて、手早く母衣打掩うちおおひ、また一鞭ひとむちあてて急ぎぬ。

 雨なほをやみなくふりて、神おどろおどろしく鳴りはじめぬ。みちは林の間に入りて、この国の夏の日はまだ高かるべき頃なるに、木下道このしたみちほの暗うなりぬ。夏の日にされたりし草木の、雨に湿うるおひたるかをり車の中に吹入るを、かつしたる人の水飲むやうに、二人は吸ひたり。鳴神なるかみのおとの絶間たえまには、おそろしき天気におくれたりとも見えぬ「ナハチガル」鳥の、玲瓏れいろうたる声振りたててしばなけるは、淋しき路をひとりゆく人の、ことさらに歌うたふたぐいにや。この時マリイは諸手もろてを巨勢が項に組合せて、身のおもりを持たせかけたりしが、木蔭をる稲妻に照らされたる顔、見合せてえみを含みつ。あはれ二人は我を忘れ、わが乗れる車を忘れ、車の外なる世界をも忘れたりけむ。

 林を出でて、阪路さかみちを下るほどに、風村雲むらくもを払ひさりて、雨もまたみぬ。湖の上なる霧は、重ねたる布を一重ひとえ、二重とぐ如く、つかに晴れて、西岸なる人家も、また手にとるやうに見ゆ。唯ここかしこなる木下蔭をぐるごとに、こずえに残る露の風に払はれて落つるを見るのみ。

 レオニにて車を下りぬ。左に高くそばだちたるは、いはゆるロットマンが岡にて、「湖上第一勝」と題したる石碑せきひの建てる処なり。右に伶人れいじんレオニが開きぬといふ、水にのぞめる酒店さかみせあり。巨勢がかいなにもろ手からみて、すがるやうにして歩みし少女は、この店の前に来て岡の方をふりかへりて、「わが雇はれし英吉利人イギリスびとの住みしは、この半腹はんぷくの家なりき。老いたるハンスル夫婦が漁師小屋も、最早百歩がほどなり。われはおん身をかしこへ、伴はむとおもひてしが、胸騒ぎてへがたければ、この店にていこはばや。」巨勢はにもとて、店に入りて夕餉ゆうげあつらふるに、「七時ならでは整はず、まだ三十分待ち給はではかなはじ、」といふ。ここは夏の間のみ客ある処にて、給仕する人もその年々に雇ふなれば、マリイをれるもなかりき。

 少女はつと立ちて、桟橋さんばしつなぎし舟を指さし、「舟ぐことを知り玉ふか。」巨勢、「ドレスデンにありし時、公園のカロラ池にて舟漕ぎしことあり、善くすといふにあらねど、君ひとりわたさむほどの事、いかで做得なしえざらむ。」少女、「庭なる椅子いすれたり。さればとて屋根の下は、あまりに暑し。しばし我を載せて漕ぎ玉へ。」

 巨勢はぬぎたる夏外套なつがいとうを少女にせて小舟おぶねに乗らせ、われはかい取りて漕出こぎいでぬ。雨は歇みたれど、天なほ曇りたるに、暮色は早く岸のあなたに来ぬ。さきの風に揺られたるなごりにや、枻敲かじたたくほどの波はなほありけり。岸に沿ひてベルヒのかたへ漕ぎ戻すほどに、レオニの村落果つるあたりに来ぬ。岸辺の木立こだち絶えたる処に、真砂路まさごじの次第に低くなりて、波打際なみうちぎわに長椅子ゑたる見ゆ。あし一叢ひとむら舟に触れて、さわさわと声するをりから、岸辺に人の足音して、木の間を出づる姿あり。身のたけ六尺に近く、黒き外套を着て、手にしぼめたる蝙蝠傘こうもりがさを持ちたり。左手ゆんでに少し引きさがりてしたがひたるは、ひげも髪も皆雪の如くなるおきななりき。前なる人はうつむきて歩みぬれば、ふち広き帽に顔隠れて見えざりしが、今を出でて湖水の方に向ひ、しばし立ちとどまりて、片手に帽をぬぎ持ちて、打ち仰ぎたるを見れば、長き黒髪を、うしろざまにかきて広きぬかあらはし、おもての色灰のごとくあおきに、くぼみたる目の光は人を射たり。舟にては巨勢が外套を背に着て、うずくまりゐたるマリイ、これも岸なる人を見ゐたりしが、この時にわかに驚きたる如く、「彼は王なり」と叫びて立ちあがりぬ。背なりし外套は落ちたり。帽はさきに脱ぎたるまま、酒店に置きて出でぬれば、乱れたるこがね色の髪は、白き夏衣なつごろもの肩にたをたをとかかりたり。岸に立ちたるは、実に侍医グッデンを引つれて、散歩に出でたる国王なりき。あやしき幻の形を見る如く、王は恍惚こうこつとして少女の姿を見てありしが、たちまち一声「マリイ」と叫び、持ちたる傘投棄てて、岸の浅瀬をわたり来ぬ。少女は「あ」と叫びつつ、そのまま気をうしなひて、巨勢がたすくる手のまだ及ばぬたおれしが、傾く舟の一揺りゆらるると共に、うつぶせになりて水にちぬ。湖水はこの処にて、次第々々に深くなりて、勾配こうばいゆるやかなりければ、舟のとどまりしあたりも、水は五尺に足らざるべし。されど岸辺の砂は、やうやう粘土まじりの泥となりたるに、王の足は深くおちいりて、あがき自由ならず。そのひましたがひたりし翁は、これも傘投捨てて追ひすがり、老いても力や衰へざりけむ、水をけり二足ふたあし三足みあし、王の領首えりくびむづと握りて引戻さむとす。こなたは引かれじとするほどに、外套は上衣と共に翁が手に残りぬ。翁はこれをかいやり棄てて、なほも王を引寄せむとするに、王はふりかへりて組付き、かれこれたがひに声だに立てず、暫し揉合もみあひたり。

 これただ一瞬間の事なりき。巨勢は少女がつる時、わずかを握みしが、少女が蘆間隠れのくいに強く胸を打たれて、沈まむとするを、やうやうに引揚ひきあげ、みぎわの二人が争ふを跡に見て、もとかたへ漕ぎ返しつ。巨勢は唯奈何いかにもして少女が命助けむと思ふのみにて、ほかに及ぶにいとまあらざりしなり。レオニの酒店の前に来しが、ここへは寄らず、これより百歩がほどなりと聞きし、漁師夫婦が苫屋とまやをさして漕ぎゆくに、日もはや暮れて、岸には「アイヘン」、「エルレン」などの枝繁りあひ広ごりて、水は入江の形をなし、蘆にまじりたる水草に、白き花の咲きたるが、ゆふやみにほの見えたり。舟には解けたる髪の泥水にまみれしに、藻屑もくずかかりてたおれふしたる少女の姿、たれかあはれと見ざらむ。をりしも漕来る舟に驚きてか、蘆間を離れて、岸のかたへ高く飛びゆくほたるあり。あはれ、こは少女がたまのぬけ出でたるにはあらずや。

 しばしありて、今まで木影こかげに隠れたる苫屋のともしび見えたり。近寄りて、「ハンスルが家はここなりや、」とおとなへば、傾きし簷端のきばの小窓きて、白髪の老女おうな、舟をさしのぞきつ。「ことしも水の神のにえ求めつるよ。主人あるじはベルヒの城へきのふよりりとられて、まだ帰らず。手当てあてして見むとおもひ玉はば、こなたへ。」と落付きたる声にていひて、窓の戸ささむとしたりしに、巨勢は声ふりたてて、「水に墜ちたるはマリイなり、そなたのマリイなり、」といふ。老女は聞きもおわらず、窓の戸を開け放ちたるままにて、桟橋さんばしほとり馳出はせいで、泣く泣く巨勢をたすけて、少女を抱きいれぬ。

 入りて見れば、半ば板敷にしたるひと間のみ。今火をともしたりと見ゆる小「ランプ」かまどの上にかすかなり。四方よもの壁にゑがきたる粗末なる耶蘇ヤソ一代記の彩色画は、すすに包まれておぼろげなり。藁火焚わらびたきなどして介抱しぬれど、少女はよみがえらず。巨勢は老女とかばねかたわらに夜をとほして、消えてあとなきうたかたのうたてき世をかこちあかしつ。

 時は耶蘇暦千八百八十六年六月十三日のゆうべの七時、バワリア王ルウドヰヒ第二世は、湖水におぼれてかぶといただける、警察吏の馬にり、または徒立かちだちにてせちがひたるなど、雑沓ざっとういはんかたなし。久しく民におもてを見せたまはざりし国王なれど、さすがにいたましがりて、うれいを含みたる顔も街に見ゆ。美術学校にもこの騒ぎにまぎれて、あらたいりし巨勢がゆくへ知れぬを、心に掛くるものなかりしが、エキステル一人は友の上を気づかひゐたり。

 六月十五日のあした、王のひつぎのベルヒ城より、真夜中に府にうつされしを迎へて帰りし、美術学校の生徒が「カッフェエ・ミネルワ」に引上げし時、エキステルはもしやと思ひて、巨勢が「アトリエ」に入りて見しに、彼はこの三日がほどに相貌そうぼう変りて、るくせたる如く、「ロオレライ」の図の下にひざまずきてぞゐたりける。

 国王の横死おうしうわさおおはれて、レオニに近き漁師ハンスルが娘一人、おなじ時に溺れぬといふこと、問ふ人もなくてみぬ。

著作者は1922年に亡くなっているので、この著作物は、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後80年以下(団体著作物にあっては公表後又は創作後)である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は1923年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。