Wikisource:古ハングル

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア古ハングルのページがあります。

古ハングルは、現代ハングルで書かれない文字を言います。ウィキソース・プロジェクトは、原文そのままを掲載することが目的であるので、古ハングルを使用しなければならない場合が非常に多いです。

古ハングルを表現する体系がいくつかありますが、ウィキソースでは、ユニコードの基本多言語面のハングル字母領域を用いています。

어져 내 일이야 그릴 줄을 모로ᄃᆞ냐
이시라 ᄒᆞ더면 가랴마ᄂᆞᆫ 제 구ᄐᆞ여
보ᄂᆡ고 그리ᄂᆞᆫ 情은 나도 몰라 ᄒᆞ노라

古ハングルを見る場合[編集]

ウィキソースで古ハングルを見るには、ハングル字母領域をサポートするフォントが必要です。GoogleのNoto Sans CJK/Noto Serif CJKやAdobeの源ノ角ゴシック源ノ明朝が入手も容易で便利です。そのほか、NAVERのオープンソース・フォント、ナヌム古ハングルフォントもあります。

  • Microsoft Windows: 上のファイルをダウンロードし、解凍後、C:\WINDOWS\Fonts又はC:\WINNT\Fontsにドラッグして下さい。
  • GNU/Linux
    • Debian系列: sudo apt-get install ttf-unfonts

古ハングルを書く場合[編集]

チョッカックッ符号系で古ハングルを入力する方法は、いくつか種類があります。

古ハングルが入っている部分の前後に{{古ハングル始まり}}と{{古ハングル終わり}}を入れて、古ハングルフォントが適用されるようにします。なおかつ、古ハングルが入っている文書の一番上に{{古ハングル文献}}を入れて、この文書にリンクしてくれるのがいいです。