Page:Makuranososhi-hojoki-tsureduregusa.djvu/13

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは検証済みです
1
枕草紙

枕 草 紙

春はあけぼの、やう白くなりゆくやまぎはすこしあかりて、むらさきだちたる雲の細くたなびきたる。夏はよる、月の頃はさらなり、やみもなほ螢飛びちがひたる、雨などの降るさへをかし[1]。秋はゆふぐれゆふひはなやかにさして、山のいと近くなりたるに、鳥のねどころへ行くとて、三つ四つ二つなンど飛びゆくさへあはれなり[2]。まいてかりなどのつらねたるが、いとちひさく見ゆる、いとをかし。日入りはてて,風の音、蟲のねなンど、いとあはれなり。冬は雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜ンなどのいと白く、またさらでもいと寒き、火なンど急ぎおこして、炭もてわたるも、いとつき[3]。晝になりて、ぬるくゆるびもてゆけば、すびつひをけの火も、白き灰がちになりぬるはわろし。

ころは、正月、三月、四五月、七月、八九月、十月、十二月、すべてをりにつけつゝ、

  1. 趣あり
  2. 情趣深し
  3. 炭を持ち歩くなども季節がら似合はしき趣あり