Page:Abraham Lincoln by CHOATE(JP).djvu/14

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは検証済みです


して、特に宣揚して故ら玆に諸君の注意を請ふの要なきを見る。

 短き彼が施政の日に於て、天下何人も彼の如く罵詈せられ、嘲笑せられ、侮辱せられたる者曾てこれなかりき。而も難關一たび排し來り、志漸く成らんとして、不幸刺客の毒手に斃るゝや、天下万國の人は競うて彼が品性の偉なるに感歎せり。彼逝いてより三十五年、歷史に於ける彼の地位全く定まりて、今や何人も彼が全世界の恩人たるを疑はざるに至れり。

 彼の生時に在りて盛に彼を咒咀したる倫敦「ポンチ」は、彼の死に會うて大に前非を悔い、下の如き頌辭を載せたるあ