Page:Abraham Lincoln by CHOATE(JP).djvu/68

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


雄辯に至りて、其の頂點に達せし也。

 民の聲は神の聲――リンコンが大統領に當選せりてふ一事は、直に奴隸制度擴張の屛止を證したりき。由來憤激せる人民の心の底に本づく革命なるものは、徹頭徹尾其の目的を達せざれば已むものにあらず。若し南部の諸州にして、リンコンの當選に對して何等の反抗を試みず、聯邦同盟より去ることなく、依然として中央政府の管下に屬して、等しく憲法の支配を受けたりとせん乎、不道德は不道德に相違なく、不利益は不利益に相違なしと雖も、奴隸の制度は尙ほ百年の命脈を有したるやも亦未だ知るベからず。リンコンを當選せし共和黨なるものは、言ふまでもなく奴隸制度の擴