Page:Iki-no-Kozo.djvu/91

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです

たその崩し方が輕妙である點に「垢拔」が表現される。『結ひそそくれしおくれ髮』や『ゆふべほつるる鬢の毛』がもつ「いき」も同じ理由から來てゐる。然るにメリサンドが長い髮を窓外のペレアスに投げかける所󠄃作には「いき」なところは少しもない。また一般にブロンドの髮のけばけばしい黃金色よりは、黑髮のみどりの方が「いき」の表現に適󠄃合性をもつてゐる。

 なほ「いき」なものとしては拔き衣紋が江戶時代から屋敷方以外で一般に流行した。襟足を見せるところに媚態がある。喜田川守貞の「近󠄃世風俗志」に「首筋に白粉󠄃ぬること一本足と號つて、際立たす」といひ、また特に遊󠄃女、町藝者󠄃の白粉󠄃に就て『頸は極て濃粧す』と云つてゐる。さうして首筋の濃粧は主として拔き