Page:EkiToJinsei.djvu/9

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは検証済みです

易と人生

文學博士 遠藤隆吉 著

一 易と人生

イ 六十四の順序

 此の周易六十四卦の話は、全体餘りスペシヤルであつて、興味が無いだらうと思ふけれども、易の専門の方面から見ると興味のあることゝ自分は信じて居る。斯う云ふ意見は腦髓を破壞するやうな恐れがあつて隨分精神を刺激することゝ思ふ。

 全体六十四卦の順序と云ふのは、周易に於て一定して居るが、此の順序が必ずしも學理的でないと云ふことは六十四卦をー目見れば能く分る。十翼中の最後に序卦傅と云ふのがあつて、六十四卦は斯う云ふ