1973年セ・リーグの最終決戦

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディアV9 (読売ジャイアンツ)のページがあります。

ここでは、次の日本プロ野球の試合にかかるスコア等のデータを記載する。

  • 種目、競技組織等
野球(セントラル・リーグ公式戦)
  • 試合開催日時、試合時間
1973年10月22日
2時間1分
  • 開催場所
阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)
  • 対戦チーム
阪神タイガース 対 読売ジャイアンツ
(第26回戦)
    • 対戦チームのここまでの成績、公式戦残り試合数
阪神64勝58敗7分(1位)残り試合1、巨人65勝60敗4分(2位)残り試合1
この試合に勝った方(引分ならば阪神)がリーグ優勝、日本シリーズ進出

結果・スコア[編集]

(主に日刊スポーツ1973年10月23日付による)

観客 48,000人(注-公式発表)
巨人 2 2 1 1 2 0 1 0 0 9
阪神 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
(対戦成績)巨人14勝12敗
巨人
打数 安打 打点 1 2 3 4 5 6 7 8 9
1[左] 萩原康弘 0 0 0 四球
:代右 末次利光 4 1 0 左安[1] 一邪飛 一邪飛 遊ゴ
2[遊] 黒江透修 5 2 1 左安 遊ゴ [本1 1] 遊ゴ 右飛
3[中] 柴田勲 5 1 0 投安 中飛 三邪 中飛 中飛
4[一] 王貞治 4 1 1 右犠[1] 一ゴ 右飛 [2塁打2 1] 中飛
5[右]左 柳田俊郎 5 2 1 二ゴ 左安 中飛 右安[1] 三飛
6[捕] 森昌彦 4 3 1 右安[1] 右飛 右安 中安
7[三] 上田武司 4 0 0 中飛 二ゴ 三ゴ 遊飛
8[二] 土井正三 4 3 3 中安 [2塁打1 1][1] [本2 1] 二併
9[投] 高橋一三 4 1 1 [3塁打 1][1] 左飛 三振 三振
:計 39 14 9
残塁5 併殺1
阪神
打数 安打 打点 1 2 3 4 5 6 7 8 9
1[遊] 藤田平 4 2 0 遊飛 三飛 二安 右安
2[二] 野田征稔 3 1 0 四球 二安 三ゴ 三ゴ
3[一] 遠井吾郎 4 0 0 中飛 一併 左飛 二ゴ
4[捕] 田淵幸一 3 0 0 一ゴ 中飛 四球 遊ゴ
5[右] ウィリー・カークランド 4 1 0 三振 中安 遊飛 三振
6[中] 池田純一 3 0 0 三振 二ゴ 中飛
7[三] 後藤和昭 3 0 0 中飛 遊ゴ 投ゴ
8[左] 望月充 1 0 0 三振
:左 川藤幸三 2 0 0 一邪 三振
9[投] 上田二朗 0 0 0
:投 権藤正利 0 0 0
:投 古沢憲司 1 0 0 三振
:投 若生智男 0 0 0
:打 和田徹 1 0 0 遊ゴ
:投 谷村智博 0 0 0
:打 中村勝広 1 0 0 三振
:投 鈴木皖武 0 0 0
:計 30 4 0
残塁5 併殺1
    • 投手
巨人
回数 打者 球数 被安打 奪三振 与四球 与死球 失点 自責点
高橋 9 32 125 4 7 2 0 0 0
勝利投手: 高橋(23勝13敗)
阪神
回数 打者 球数 被安打 奪三振 与四球 与死球 失点 自責点
上田 1 9 33 5 0 1 0 4 4
権藤 0/3 1 2 1 0 0 0 0 0
古沢 4 17 58 5 1 0 0 4 4
若生 1 3 8 0 0 0 0 0 0
谷村 2 8 19 3 1 0 0 1 1
鈴木 1 3 9 0 0 0 0 0 0
敗戦投手: 上田(22勝14敗)
本塁打
  1. 黒江8号:4回ソロ
    1. 土井5号:5回2ラン
    三塁打
    1. 高橋:2回
    2. 二塁打
      1. 土井:3回
        1. 王:7回
        暴投
        古沢
        1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 打点1(本塁打以外)
            • 審判: 球審 = 谷村 塁審 = 井上、山本、筒井 線審 = 大谷、松下

          対戦チームの1973年公式戦通算成績[編集]

          (注)上記試合の結果による確定

          • 巨人 66勝60敗4分 勝率.524 優勝(9年連続)
          チーム打率 .253
          • 阪神 64勝59敗7分 勝率.520 ゲーム差0.5
          チーム打率 .234

          その他は、w:1973年の野球#日本プロ野球等のとおり。