Page:Gunshoruiju18.djvu/11

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


群書類從卷第三百二十

撿 挍 保 己 一 集

日記部一

和泉式部日記

夢よりもはかなき世中を歎きつゝ。明し暮す程に。はかなくて長保五十日あまりにもなりぬれは。このしたくらかりもていく。はしのかたを眺むれは。ついひちのうへの草のあをやかなるも。ことに人はめとゝめぬを。あはれに眺むる程に。ちかきすいかいのもとに。人のけはひのすれは。誰にかと思ふほとに。さし出たるをみれは。爲尊にさふらひしことねりわらはなりけり。あはれに物を思ふほとにきたれは。なとかいと久しう見えさりつる。とをさかる昔のなこりにはと思ふをなといはすれは。そのことさふらはては。なれしきやうにやとつゝましうさふらふうちに。日比山寺にまかりありき侍るになむ。いとたよりなくつれに候へしかは。御かはりに見まいらせむとて。帥の敦道になむ參りて侍しと語れは。いとよき事にこそあなれ。其宮はいとあてにけちかうおはしますなるは。昔のやうにはえしもあらしなといへは。しかおはしませと。いとけちかうおはしましてまいるやとゝはせ給ふ。參りはへりと申侍つれは。これまいらせよ。いかゝ見給ふとて橘をとりいてたれは。昔の人のといはれて見[にイ]まいりなむ。いかゝきこえ