Page:Kokkaron1905.djvu/62

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは検証済みです


第三章 法律論

一 國家機關の會員

國家の組織せらるゝは權力の之れが基礎たるに由るなり。即ち始めより主權者に意志結合するものあり。又は意志結合の大團體の成立を見て之を慴れて結合する者あり。故に國家の骨髓は權力にあり。而して主權者の意志に依りて司配せらる。

人は言ふ國家の意志と。恰も國家を以て一の活動せる者、一の意志ある者となすが如し。其意味如何。今之れを硏究せんとす。

̣